磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年12月10日掲載文

大西与志夫氏のレポート

和歌山県由良町 衣奈 中長渡船

秋チヌの数釣りも終盤を迎え、そろそろ大型チヌが恋しくなってくる初冬。毎年11月頃から良型狙いが面白くなってくる、和歌山県由良町の衣奈へと釣行してきました。
ここは中紀を代表する釣り場の一つで、その中でもポイント数や収容人数などの点においては最大規模を誇ります。
年間通して衣奈で釣れるアベレージサイズは35㌢前後の中型チヌで、30㌢以下のチヌはあまり姿を見せません。逆に40㌢オーバーの良型チヌはよく混じるので、納得がいくチヌとのやり取りを楽しむことができる所です。
 私が衣奈でお世話になっている「中長渡船」のポイントは、港寄りにマリーナ、波止前、水谷、そして沖にある黒島周辺に観音前、コイヅキがあり合計5ヵ所で、それぞれに特徴があって釣り人の好みでポイントを選択できます。
 水深は全体的に約12~17㍍で、釣座はすべてトイレが付いていて安定感のある筏ばかり。4~5人は楽に乗ることができます。
 これからの時期のポイントは、北西風の風裏となる(黒島が風を遮ってくれる)観音前とコイヅキ。当日も北西風が強かったので、私は観音前の筏へと上がりました。
 朝からダンゴ釣りでポイントを作っていくと、魚の活性は上々。柔らかいエサはほとんど取られてしまいます。コーンやサナギ、丸貝といったエサ持ちの良いサシエサをローテーションに組み込みながら様子を伺っていると幸先よく37㌢のチヌがヒット。
 時計を見るとまだ8時前。今日はいい感じになりそうかなと思いましたが、実際はそんなに甘くはありませんでした。ここからエサ取り地獄が始まり、なかなかチヌにサシエサを食わすことができない時間が続き、太陽はどんどん西へと傾いていきます。
 14時を過ぎてから、もう一度ポイントを作り直して夕方の時合に備えます。すると今までおとなしくしていたボラの活性が上昇。雰囲気が一変し、ダンゴアタリにもチヌらしい反応が出始めました。
 潮流にやや勢いがあったので、オモリを使い分けながら仕掛けの流れるスピードを変化させていく釣りをしていると、段階的に押さえ込んでいくアタリで45㌢のチヌが釣れ、そこから納竿まで良型のチヌばかりが連発。
終わってみれば37~48㌢までを合計7尾の釣果。アワセどころが難しく、面白い釣りができました。
今後も大型チヌが高確率で期待できる釣り場なので、夕方までじっくりと粘って年無しサイズと出会いたいものです。

  • 001

  • 002

  • 003

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年12月10日掲載文

瀬尾功氏のレポート

釣行レポート

秋磯シーズン終盤戦を迎え、釣り仲間から続々と活気な溢れる情報が入ってきます。支部長の山崎さんとわたしは、お互い生まれたての子供を抱え足止め状態。モンモンとした中「朝練じゃ~!」っと午前中だけの強行突破!ついでに若手会員の小原君を強制連行ヾ(^^ )3人でしまなみ街道を渡り、芸予諸島へのプチ釣行へ行ってきました。
今回は初めての釣り場なのでポイントを確認、底は砂地、至るところにシモリやがら藻、カケアガリの位置を把握します。全体を確認したところで仕掛け作りです。
今回のテーマは、針の重量でのタナの使い分け、閃烈グレ(ライト、ミドル、ヘビー)を6~8号を用意し、状況に合わせてレンジを探ることにしました。
潮はゆっくり沖に流れています。マキエを撒き、いくつかポイントを作りながら様子を伺うと、エサトリの活性もさほどよくない‥。そこでライト7号を結び、マキエの帯の中をゆっくりと落としながらサシエをアピールすることに‥すると15mほど流したシモリの向こうでウキに変化が、合わせると中型ながらも本命の引き、取り込んだのは35センチほどのチヌです。
それからも、同じところで同サイズを追加したところで、マキエでポイントを作っていたカケアガリ付近を狙う事に。今度はミドル7号に変更し、中層から底を意識し、時折張りを作りホバリングさせながらカケアガリを流して行くと、穂先をひったくる当たり!40センチクラス追加しました。
山崎さんも、小原君も、同じ狙い方で40センチクラスを連発させています。(^^ )
日が昇るに連れ、エサトリの活性も高くなり、時折の強風でラインがとられるため、針をヘビーに変えて底を這わす意識でラインの管理をします。サシエをネリエにローテーション、マキエとずらして投入、カケアガリの底付近で合うように操作、仕掛けを止めて待っているとラインがバシッ!と走ります。先程より重量感が伝わります。シモリにラインが触れないよう気を付けてやり取りをし、タモ入れすると45センチの良型でした。
山崎さんのところへ様子を伺いに行くと、こちらも45センチのチヌを頭に良形を数釣られています。
あれ?竿が0号から1.2号に変わってる‥?「さっき、ひったくるアタリがあったんよ!どうにもならんかったで~一緒にやろうや!」自分も、参戦しようと戻った時に、「きたよー!」と山崎さんの声!竿を見ると1.2号の竿が胴から曲がっています。いかにも大物を掛けていられるのがわかります。やり取りの格闘の末上がってきたのは、タモ枠を遥かに超えるマダイです!検寸すると78センチ!2月にも、しまなみ周辺で81センチを釣られている山崎さん。
話を聞くと、本流の芯が勢いを増して沖向きに流れ出し、もしかして?っと思った時だったそうです。また、使用していた針も、プロフェッショナルグレヘビーの6号と、その強さにも驚かされました。本流釣りを得意とする山崎さん、まさに狙って捕った魚、流石マダイハンターです(^-^)v
興奮覚めやらぬまま、あっという間に時間は過ぎ、昼頃納竿としました。
しまなみの魚影の濃さと、針の状況による使い分け等、様々なアプローチで、楽しむ事が出来ました。これからは、エサトリも、少なくなり、数は出なくなりますが、チヌ、グレともに、釣れますので、またチャレンジしに行きたいと思います。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

1 / 11
page top