磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年03月24日掲載文

フィールドアドバイザー大木朗氏のレポート

釣行レポート

3月21日(土)、所属クラブのメンバーと共に
伊豆七島の一角である新島に行ってきました。
渡船は下田フィッシングの「七島丸」。
片道約2時間弱の航程で、当初予定していた「鵜渡根島」に近づくにつれ、
ウネリ・風ともに感じるようになってきました。
先客も多く、船を着けるにもひと苦労の状態の中、
数名を鵜渡根島のハナレ磯に渡した後、
船長と相談をし、以前にYAIBA-X TV Vol.5
関東地区フィールドスタッフ実釣会で紹介されたことのある
新島の「長根」に3名で渡礁することにしました 。
大型尾長の実績もある場所と言うことは十分承知のうえ
あえて竿は1.5号。ウルフ道糸2号&ウルフハリス2号でチャレンジです。
左からの強いサラシを考慮し、サイト尾長・ヘビーの6号からスターしました。
サラシの先端へ投入すると仕掛が馴染む前に道糸が勢いよく出ていきます。
一投目から40cm弱の尾長が、2投目で40cmを超える尾長が続きます。
サラシに揉まれ潜り込んで行く時は張って待ち、海面が落ち着き
ゆっくりとウキが入って行く場合はそのまま送り込むといったパターンで、
ほぼ一投一尾にかなりの確率で良型尾長がヒットするが、
合わせと同時にハリスを簡単に喰いちぎっていく大型のバラシも多数です。
遠目はその殆どが尾長だったので磯際に狙いを変え、渋グレヘビー 6号にはクチブトがヒットします。
こちらでも時折強烈な引き込みでのバラシが数回あるものの、あえてハリスを変更することなく
一尾一尾を丁寧に楽しみながらの釣に徹しました。
開始から14時の納竿まで絶える事なくアタリは続き、
結果、30cm後半から45cmまで31枚を。
魚影の濃さと良型の引き込みを堪能した釣行であった。

  • DSCF1164

  • DSCF1166

  • DSCF1170

  • jb003.jpg

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年03月24日掲載文

フィールドモニター楠 世志明氏のレポート

和歌山県串本町萩尾

和歌山県串本町萩尾の磯へ釣友とグレを狙いに行ってきました。浜中渡船(07356)2-1278

午前6時に港を出船。私たちは「コビラセ」に降ろしてもらいました。

今日の仕掛けは磯竿1.35号リール2500番道糸1.75号ハリス1.5号ウキ0号ハリは閃烈グレライトの6号からスタート。

マキエをまいて様子を見るがエサ取りの姿はなく対策はいらなさそう。竿2本位のところにポイントを決め仕掛けを投入、マキエを打ち仕掛けをなじませていくと勢いよくウキが沈んでいった。合わしてやりとり上がってきたのは33センチのグレ。なんと1投目から本命のグレが釣れた。

同じパターンで釣っていくと36センチまでのグレを5枚追加。今日は爆釣かと思ったがこの頃から左からの横風が強くなり仕掛けの入りが悪くなってきたので仕掛けを変更、ウキをJ3に替えガン玉で調整しハリも閃烈グレヘビーの6号へと少し重めのハリに変更した。

仕掛けを重くしたことでうまくなじむようになりしばらくするとまたアタリが出だしポツポツだがグレを拾えるようになり納竿間際に来たグレは体高があって40センチオーバーと期待したが測ってみると38センチで残念。この日は30~32センチのグレを12枚釣ることができまずまず楽しむことができた

  • コビラセ

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年03月24日掲載文

フィールドモニター古澤英二氏のレポート

釣行レポート

御世話になります。

奈良の古澤英二です。

仲良しクラブ合同例会として、和歌山は、南紀勝浦に行って来ました。

いつもの、トーナメントのようなピリピリ感はなく、

フレンドリーな感じが、◎です。

参加人数50名で、沖磯組、湾内組の半数で別れて乗船。

水温15.6℃

良いんでないでしょか。

自分達は、ライオン磯に、五人で降りました。

開始早々から、25センチ程の、勝浦サイズゲッツ(^-^)v

暫くやっていると、際のシモリから、グレが浮いてきたのが、目視出来ました。

矢引程に、見えておるのは、小型のグレ、

その下に、良型がおるのではないですか?

少し撒き餌から、離して仕掛けを投入、

あたりこそ、小さく、渋いですが、30センチあるなしのサイズが、釣れてきました。

ライオン、釣れますね。

三月なのに、この活性!

ハーフタイムで、釣り座交代、

ここは、遠投でしょ!という場所に。

磯バックから、マルキュー  グレパワー遠投を取りだし、コマセに半袋混ぜ込み、遠投性を更に強化し、

藤原ウキの、0のLに、変更。

先程の状況からしても、

グレのタナは、絶対に浅い、

活性は、悪くないと判断し、針も大きめの、ヤイバXフカセ遠投モードの3号(グレ針の7号相当)に、チェンジ。、

ハリスは、潮馴染みを考慮し、又、スルスルに対応出来るよう、ラインシステム磯ハリス1.2号を10メートルとりました。

前に見えるシモリの、その向こう側迄、ブッ飛ばします

仕掛けが、まだ馴染まないうちに、藤原ウキのLサイズが、一瞬で消えました。

イーですねぇ、1投目デスヨ(^O^)

30センチ。まずまずデスネ

イメージ通りに、釣れて気持ちいい‼

餌が入り過ぎると、たまにサシエサが残るような時もあり、そんなときは、遠投は遠投でもポイントを、あちこち変えていくことで、30センチ程のグレを、拾っていくことが出来ました。

サシエサは、マルキューさんのスーパーハードのMが、抜群に良かった。

きっと、

アミノ酸αに、漬け込んだからでしょう。

仕掛けとしては、喰うときは1ヒロのタナでも、喰ってくるし、かと思えばゼロスルで、4ヒロくらい入れてやると喰った時もあった。

そんなときは、型が良かったが。

一日を、通してタナは不安定な気がした。

今回のルールは規程寸法無しの、5匹重量です。

20匹程キープしましたが、

その中で、五枚をピックアップ。

さて、結果はいかに?

ナントナント!

自分は、湾内組で、個人優勝です!

更に最長寸でも、賞を頂きました~(^O^)

そして、我G―stageの、N会長は、

沖磯組の、最長寸、43.5センチゲッツ!

お見事

でかかったです。

見ず知らずの、他のクラブの方とも釣りを通して和気あいあいと、親睦が出来まして、サイコーサイコーでした。

御世話して頂いた、伸釣会さん有り難う御座いましたm(__)m

又、やりたいですね

仕掛け

竿

ヤイバウルフロッドタイプ1  1.25-50

リール

トーナメント磯2500

道糸

ラインシステム

ワックスサスペンド1.5号

ハリス

ラインシステム

フカセ磯ハリス 1.2号

ヤイバX

釣闘競技 6~7号

フカセ遠投モード2~3号

ウキ

藤原ウキ  S-00、M-0、M-G2、L-0

生オキアミ9キロ

マルキュー

のりグレ

遠投フカセTR

爆寄せグレ

グレパワーv9

グレパワー遠投

スーパーハードM

アミノ酸α

  • 1426896949717

  • 1426896978898

  • 1426897265574

  • 1426897439606

  • 1426897005273

1 / 11
page top