磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月26日掲載文

フィールドアドバイザー齊藤利之氏のレポート

南房総富浦沖磯 釣行レポート

朝晩が段々と寒くなり、そろそろ良型のメジナが釣れ始める時期になり

 

今回、千葉県南房総にある富浦沖磯の石切と言う磯に行って来ました。

 

北向きの風がやや強く、釣り座正面から吹き付けていましたが

 

若干のウネリとこの北風で、サラシが出来て潮色がにごり条件は良い感じです。

 

足元から釣り始め、一投目より手の平サイズですがメジナが釣れました。

 

その後も、小メジナやアイゴ、メバルと絶え間なく釣れます。

 

若干、潮が引き始め沖に根が点在している事が確認できるようになり

 

ポイントを沖の根周りを重点に攻めると、単発ながら少しずつ型の良いメジナが釣れ

 

最終的には、43.5cmを筆頭に小型のメジナが多かったですが、とても楽しく

 

釣りが出来ました。

 

向かい風が強かったので、エサが飛ばないように針はフカセ遠投modeの1~2号を

 

主に使いしっかりとエサ付けが出来たので良い釣果に恵まれました。

 

また、新製品のウルフバッカンも側面がしっかりしていて、コマセを押し付けやすく

 

遠投が出来た事も良かったのではないかと思います。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月26日掲載文

フィールドモニター山崎義定氏のレポート

長崎県 畝刈 グレ釣り釣行

11月15日(日)に長崎県畝刈の磯に、いつもお世話になっている先輩、平野さん、丸本さんと釣行してきました。渡船は釣潮丸さんです。

 まずは仏崎に上がりさっそく準備開始です。0号のウキを使用した全層仕掛けを作り、ハリはいつも通り閃烈グレミドルの5号をセットし準備完了です。競技会など手返し重視の展開は除いて、主に私が閃烈グレミドルから始める理由は、ハリ軸の長さ・太さ・重量等、中間の設定となっている為、この後、刻々と変化していく状況にも対応しやすいからと考えています。例えば、重量はあまり変えずに短軸へしたい時は、ヤイバ口太 グレリズムへ、長軸へしたい時はプロフェッショナルグレへ、ハリの形状はそのままで沈下速度を変えたい時は、ライトやヘビーを使用したりと、あくまで一例ですが私は上記のようなイメージでハリの交換の展開を組み立てています。

 さて、当日の状況ですが、まだ水温が高いようで朝一からコッパ~25㎝クラスが元気いっぱいでサイズアップが難しい感じだった為、昼頃に丸瀬へと瀬代わりです。

 こちらでは、25cmクラスの口太が良く竿を曲げてくれますが次第にアタリが遠のきました。「ならば!」と、ハリを渋グレの4号へと変更すると、ポツポツながらまたアタリを捕らえられるようになり、期待の夕まずめへ突入。すると、いままでと違ったアタリが来ました。手元のラインをバチバチっとひったくっていくアタリで、グーンっと合わせると竿に乗った瞬間にフッと軽くなりました。仕掛けを回収してみるとチモトでスパッと切られていたので、ハリ軸の長さを少し長くする為、閃烈グレミドルにハリを戻すと、次の一投でも先程同様のアタリが来ました。上がって来たのは、サイズは足裏クラスでしたがやはりオナガグレで、その後も数匹、同サイズのオナガを追加したところでタイムアップとなりました。

 状況はいまから上向いてくると思うので、近々またリベンジに行きたいと思います。

 

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月26日掲載文

フィールドアドバイザー池角昭智氏のレポート

BMT例会 大会レポート

2015年10月31日(土)・11月1日(日)に静岡県東伊豆須崎沖磯一帯にて

20名でクラブの例会を行いました。

例会前日から南伊豆へ入って竿を出したが低気圧の影響で風、ウネリとも厳しい状況と判断し急遽、例会当日は東伊豆の須崎へ舞台を移し開催となった。

AM5:00より開会式にてルール説明、磯割抽選を行い5:30から乗船を開始した。

今回はささめ針様から釣闘競技4号・5号を頂き、選手の皆さんに使用してもらいます。

磯は外浦エリアの根島のハナレ(2名)・根島高場(2名)・赤根島(2名)・輪島(2名)・須崎エリアの右大臣(2名)・爪木島(3名)・田の浦(2名)・細間島(2名)・平島(2名)に分かれた。

朝一はコッパメジナやフグ、イサキ、ソウダの猛攻に悩まされまれ中々キーパーサイズのメジナが出ない状況です。際にチラホラ見える良型メジナを狙います。するとスーっとエサ取りが消えた瞬間強いアタリが。。。強烈な締め込みでやり取りするも痛恨のバラシ。なんとか同じパターンで喰わせるも38㎝とやや不満足ではあったがしっかりと口元を釣闘競技は捕らえてくれていました。優勝した一條選手に釣闘競技の感想を聞くと『メジナが違和感なく付け餌を加え、向う合わせでガッチリと刺さる感じだそうです。

港に戻り食事を済ませ年間最終恒例の祝賀会&宴会です。明日はゆっくり起きて朝食予定のスケジュールなので

ガンガン飲んで盛り上がりましょう!!今年も各メーカー様からの協賛も頂き、ありがとうございました。

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月16日掲載文

フィールドモニター鈴木伸幸氏のレポート

チームスケイル、拓釣会、合同釣り大会冬の陣

皆さん今日はチームスケイルの鈴木です!

11/15拓釣会さんと我がチームスケイルとの合同釣り大会冬の陣!大引の巻き!!を行いました!

何時もながらヤイバの大会か?と思うほどチームヤイバだらけ嬉しく事です!

前日からのウネリと雨後の強風のため使える磯が少ない!水潮による低活性!皆さん厳しい釣りを強いられた様子でしたが、グレ2尾長寸で行われた今大会何時も運営をいっしょに頑張って下さって居る島津さんが2尾合計62センチで優勝!運営しつつ釣果も安定してあげられる!私も見習いたいモノです!

またルール上涙を呑まれ大物賞となりましたが、皆さんの記憶に残るグレを1尾を横谷さんが仕留めてくれました!

48センチ中紀では文句無しの大型!悪条件の中見事に仕留められました、横谷さんにとっても自己新記録との事!まさに記憶に残る記録嬉しく為ります!

2位は前田さんが2尾合計61.5センチで取られました!

他魚賞では岡本さんがイシダイの40センチを仕留められ、グレでも3位と見事な釣果を見せてくれました!

開催自体危ぶまれる状況でしたが、上野渡船さん、参加者の皆さんの協力のおかげで無事大会を終える事が出来ました!

次回は春のチヌ、オオイの巻き!です宜しくお願いします!

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月16日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

いつもの釣り仲間と須崎でチヌ釣り!

11月8日(日)

今日はいつもの釣り仲間と須崎でチヌを狙います(^^)/

・・・だけど朝イチはあいにくの曇~雨 (涙)

とりあえず午前中はここで粘って、ダメだったら場所移動とメンバーと話していました。

7時に集合して、仕掛け・撒き餌の準備。この時間が案外一番楽しみかも(^^)

今日一日の釣果に期待して、楽しく作ります。

結構水深があるところで、刺し餌に生オキアミを中心に考えているので、重めのケン付きの針、「ダブルエックス」の2号で、がんばりま~す。

ほんで・・・1時間・・・まったく当たり無し(涙)。

エサは取られるんだけど、棚を変えたり、エサを変えたりしても、ウキ入らず(涙)(涙)。

雨も上がったし、釣れんし、場所移動しよ~かと言っていると、ぶちゅ~んと音を立てるようにウキが舞い込み、道糸が走りました~(^^)

軽~く合わせて、ひっぱりあいっこ(^^)

上がってきたのは、大きいタイゴ?、小さいマダイ? 28センチの鯛でした。

ちょっと小さいけど、引きを楽しめたので、満足、満足。

 

そのあと少し粘ってみたけど、みんな、小チヌ、タイゴばっかりだったので、いさぎよく場所移動。

浦の内湾から野見湾へ。

場所を変わったとたんにカンカン照り(mm)

南向きだから熱いのなんの・・・(涙)

日焼け止めを超厚塗りでいざ釣り再開!

すると・・・一投目から、すぐにあたりが(^^)

小気味良い引きを楽しみながら、引き寄せると23センチとちょっと小ぶりではありますが、キープサイズのチヌChan(^^)

その後も、退屈しない程度に、遊んでくれました。

下の写真は本日の最長寸、28センチでした。

大きさにはちょこっと不満ですが、楽しめたので、良しとしま~す。

 

これが今日の釣果。移動してから、まあまあ釣れたかな。

 

タイは、サビキをやっていたメンバーにあげちゃいました。(サビキは今日はダメみたいでした。)

磯もいいけど、堤防もいいね~(^^)

まっ、釣れればどこでもいいけどね(笑)

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月10日掲載文

フィールドモニター岡本昌幸氏のレポート

キザクラカップ関西大会に参加

ヤイバファンの皆さん、こんにちは‼徳島支部の岡本です。

先日、キザクラカップ関西大会に、チームアシオメンバーと、参加してきました‼

キザクラカップでは、グレの部、チヌの部に分かれて競技するのですが、悪天候の為、小豆島は使えず、家島諸島での大会となりました‼

 

午前6時過ぎに、磯上がりをし、本気モードの、閃烈グレ3号からスタート‼

この、家島諸島での釣りには、閃烈グレの針は、かかせないアイテムで、魚とのファーストコンタクトが大事です。

幸先良く、規定数量の5枚をそろえれました‼

午前9時頃になり、潮も変わってきましたので、今度は、送り呑ませ3号に針を交換したところ、予想通り、かなりの確率でグレをゲットできました!

40㎝クラスのチヌもゲットでき、いつも以上に満足な釣りとなり、やっぱり、閃烈グレと、送り呑ませの針は、かかせないアイテムだと、改めて感じました‼

 

港に帰り、計量したところ、まさかまさかの、グレの部準優勝となり、初めての表彰台となりました‼

チヌの部では、杉本アドバイザーが4位、芦尾テスターが5位と、もう少しのところでした。

 

関係者各位、参加の皆さん、お疲れ様でした‼

 

ヤイバ閃烈グレ3号

ササメ送り呑ませ3号

 

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月05日掲載文

フィールドアドバイザー椿下利春氏のレポート

金沢港&七尾西湾前打ちプチ釣行

   全日本磯釣連盟の大会にエントリーし、10月18日に金沢港河口大野川に架かる新川橋の橋脚部で54.5cmのクロダイを釣り上げた。たぶん石川支部内では、優勝できそうだ。そろそろ汽水域のクロダイもきびしくなってきた状態であるが11月1日加賀海岸離岸堤~金沢港で釣行を行った。

 朝6時30分、波1.5m加賀海岸離岸堤に乗るが前日からのうねりの影響でカニが沈まない。時折、テトラに波がぶつかり顔までかかる状態。フグのあたりは、あるがエサのカニが底取りできない状態のため見切りをつけて金沢港へ移動。

 8:00に大野川に到着。するとここの主の北川さんが43cmのクロダイを1匹キープしている。朝一番に釣果が出たそうだ。北川さんは、チロリをエサにしてよく釣果を出す方で有名である。汽水域のクロダイは、虫類のエサを好んでいるのだ。ただ今日は、チロリが販売してなかったためカニを使用していた。

 朝一番の時合いを逃したくないと思い急いで準備し、8脚ある橋脚周りを入念に攻めるが、またもや、北川さんにヒット川の流れの緩やかな場所までクロダイを移動させタモイレ成功46cmのクロダイを釣り上げた。お見事です。ここで記念写真。私も続けと思い1時間ほど粘りましたが、下げ潮の激流となり釣行しずらくなった。また薄着のため寒さに負け心が折れここで終了。

 11月3日今日は、夜間の仕事だが、午前中のみ釣友の木下さんと七尾西湾プチ遠征。午前6時30分に到着。雷がなり大雨が降り出した。雨具を着用し田鶴浜にある三引川河口を攻めるが無反応。あきらめて和倉温泉近くにある水門ポイントへ移動。

 このポイントは、稲作時期、潮がため池に入らないように水門が閉まっているが、この時期は、開けっぱなしでチヌがエサを求め往来している汽水域のポイント。到着した時は、上潮の状態であった。

 上潮時は、チヌが水門付近に近寄らず釣果がでずらいため、水門付近に係留してある漁船下を攻めると見事予感的中。船と船との間隔が80cmの隙間にカニを落すと道糸が船下へゆっくり引き込まれるあたり。なんとか船下に逃げ込むチヌを引きずり出すことができ43cmのチヌを釣り上げた。

 他の場所を攻めていた木下さんとここで合流。木下さんが水門護岸ヘチを指差しそこに落としてみればと助言。言った通りその場所に落すとコツンとあたりが出た。すかさず合わせを入れて28cmのチンタ君を追加。その場所は、水門中央付近の激流をそれた場所で流れの緩やかな場所であった。

 しばらく沈黙の後、護岸から1本の単管が打ち込んであるポイントへ移動。前へ落すと水深があり居る予感。道糸から伝わって来る微妙のあたりを竿元で感じた。合わせを入れるとズドンとかなりの重量感だ。ここからクロダイのランディングスタート。しばし格闘してもなかなか浮いて来なかっため年無しと思ったが47cmのクロダイを追加した。

 その後、下潮になったため再び水門付近に移動しまもなく、あたりの連発。沖に向ってクロダイがモーダッシュし耐えきれず糸を出しやりとりするが、痛恨の針外れの4連続バラシをやっちまった。(笑)対岸でも木下さんがバラシまくり。時合い突入も、バラシの影響で沈黙状態となった。食い渋ってきたチヌにフッキングするための工夫をしなければ・・・・・後悔

 このポイントは、春から夏にかけて小型が多いが秋から冬にかけて大型が交じる。冬でもよいと聞いているが、今月末から磯前打ちのシーズンとなります。岩のりを捕食している腹パンクロダイを求め磯場でランガンします。

金沢茅渟無双会長 椿下 利春

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年11月04日掲載文

フィールドモニター古澤英二氏のレポート

秋磯シーズン真っ只中の和歌山県大引の磯

お疲れ様です、
奈良支部の古澤英二です。

秋磯シーズン真っ最中の、
和歌山県は、大引の磯釣りに行って来ました!

潮通しバツグンの大引で、
グレは勿論、真鯛や青物等、どんな魚に出会えるか、非常に楽しみです!

使用した磯は、ケムリ。

朝からいい感じで、潮が走ります。

潮に乗せ、仕掛けを入れていきますと、ラインアタリが‼

寄せてくると、大型では有りませんが、
期待通りの、真鯛でした。

餌が、効いてくるにつれ、アイゴや、ボラ、チャリコ達が、退屈しのぎに遊んでくれます。

釣友達も、順調に竿を曲げ、場は盛り上がります。

そんな中、竿をもひったくるアタリが!

大ボラかと思いきや、走り方が違います。
これは青物ですね、
慎重に、やり取りして、タモ入れ成功☆

47センチの、ハマチでしたよ✌

そして午後からは、風が強くなりました。

しかし、マイフェバリットの、ヤイバ フカセ遠投モードは、自重があり、確実に魚のタナ迄、刺し餌を運んでくれることでしょう。

本命のグレはというと、どうも喰いが浅く、
なかなか刺し餌を食い込んでくれません。

そこで、遠投モードの針を、3号から2号に落とすと、これが大正解、
ウキに、はっきりアタリが出だしました❗

そこからは、ラッシュのようにグレが、掛かります。

本日最長寸の37,5センチも、ゲット☆

納竿迄、楽しめました。

タナが安定せず、1日中、考える釣りではありましたが、
期待通り、多魚種と出逢え、秋磯の醍醐味を、満喫しましたよ\(^-^)/

1 / 11
page top