磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年02月18日掲載文

フィールドモニター樫原勝由氏のレポート

徳島 牟岐大島寒グレ釣行レポート

この季節は男女群島モードになっていますが、

脳内スイッチを切り替え、阿波釣方基本の大島に

メンバーの井村氏ら3人で釣行しました。

 

2月9日、午前4時半に私の職場春団治で待ち合わせ井村氏の車でお世話になります、私の場合帰って

そのまま仕事なので、友人たちは何時も気を使って

下さります。

 

今、好調で水温18度後半、船10隻で大切な

磯くじ3番で上等です。

 

私は、船くじ5番で沖ソエ船着きです、この磯は

底物で有名です、足場も良く穴場になっていますので、風も避けられ気分良く開始すぐイサキの35位が釣れ、次は同じ位の尾長を釣り、隣のタニで竿を出している井村氏ら二人に報告しました。

 

竿1号、ライン1、7号、ハリス1、5号

針ササメ閃烈グレヘビー3号

 

大島本島向き地ソエ間の潮目にポイントを絞り

コンスタントに口太と尾長の27センチ~35センチ位

を11匹とイサキ2匹と満足な釣果になりました。

 

手前から仕掛けを入れていくと、おキツが喰いついてきますので、潮目手前から入れて、馴染ませて

いましたところ、前アタリがあり、上品な引きから始まり強烈な引きに変わり、胴に乗った竿のまま

ごり巻きしますが、リールギアに悲鳴があがりそうで膝で慎重に巻き取り中、痛恨の針外れ!

 

この磯は、かなり水深があるのに、もう少し柔らかく対応すればと後悔しました。

 

隣のタニでは、二人共によく竿を曲げています。

相方の大石氏は、底物もこなし2014年12月

27日、高知柏島アンパン夜釣りで、1メートル

11センチのクエを釣り上げた御仁です。

 

回収後、二人共に沢山のグレを釣っていました。

 

良く太った尾長が4匹で特に脂が乗ってお客様も

大喜びして頂き、愛娘も喜んでくれました。

 

この18日から、今年2度目の男女群島釣行が

ありますので、元の脳内ポジションに戻し

道具の整理をします。

 

では、皆様楽しく寒グレを釣りましょう。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年02月18日掲載文

フィールドモニター樫原勝由氏のレポート

2016年度 第一回男女群島釣行記

徳島の樫原です、こんにちは。

 

1月30日出しの、備前鳥島便が悪天候で半日ずらし

31日午前5時出し4万5千円コースです

谷町九丁目だと、かなり良いコースです。

 

2月19日から八釣会での、釣行がありますので

何時もの如く気持ちが楽です。

 

朝から竿を出せるので、昼釣りモードからです。

今回は、4人での予定でしたが、3人での釣行となりました。

メンバーの池田君が、男女デビューです。

男女群島の楽しみ方は、一ヶ月程前から始まり

道具のチェックなどをしているだけで、

脈拍数が、確実に少し上がっています。

 

で、昨年一緒に釣行したT氏と3人での、スタート

です、ハイエースの後ろで、ごろ寝が出来るので

次の運転の為、仮眠を取ろうと、うたた寝してた頃

前が騒がしく、耳に詰めていたテッシュを抜きとりますと、燃料Eベタです、山口後半、夜中で小さい宇佐美は、閉まっています。

 

九州に入る前に、高速を降りて、三件目でエネオスが明いていて、ギリギリセーフでした。

 

池やんと、T氏は初対面で、釣り話、又道具の自慢話に、ついついT氏の太短い右足にも、力が入り

燃料計を見落としていたのです。

 

今回は、7百キロの道のりを、余裕をもって8時間とっていたので、午前3時すぎに、無事

あじか磯釣りセンターに着きました。

 

雨の中、4時から荷物の積み込み、今回は少なく

17名でブラックヘラクレス前田船長での釣行です

身体に響き渡る、どすこいエキゾーストノートと

平戸の風裏で心地好い振動、やがては爆睡に。

 

コマツV12爆音エンジンが、スローになり

 男島、真浦立神3番の前で、池やんとツーショット、やはり西磯は無理でした。

中之島  吉田の4番に3人で上がりましたが、         夜釣りは、少し窮屈なので、T氏は、一人は

 恐ろしいと言いますので、それでは私が残りましょうになりました。                                                                                  この磯では、朝から夕方まで口太が、ボチボチ釣れました。

 

昼、竿マスターモデルMH、ライン2、5号

ハリス2、5~4号、針、ササメサイト尾長ヘビー6号~8号

夜、竿インターライン3号、ライン6号

ハリス6号から、たまにメタル3号30センチ

針、ササメナイトライダー10号~11号

 

私一人になり夕マズメは、尾長のゴールデンタイム

になり、しりもちを着くアタリがありましたが、バラシました、直結下の鉛の所でぷっつりです

ゴムコーティングに変えました。

その後、アタリは単発になり晩酌タイムは簡単なものにしました、明日の夜は、池やんたちに、豚バラキムチ風鍋をご馳走するからです。

 

ここの磯はホタテの水道になり、一人で巨尾長の

タモ入れ中、転落したら確実に、あの世行きです。

 

娘の顔が浮かび、危険を避ける為、焼酎の湯割りの濃いやつを飲み

ふらふらで、寝袋に入り意識不明になっていたところ、右胸を二回叩かれました。

 

私一人のはずなのに?気がつけば雨が降ってます

ある意味、お化けが助けてくれた様なものです

そのまま寝ていれば、低体温症になったかも。

 

午前2時、風もひどくなりカッパは荷物積み込み後

船内に残しましたので、安物のコウモリ傘を出しますが、突風で壊れ使い物になりません、午前5時の

見回りまで過酷な時間を過ごしました

おまけに銀マットも飛んでしまい、明日の夜は安眠不確定となりました。

男女群島では、このくらいの事、へでもありません

 

朝マズメに、照準を合わせていて、体調万全でないので夜釣りは、ひかえました。

 

夕方のじゃんけんで、私に優先権があり3人全体の

釣り体制を考えると、両潮釣りにくいので、一晩だけ    分かれる判断をしました。

ええかっこう言いますが、この磯はナナマルが出る  確率があります、私もスケベ心がありました。

 

初めて池やんとの、男女夜釣りは明日にしました

夕方磯変わりの時、T氏に段取り教えて貰いよと

声をかけますが、返事が暗かった様です。

 

しかし、クロキ島シケシラズのハナレで雨の中、池やんに夜グロ入れ食いタイムがあり、結果的に良かった様です。

 

1日の昼、合流後、ご機嫌な池やんを見て安心しました、又私がロクマル不発で余計に笑顔でした。

 

そして女島、地の平瀬に3人上がり広く釣り座を構え夕マズメにかけ、池やんと私は沖の平瀬よりの

ポイントを探しコンスタントに釣りました。

夜中はアタリなくデナータイム後、たまに竿を出しますが、なかなかアタリません、

 

そんな夜中フェラーリホーンが聞こえて来ます、

ここは男女なのにと、磯上の方に上がって行くと

ミスターT氏が寝袋で爆睡中、途中暴れ馬の悲鳴の如くヘェラーリホーンとのコンビネーション

0、1トン以上軽くあるのでと、

ミスターT氏何時も、いらわせて頂き有り難う、

池やんと感心しつつ、朝マズメを迎えました。

 

朝マズメは尾長ボチボチに、大サバが回っていて

サメもついてしまい終了となりました。

T氏も尾長56センチが釣れて良かったです

帰りの道中、気が楽になりました。

 

写真左前の、沖の赤瀬は白波が上がっていました。

 

釣果は、池やんと口太尾長30センチ位の一夜干し級から50センチ オーバーまでと、53センチ位の

 大サバを7匹で共に大型クーラー満杯でした。

 

毎回ですが、夜中徳島に帰り朝迄に、魚の下処理

道具の洗濯を終わらせ、2時間睡眠を取り

宴会の仕込みをします。

これが、男の遊びと仕事と確信しています。

 

お陰様で、居酒屋春団治お得意様グレしゃぶコース

4日間満席で、次回の予約もして頂きました。

 

この度も、前田船長、安全な釣行お世話になりました。

あじかの奥さんお土産有り難う御座いました。

 

長々とお付き合い、有り難う御座いました。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年02月18日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

南伊豆入間での2月度月例会

今回は2月度の月例会報告です。2月7日(日)に、1月と同じく、南伊豆の入間で行われました。

この日も西風が止んで『ナライ』(北東風)が吹き、伊豆半島の西側の釣り場は波が静まって、待ちかねていた釣り人たちが大勢来ています。来る途中のエサ屋さんでも、どこもたくさんのエサが店先に並んで解凍されていました。

前月の例会では2番くじを引いて『加賀根』に乗りましたが、今回は9番。今日はどこに乗れるのでしょうか。自分としては『オイセ』や『シブト』など地方の磯に関心が向きます。大型のメジナを狙うには、寒の時期の地方の磯が魅力的です。

 

日吉丸は最初に『タタミ根』に7人を降ろしました。次に向かうのは『追手』でしょうか?『追手』も、特に海が小荒れしているような状況で、大型を狙える魅力的な磯です。

ところが、次にチャカ付けをしたのは『タタミ根』の隣の『加賀根』。前回と同じ磯です。ここで私を含めた5人が降りました。

 

前回は船付け付近(沖向き)の釣り座を取りましたが、今回は少し奥の方に移動して、北側にある『タタミ根』向かいにチャランボを打ち込みました。

タックルは、6.3mの磯竿に道糸とハリスは2.25号。ウキはF-Logic製のフォース(Mサイズの「0」号)を通しました。

針はヒネリグレの6号で様子見です。

 

足元は竿1本半ほどの水深ですが、それより沖では竿2本半以上の水深を探っても全く根掛かりせず、もっと深くなっています。そのどこかに点々と深根があるようなのですが、肉眼では確認できません。過去にどのあたりで釣れたと言う経験から、恐らくその付近には根があるのだろうと思っているだけのことです。

沖の潮はゆっくりと上っているようですが、この場所では右から左に向かってごくゆっくりと引かれていきます。本来は右前方ら吹いているはずの風は回っていて、左(沖)側から来たり、時折右後方から吹いてきたりしています。また沖からのウネリで足元にはサラシが出来ており、仕掛けを右の方に持って行ってしまいます。

 

一投目はエサが残ってきました。ガン玉を追加し、道糸を少し持ち上げて足元のサラシをよけ、沖目の根の方で仕掛けが馴染んでくれると、本日最初のアタリがありました。36~7cmの口太です。

これでホッとしたのですが、その後はピタリと反応がなくなりました。

足元付近ではエサを盗られるものの何がいるのか正体はつかめず、針を小さくしたりして探っていると、やがてカワハギとキタマクラがいることがわかりました。

 

午後になって沖の上り潮がハッキリしてきたようです。潮下にカモメが集まってきました。沖向きの釣り座で並んでいる仲間のコマが流れて行っているのでしょう。少し左に移動して、沖の潮目に向けて遠投し、風を利用しながら潮に乗せて流すと釣れました。40cmには届きませんが、ぽってり太って美味そうな口太です。苦労してつかんだパターンでしたが、すぐその後に潮がボケてしまい、同じように流すことはできなくなりました。

 

その後もいろいろと手を尽くしますが、大した釣果につながらず、納竿時間を迎えてしまいました。

厳寒期のこの時期に、こういった場所をじっくり攻めるのが大型への近道なのですが、今日はダメでした(><)

 

 

釣行データ 2月7日(日)

場 所:入間(加賀根)

天 候:晴れ

渡 船:日吉丸

潮回り:大潮(干潮:午前11時頃)

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年02月09日掲載文

フィールドアドバイザー椿下利春氏のレポート

北陸寒チヌ 磯前打ちで良型連発!

磯前打ち釣りもそろそろ終盤になって来ましたが、今年は、磯に付着する岩のりの付きが遅く例年ならこの時期は、ほとんど荒波によって剝されているが今年は、おいしそうなのりが磯に付着しています。波2.5mできびしいフィールドとは、分かっていたが、輪島市門前町鹿磯の磯から攻めた。
午前7時に到着。予想通りかちあれ状態。鹿磯激熱ワンドは、波が覆いかぶさる状況で危険のため、以前から気になっていた、北側にある猿山岬の磯からスタート。新規開拓場所だ。
磯場に到着すると、いいサラシが出ているワンドが目の前にあった。水深もありそうで早速餌のカニを落とすが、しばらくすると膝上まで来る波がきて転倒しそうになった。危険を感じ高台のある左側にあるワンドへ移動することにした。
時より来る波でサラシが出るが、さっきのワンドよりいまいち白く濁らない。ここしか打てる場所がなくしかたなく落としてみるが無反応。水深は、5m程度で居る気配はあるがフグもいない状態であった。
しばらくすると大きな波が来て海面が真っ白になった。その直後に落として底で待つと、竿先が海面へお辞儀した。すかさず合わせを入れやりとり開始。底からチヌが切れない重量感ある引き。両手で竿を起し浮かせ予想通りの良型49cmの腹パンチヌであった。
新規の場所で釣り上げたことに満足し、1匹目と同じタイミングで落とすと、また竿先が海面へ曲がり始めた。今度は、機敏な走りをする44cmを追加した。もう一匹と思ったがフグの猛攻がはげしくなって来た。このパターンはチヌの気配がなくなったためで見切りを付け場所移動することにした。
先週も釣行し釣果のあった志賀町の福浦の磯へ到着。潮通し良い沖の島へ渡り、サラシが出ているワンドを攻める。ここもしばらく沈黙状態だったが釣座を潮と垂直方向に替え沖から手前へ、カニを流しながら落としすとモゾモゾするあたり、合わせを入れるが痛恨の素針を引く。餌のカニがグチャグチャになっていた。
ふたたび、同じ場所へ落とすと今度ももぞもぞ感。少し送り込んで、合わせを入れるとフッキング成功。これも重量感あり。浮いてきたのは、体高のある48cmのチヌであった。
 しばらく粘るが、沈黙。気転を変え、潮が抜けるシモリの裏側に落とすと中層でひったくるあたり。餌が落ちて来るのをシモリの裏側で待っていたようだ。これも良型の46cmのチヌであった。フッキング100点。フッキングによる邪魔物のガン玉が飛んでおりフッキング箇所も最高。ヤイバの針は、最高です。
午後1:00、餌のカニもなくなったためここで終了。今年の磯前打ちは、暖冬の影響で前半は激シブであったが1月中旬から良くなって来たと思います。(波の状態によりますが)2月末まで磯でチヌを追いかけますが3月からは、加賀海岸離岸堤でノッコミチヌを狙います。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年02月09日掲載文

フィールドモニター横路幸浩氏のレポート

寒チヌ釣行

 2月7日、こだま渡船さんで、芸予諸島尾道沖に

あります、すくね島の西磯に友人と行ってきました

雪融け水が入り、寒波も入っているので、寒チヌで良く釣れる芸予でも厳しい展開が予想されました

 

仏滅の今日(笑)NEWフィシュバッカン類の道具おろしになるので

なんとかチヌを釣りたく、いつもより気合いが入ってます

フィシュバッカン使用した感想ですが、高さがある上、体積もあるので、収納力が高いかと思います

バッカン入れた後に、シャクタテ、マゼラー、水汲みバケツが

収納出来ました。

エアーポンプは3台セット出来ますが、私の場合2台しか使用しませんので、空いたスペースに電池、ストーンを入れました

竿タテは、前後2箇所取り付け位置がありますので、便利な上に、もう一つは、ウキパラソルをセットする事が出来ます

後は、個人的に、デザインが気にいってます(笑)

 

釣り場に到着しました、風の影響はない感じです

水深観察ですが、シモリの場所、藻の生えている距離、磯の地形から

船付の中央が深く、両サイドは浅い感じです

潮ですが、かなり早い潮が、右から左へ流れており、やっかいな感じです!

寒の時期に早い潮流からチヌを出した事が少ないので、今日はヤバイと思いました

とりあえず、私が海に向かって右、友人が左へ入りました

釣り開始から1時間経過しますが、両者ともサシエは残り、当たりも出ない状況でしたが、満3分頃から潮が緩くなり、半誘導のB仕掛けで

底迄サシエが入って行く様になりました

ネリエサだと残り、オキアミだと時折フグに取られますが

底近辺迄仕掛けを入れないと、当たりが出にくい感じでした

釣果があったのは、沖へゆっくり潮が変化した瞬間でした、棒ウキが

スパーンとなくなり、あわせ入れると、芸予の平均35センチでした

しかし、その潮も続かず、今後は、左から右へ流れて行ったので、寒の定番藻際釣方で、藻のかけ上がりにコマセと仕掛けを合わせて流していると一枚追加が出来ました

満5分から潮が動かなくなり、サシエも残る様になったので

半誘導からスルスルで底を狙いますが、当たりはなく

逆に友人が釣果を出していました

私は、底はわしに切り替えましたが、友人は、半誘導で棚を取って、

藻の生えている少し沖目のかけ上がりで、棚は水深の2/3近辺で調整しながらの釣果でした

潮が緩くなり今迄狙いにくかった所に狙いを定めての釣果は流石でした!

結果論ですが、今日魚が釣れる条件は、一に潮、二に棚だったと思います

魚に取って活性が上がる潮があり、そのタイミングで棚があっていれば釣果がでやすい事を友人はいち早く分かっての

釣りだったと思います

しっかり状況判断する事の大切さをあらためて分かりました、日々勉強ですね!

釣果の方は、リリース含めて2人で20枚位の釣果、楽しい釣行となりました

場所ムラはありますが、魚が釣れる可能性は

高いので、是非足を運んで頂ければと思います

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年02月03日掲載文

フィールドモニター井上賢一氏のレポート

ヤイバ磯祭り四国大会・日振島釣行~♪

こんにちは。大阪支部の井上です。

 

水温の高い日が続いていましたが、寒波来襲で寒グレシーズン本番を迎えた1月31日、ヤイバ磯祭り中国大会・日振島に参戦してきました。

せっかくの日振島遠征なので、2日釣りでプラを行おう!となりまして、前日の30日から、スタッフの清水さん、鈴木さん、古澤さんと濱崎渡船さんにお世話になりました。

 

鈴木さんは昨年の磯祭り準優勝をされ、シード権が有るのですが大会を盛り上げようと参戦、清水さんは昨年のシマノジャパンカップのファイナリスト、古澤さんは昨年磯祭りのファイナリスト、

と剛腕メンバーでプラ釣果の情報交換を行い、夜の宴会も程々に本番に備えて早めに就寝しました。

 

本番の日曜日、チームヤイバ四国スタッフ皆様の円滑な運営・進行のもと、85名のエントリーのなか出船となりました。

同行の鈴木さんが62番、清水さんが63番、私が64番と清家渡船さん枠に3名が入る、何とも偶然な組み合わせに自然とモチベーションも上がるなか、「18番の丘」に渡礁しました。

 

前日のプラから、魚は深いと予測。

スルスル仕掛けで、ハリスと針の自重でじっくりと攻めていく作戦で【フカセ遠投モード】の4号をチョイスし、ハリスを8ヒロとり、ウキをスルスルでセットし、ノーガンで潜り潮を探しホバらせて攻めていきます。

やがて、35cm程がポツリポツリと釣れてきますが、5尾6kgが最低通過ウエイトと予測しているので、サイズアップを目論み、潮噛みをより強くするためにウキをマイナス負荷にアレンジし、

ハリスを太くして潜り潮を張りながら釣る作戦に変更します。

そうすると、ツンとしたアタリでツライチの40cm前後が釣れだし、サシエローテを行い、サイズアップに成功!僅かな魚信も確実に伝える【フカセ遠投モード】は最高のパートナーです!!

47cmを捕獲し更なるサイズUPを目指すものの、50cm近い魚をタモ入れ寸前で手前のオーバーハングでバラす失態もありながら、終了の13:30を迎えました。

後片付け、磯清掃を終え、迎えの船を待つ前に魚を選別しましたが、5尾で5500g弱?、もう1尾入れ替え出来てたら何とかなったかな~っと少々後悔をしながら、帰港し検量を迎えます。

 

検量は役員の芦尾さんのマイクパフォーマンスにて促され、恥ずかしながら役員さんが注目の1番最初に検量し、5595g。

やっぱり6kg無いか・・・ダメやな~っと思いながら後片付けをしていると、仲間から船内1位やで!との情報が。

しかし、4船のなかの船内1位横取りからの上位3名がファイナル進出とのルールに見事に撃沈、最終順位は何と4位(涙)

上位5位までの表彰式が始まり、嬉しさ半分の複雑な表彰式、後の認定書授与を傍観者のように見ていると、2位の方から認定書を授与されています。

隣にいた3位入賞の釣り友の山本君とアレ??っと思っていると、優勝された方はペアの部でのエントリーでファイナル選出対象外であることが判明!

4位である私が繰り上げでファイナル切符を頂けることとなりました!!

 

ツイている時はこんなものですね。

この幸運を10月の尾鷲ファイナルまで持続し、同じ大阪府磯釣連合会に所属している、昨年度準優勝(シード)の鈴木さん、今回3位の山本君に追い付け追い越せと、

技術向上を目指し、恥ずかしくないファイナルを迎えたいと思います。

 

最後になりましたが、円滑に運営して頂いたチームヤイバ中国の皆様、ささめ針の土屋様、浜崎渡船・吉田渡船・清家渡船各渡船様、エントリーされた選手の皆様、

前日のプラにお付き合い頂いた武市様、お疲れ様でした&有難うございました。

 

これからもチームヤイバの運営を大切に、磯釣りの親睦を深めていきたいと考えております。

今後ともよろしくお願いいたします。

1 / 11
page top