磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2013年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年11月14日掲載文

池角昭智氏のレポート

難ポイントに勝機あり

日時:11月2日(土)
場所:静岡県東伊豆須崎(沖磯一帯)
メンバー:TeamBMT(釣り17名・納会20名)
天気:曇り(一時小雨)
気温:15度~18度
延期続きのクラブの例会を11月2日に開催しました。ささめ針から喰わせグレ(ケイムラ)の支給品をメンバーに配りスタートです。

私が乗った磯は崎山(サキヤマ)と言う磯です。足場が良くて外向きが本命ポイント。大型はハナレとの溝を狙います。
まずはセオリーに外向きポイントへ投入すると1投目に23㎝の口太グレが喰ってきました。その後も浅場、深場、際、溝、潮の中、遠投と広範囲で探り続けて1時間が経過しましたがすべてコッパグレが1投1発で釣れる状況です。なんとかコマセワークで餌取りを分けるも25cm前後のグレが精いっぱいと判断。11時には釣座交代の時間です。多分このまま続けてもTOPにはなれない。
そこでタモが届かない裏に周り岩裏や根向う、沈み根上を攻めることに。

まずは岩裏や磯裏を狙います。当然に道糸が岩や磯に触れますがそのリスクと引き換えに良型グレを狙う戦略に切り替えです。岩裏や磯裏では道糸・ハリス共に1.5号をセット。直接視認出来ないですが小ウキを使用し浮かせます。掛けた瞬間はグレを泳がせ道糸を出しながら風に乗せて一気に巻き上げる。極力、サラシのタイミングでラインと魚を乗せて寄せるイメージです。なんと1投目に強烈なアタリがあり寄せると38㎝の口太が釣れました。

次は根上を狙います。実際仕掛けはハリスを1.7号~2号まで上げて矢引きまで短くし大型ウキを沈めて根の上を張りながら探ります。コマセを直接ウキに被せます。すると36cmの口太グレを追加できました。いろいろなパターンで探り、結果11時の釣座交代前に35㎝~38㎝を規定枚数の5尾キープに成功し3,113gで優勝しました。

喰わせグレ(ケイムラ)は刺さりも良く何より軸が細い割に少々の根ズレにもビクともしません。かなり強いです。
仕掛けとコマセが届く範囲は全てがポイントと判断しリスクを背負う釣りが時には必要だと確信しました。納会では提供頂いた商品を優秀者やジャンケン大会に使用させて頂き大いに盛り上がりました。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

  • 007

  • 008

  • 009

  • 010

  • 011

  • 012

  • 013

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年11月14日掲載文

近藤龍氏のレポート

九十九島釣行

11月に入り私の住む長崎県北部一帯はクロが活発に釣れ始めたようだ。ということで私のホームグランドの1つである北九十九島に釣行することにした。
どちらかというと九十九島と聞けばチヌのイメ―ジが強いかもしれないが、クロも35cmぐらいまでは釣れ、良い時にはたまに40cmオーバーも飛び出すこともある。
11月7日石井釣りセンターから朝7時出船。当日は北西の風が強く潮も大きいことからバクチ瀬の本島に上げてもらうことにした。船長の話によればポイントは港を向いて右端が良いらしく、ここ最近はエサ盗りがかなり多いとのことだった。
手のひらサイズのコッパグロが多いと想定し、その中から足の裏、30cmオーバーを狙うためハリはヤイバグレの4~5号を使い分けていくことにする。
朝まずめ逆光と重なりウキが全く見えないのでラインでアタリを取ろうと竿先に集中する。しかしツケエサは盗られないのでガン玉を1つハリスに打って少し深い棚をさぐってみる。するとその1投目からラインが走り竿をひったくっていった。上がってきたのはコッパグロでやさしくリリースする。その後はガン玉を打ったのが正解だったようで次々にアタリを捉えることに成功。30cmオーバーから足の裏サイズのクロを数枚キープすることができた。しかし日が昇るにつれエサ盗りの勢力も増してきたので磯を休ませるため昼食をとり新たにマキエを作る。
休憩後、足下のみにマキエを入れ仕掛けは少し遠投して流してみる。すると1投目、2投目とツケエサが残って返ってきたので今度は仕掛けの周りにマキエを1,2杯いれてみる。このやり方で35cm弱までのクロをゲットし納竿とした。
九十九島湾内のクロは例年12月いっぱいまで楽しめる。全体的にクチブトが中心となるため短軸のハリが使いやすいのではないだろうか。

  • 001

  • 002

  • 003

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年11月14日掲載文

清水初一氏のレポート

三重県フィッシングマンボウ釣行

朝晩めっきり寒くなりました。11月9日、天気は晴れ三重県的矢フィッシングマンボウさんに釣友、稲垣くんと釣行しました。
朝4番船目で深江のカセに渡してもらいました。
今回のタックルは、竿1.6リール、シマノセイハコウ60SP ライン1.75針ライトニングX チヌ2号オモリ.ナシ~5Bダンゴ、マルキューしろまる、マンボウ特製ダンゴ、マルキュー紀州パワー、細びきサナギ、活きサナギ激荒、サシエ、マルキュー丸サナギ、激荒コーン、シラサエビを準備した。
まずは、ダンゴ作りポイントに激荒をアンコに5個シラサエビをアンコに5個入れ、タックルの準備…
先ずは、サナギ刺し餌にダンゴ釣り開始しましたがアタリ無し、暫くダンゴ釣りで攻めます。刺し餌、サナギ、激荒コーン、シラサをローテーションし攻めると本命からのシグナル、前アタリからの本アタリで合わせるとバッチリフッキング暫しやり取りし顔を出したのは35センチのクロダイでした。刺し餌は激荒サナギ…また、続けざまに激荒サナギで40センチ朝から絶好調で昼までに28~40まで6枚…チンタはポツリポツリ釣れてくる。
稲垣くんは、手こずっていたが昼前からスイッチが入り30~40センチ連発してました。
少し落ち着いた所でランチタイム取り釣り開始します。
昼からも頑張ろうと思ったが、昼からは一変、厳しい~
20~25センチまでは釣れてくるが、なかなか良型が出ない…
夕方に、パタパタと私と稲垣くんと連発し二人で26~43センチを二人で15枚で納竿しました。
ほとんど30センチオーバーの良型ぞろいでした。
25センチ以下キャチアンドリリースしました。
画像が暗く解りずらくすいません。
画像は、持ち帰った魚です。

  • 001

1 / 11
page top