磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月26日掲載文

フィールドアドバイザー齊藤利之氏のレポート

南房総富浦沖磯 釣行レポート

朝晩が段々と寒くなり、そろそろ良型のメジナが釣れ始める時期になり

 

今回、千葉県南房総にある富浦沖磯の石切と言う磯に行って来ました。

 

北向きの風がやや強く、釣り座正面から吹き付けていましたが

 

若干のウネリとこの北風で、サラシが出来て潮色がにごり条件は良い感じです。

 

足元から釣り始め、一投目より手の平サイズですがメジナが釣れました。

 

その後も、小メジナやアイゴ、メバルと絶え間なく釣れます。

 

若干、潮が引き始め沖に根が点在している事が確認できるようになり

 

ポイントを沖の根周りを重点に攻めると、単発ながら少しずつ型の良いメジナが釣れ

 

最終的には、43.5cmを筆頭に小型のメジナが多かったですが、とても楽しく

 

釣りが出来ました。

 

向かい風が強かったので、エサが飛ばないように針はフカセ遠投modeの1~2号を

 

主に使いしっかりとエサ付けが出来たので良い釣果に恵まれました。

 

また、新製品のウルフバッカンも側面がしっかりしていて、コマセを押し付けやすく

 

遠投が出来た事も良かったのではないかと思います。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月26日掲載文

フィールドモニター山崎義定氏のレポート

長崎県 畝刈 グレ釣り釣行

11月15日(日)に長崎県畝刈の磯に、いつもお世話になっている先輩、平野さん、丸本さんと釣行してきました。渡船は釣潮丸さんです。

 まずは仏崎に上がりさっそく準備開始です。0号のウキを使用した全層仕掛けを作り、ハリはいつも通り閃烈グレミドルの5号をセットし準備完了です。競技会など手返し重視の展開は除いて、主に私が閃烈グレミドルから始める理由は、ハリ軸の長さ・太さ・重量等、中間の設定となっている為、この後、刻々と変化していく状況にも対応しやすいからと考えています。例えば、重量はあまり変えずに短軸へしたい時は、ヤイバ口太 グレリズムへ、長軸へしたい時はプロフェッショナルグレへ、ハリの形状はそのままで沈下速度を変えたい時は、ライトやヘビーを使用したりと、あくまで一例ですが私は上記のようなイメージでハリの交換の展開を組み立てています。

 さて、当日の状況ですが、まだ水温が高いようで朝一からコッパ~25㎝クラスが元気いっぱいでサイズアップが難しい感じだった為、昼頃に丸瀬へと瀬代わりです。

 こちらでは、25cmクラスの口太が良く竿を曲げてくれますが次第にアタリが遠のきました。「ならば!」と、ハリを渋グレの4号へと変更すると、ポツポツながらまたアタリを捕らえられるようになり、期待の夕まずめへ突入。すると、いままでと違ったアタリが来ました。手元のラインをバチバチっとひったくっていくアタリで、グーンっと合わせると竿に乗った瞬間にフッと軽くなりました。仕掛けを回収してみるとチモトでスパッと切られていたので、ハリ軸の長さを少し長くする為、閃烈グレミドルにハリを戻すと、次の一投でも先程同様のアタリが来ました。上がって来たのは、サイズは足裏クラスでしたがやはりオナガグレで、その後も数匹、同サイズのオナガを追加したところでタイムアップとなりました。

 状況はいまから上向いてくると思うので、近々またリベンジに行きたいと思います。

 

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月26日掲載文

フィールドアドバイザー池角昭智氏のレポート

BMT例会 大会レポート

2015年10月31日(土)・11月1日(日)に静岡県東伊豆須崎沖磯一帯にて

20名でクラブの例会を行いました。

例会前日から南伊豆へ入って竿を出したが低気圧の影響で風、ウネリとも厳しい状況と判断し急遽、例会当日は東伊豆の須崎へ舞台を移し開催となった。

AM5:00より開会式にてルール説明、磯割抽選を行い5:30から乗船を開始した。

今回はささめ針様から釣闘競技4号・5号を頂き、選手の皆さんに使用してもらいます。

磯は外浦エリアの根島のハナレ(2名)・根島高場(2名)・赤根島(2名)・輪島(2名)・須崎エリアの右大臣(2名)・爪木島(3名)・田の浦(2名)・細間島(2名)・平島(2名)に分かれた。

朝一はコッパメジナやフグ、イサキ、ソウダの猛攻に悩まされまれ中々キーパーサイズのメジナが出ない状況です。際にチラホラ見える良型メジナを狙います。するとスーっとエサ取りが消えた瞬間強いアタリが。。。強烈な締め込みでやり取りするも痛恨のバラシ。なんとか同じパターンで喰わせるも38㎝とやや不満足ではあったがしっかりと口元を釣闘競技は捕らえてくれていました。優勝した一條選手に釣闘競技の感想を聞くと『メジナが違和感なく付け餌を加え、向う合わせでガッチリと刺さる感じだそうです。

港に戻り食事を済ませ年間最終恒例の祝賀会&宴会です。明日はゆっくり起きて朝食予定のスケジュールなので

ガンガン飲んで盛り上がりましょう!!今年も各メーカー様からの協賛も頂き、ありがとうございました。

1 / 11
page top