磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年05月01日掲載文

宇留野達幸氏のレポート

神津島釣行レポート

仕事だの家庭の用事だの…で釣りに行けずに悶々とした日々が続いていました。4月6日に行われた4月度の例会に参加できず悔しい思いをしていると、4月20日に神津島での例会が組まれました。
長左丸に乗り込んだのは12人。午前3時に下田の港を出港した船は港を出ると若干ウネリにもまれる感じがありましたが、いつの間にか深い眠りにつき、気がつくと夜が明けていて、船は神津島の前浜港に到着です。
6時になると神津島の船が一斉に思い思いの磯を目指して走り出します。我々を乗せた長左丸の他に、海央丸、大明丸、そして足が速い賀寿丸が恩馳群礁を目指して走っています。
6人の仲間が長根(ナガンネ)に降り、残りの6人は本島に向かう予定でしたが、気が付くといつの間にか他船がいなくなっていて、長根には誰も着けてこない様子なので、思い切って全員が長根に降りました。
東寄りの風が強く、海は適度に荒れています。丁度満潮の時間帯が近いので、潮が高く、釣り座は限られますが、何とか全島に散らばって釣りを開始しました。先端に陣取った2人の様子を見に行くと、神津本島に向けて走っている潮の中を流していました。強い風に逆らいながら潮にのって仕掛けが流れて行きます。
私は東の強風を避けて西向きに入りました。朝のくじ引きで12人中の10番だった私には釣り座を決める優先権がありません。皆が順次竿を出し始める中、ゆっくりと朝食を食べ、それからおもむろに仕掛けを作り始めました。
風が強いので、いつもの6.3mはやめにして、5.3mの磯竿(2号)にしました。朝一番に選んだウキはF-LOGIC製フォースの0号。5号のハリスにヤイバグレの9号を結んで釣り開始です。
潮が当ててくる方向ですが、足元などを狙いながら2時間程我慢していると、少し潮が緩んで、サラシで一旦沖に出た仕掛けが緩い潮でジワリジワリと戻ってくる感じになりました。やっと釣れそうな雰囲気になってきましたが、サラシの先端あたりでポツポツと30cm前後のコッパ尾長が喰ってくる程度です。
10時過ぎ頃から東向きに入っている仲間が順調に竿を曲げだしました。強風も緩んで、海は朝より静かになっていました。
11時過ぎには私も我慢できなくなり、コマセを作り直して、東側に移動し、仲間の間に入れてもらいました。足元のサラシの中で40cm~45cm程度の尾長がほぼ一投毎にあたってきます。
足元にコマセを入れ、サラシの中に振り込んだ仕掛けが馴染んだところでウキがスッと沈んでアタリが出ます。次の一投も同じようにアタリ。その次も、その次も…、簡単な釣りになってきました。
釣り人とは贅沢なモノで、ある程度数が釣れると大きいのが欲しくなります。ところが、そういう時に限って当日最大と思われる魚だけはバラしてしまうものなのですね。
それまでより強い引きに耐えていると、仕掛けが跳ねあがり、痛恨の針ハズレ。逃がした魚は大きい。なぜコイツだけバラしてしまうのか(><)。
いくらハリが良くても、釣っている間に岩にあたったりしてハリ先は鈍ってくるものです。こまめにチェックして、何匹か釣ったらハリを交換するなど、特に入れ喰いの時ほど気をつけたいものです。
気が付くと納竿時間になっていました。クーラーは一杯で、右腕から肩にかけて心地よい疲労感があります。勿論、いつもこんなに良い釣りができるわけではなく、むしろそうではない日の方が多いのですが。
下田の港に戻ってから検量してみると、今日の私の最大魚は47.0cm、1.4Kgでした。大きいのをバラした悔しさが蘇ってきます。
来週から始まるゴールデンウイーク。三浦半島でのクロダイ釣りに、神津島で再挑戦の尾長釣り、そして伊豆半島での口太釣りと予定だけは詰まっていますが…、先ずは好天、そして好釣果を期待したいところです。
釣行データ 4月20日(日)
場 所:神津島 (恩馳長根)
天 候:曇り一時雨
渡 船:長左丸
潮回り:小潮(干潮:午後2時頃)

  • 001

  • 002

  • 003

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年05月01日掲載文

芦尾知哉氏のレポート

悪天候激渋沼島釣行記

ヤイバ愛好家の皆さんこんにちは!
今回、淡路島の沼島に徳島の名人位でもあり徳島スタッフの杉本名人と1番周りの五合へ!
船長に聞くと2日続いた悪天候の影響で水温がかなり下がっているらしく厳しいとのことだが潮は走っている為何かしら釣れるだろうと開始。
針は遠投オキアミチヌ1号で、杉本名人は閃烈グレミドル4号でスタート!
しかし潮が速く、右に居る杉本名人のエリアまで仕掛けがすぐ行く為、朝一の見回り船で磯チェンジをすることを決め、約3時間お互い何の反応もなく片付けを済まし船を待っていると
杉本名人は流すことなくよどみを探り48cmのチヌをゲット☆
そうこうしているうちに船が来て、移動先はタイ、グレ、チヌが釣れるとの事でチョボに!
しかし浅タナでは反応なく、約6ヒロでようやく顔を出したのが30cmほどの口太グレ!
そして同じ入れ方で、またまた34cmの口太やら、45cmの特大ウマヅラやら・・・
チヌになかなか当たらないのでタイ狙いに変更で
3Bにジンタン2Bと6を打ち約7ヒロで70cmあろうタイを浮かせましたが・・・
何せ沼島のチヌ狙いの為、
1.5号までのハリスしか持っておらず、
時間をかけましたが手前で・・・
どうにか2回目に来た小さめの62cmのタイはゲット☆
杉本名人も40cmのチヌ追加で終了。
ほとんどの人がチヌに出会えなかった激渋日でした。
●使用針
ささめ遠投オキアミチヌ1~2号
閃烈グレミドル4号

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

  • 007

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年05月01日掲載文

劉彦甫氏のレポート

五島列島釣り

4/11~4/15長崎県江島玉之浦へ釣りに行き、最初の日は王さんと同じチームの二人が小美郎礁に上がりました。 そこで尾長30センチと外道魚種全てを合わせて、40センチ超えのは合計14枚。僕は仲間と一緒にシラクレ行っても、小型尾長が爆釣、午後過ぎて48センチの口太を釣りました。
2日目は天気が良くありませんでしたので、玉之浦湾へ着いてクロダイを釣り、2時間で4匹クロダイを釣りました。
最大は54センチでした。雨が激しいから一度ホテルに戻って休憩して午後4時また突堤に行って蕭さんとアオリイカを釣り3キロを釣りました。 これは自己最大記録を達成。
3日目は天気は良いのですが、風が強かったので、蕭さんと小美で釣りをし、小型尾長が爆釣40センチ以上の尾長と口太を計15枚釣れました。本日調子が順調で、午後1時左側大型魚が出るらしい、すぐ下竿して60センチの黒鯛を釣りました!これは今回の五島釣行最大の黒鯛。
今回の五島列島釣り旅は台湾から福岡まで直行し、そして福岡で福江島に乗り換えての便利性があり、交通時間もそんなにかかりませんでした。だから五島列島は台湾人にとって憧れるの磯釣り聖地となっています!

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

  • 007

  • 008

  • 009

  • 010

  • 011

  • 012

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年05月01日掲載文

窪田豪之氏のレポート

2014カップリングCUP

月27日カップリングカップが関西で開催いたしました。男女ペアが参加条件の大会で、フカセ釣り師とファミリーフィッシングの方を交えた計76名の参加者が、兵庫県尼崎市の武庫川に集まりました
渡船を使って沖の一文字で釣るスタイル。1時間毎に渡船が来るので、トイレの問題も解消です。
波止釣りの釣魚がターゲットとなるため、チヌ。ハネ。青物系。根魚系。の4種目に賞を分けて、各ペアが表彰台を目指します。
MCに四季の釣りでおなじみの伊丹彰さん、ビッグフィッシング元アシスタントの永田まりさんやタレントのトモチンが会場を盛り上げ、楽しく明るい釣り大会を創り上げてくれました。AM5時30分出船、さて競技開始です。
期待を膨らまし竿を構えますが、
釣り開始から1時間経過してもサシエは無傷のまま。どう考えても撒き餌は効いてるはずなのに…
海況はイマイチで、周りも釣れてる様子は無く、竿が曲がった!と思いきや根がかり…。
そんな中で親子ペアがサビキでイワシをGETしており、娘さんの可愛い笑顔の奥にドヤ顏が見えます。その先では若いカップルがシラサエビのズボ釣りで根魚狙いでしょうか、小さいながらも1匹GET。伊丹さんも登場し、作業船の下に潜んでいるだろうシーバスをランガンしながら周りの釣り人の様子を伺ってました。激戦を予想していたフカセ釣り師はほぼ全滅に近い状況で、釣果を聞き歩きますが皆様手を横に振る始末。このままでは終わらな~い!が、このままで終わり~!になりそうな予感が残念ながら見事的中
この日はファミリーフィッシングが有利となる海況でした。
結果はチヌ賞は1組のみ。ハネ賞は2組で、青物賞と根魚賞は僅差の勝負でした。
さて表彰の後は景品の抽選会と、おきまりのジャンケン大会です。可愛いお子様から大人、各メーカーの看板を背負った方々も皆様ガチモードで挑む姿は素敵でした。
沢山釣れてたらもっと盛り上がりましたが、とりあえず無事故晴天で良しとしました。

  • 000

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

  • 007

  • 008

  • 009

  • 010

  • 011

  • 012

  • 013

  • 014

1 / 11
page top