磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2013年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年08月27日掲載文

椿下利春氏のレポート

YAIBA-X釣行記

石川県加賀市新堀川河口に釣行しに行って来ました。この場所は、私が、前打ち釣りを行うきっかけになったホームグラウンドである。河口から上流400m付近に水門が設置されており、柴山潟の水位を調整している。雨が降れば満潮を除き水門が開き今まで透き通っていた河口に濁りが入り込む。水門が開いた後30分~1時間後チヌが餌を求めて河口に入り込んで来るのである。チヌの活性も上がり、大型のチヌが毎年釣れている場所である。このポイントの攻略法は、テトラ帯に潜むチヌを超硬子のロッドと太ハリスで攻め、餌は、磯カニを使い丁寧にテトラの穴を探っていきます。川の流れによるハリスの屈折を避けるため、ロッドの穂先操作と3B以上のガン玉を使用し、カニを落とします。最近の傾向は3号~5号の針を使用する方が多いが私は、針のふところを広くとるために、ヤイバチヌ6号~7号を使用します。堤防も低く足場が良いが初心者には、根掛かりが多いため中級者以上向けのポイントである。
AM10:30前日の大雨の影響により水門が4箇所とも全開になっており、濁りも十分入り込んでいた。実績のある右岸の沈みテトラ付近から竿を出し始め、開始2投目であたりがでた。浮いてきたのは、45cmUPの腹パン良型のチヌでした。再度、同じポイントに落とし誘いを掛けると穂先が若干入るあたり、合わせを入れるが、素針りを引く。その後下流に向って入念に実績のある穴を攻めるが、うねりがひどくなかなか餌が思うように落とせず終了。久ぶりのホームグラウンドでの釣果でした。

  • 001

  • 002

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年08月26日掲載文

近藤龍氏のレポート

夏チヌ釣り

この暑い中クラブ員4人で北九十九島にチヌ釣りに行ってきました。さすがに1日中磯の上に立っているのは無理なので昼12時出船で夕方までの釣行としました。
 
田中さんと猿田君がまず横島に、深江さんと私は上キナギ島に上げてもらいました。磯の上に立つと日差しが痛いくらい照りつけ、マキエを混ぜるだけで大量の汗が噴き出してきました。
釣り開始。マキエをまくと浅いタナにコッパグロの群れ。沖アミのツケエサでは歯が立たずすぐに練りエサに変更。するとウキに反応が出たり、ツケエサが残って返ってくるようになりました。しかし釣れてくるのはカワハギやベラ、バリのエサ盗り。休憩も兼ねて深江さんの所に行ってみると、やはり釣れてくるのエサ盗りばかりのようです。しばらくして自分の釣座の戻っていると深江さんに本命がヒットしました。竿の曲りからして良型のようです。タモに収まったのは50cm弱の夏チヌ。時合いかと思いましたが後が続きません。次にアタリがあったのは私で1時間後。仕掛けがなじんで少し流れたところで竿をひったくっていきました。上がってきたのは35cmのメイタでした。そして納竿時間の直前再び私にアタリがありました。今度は仕掛け投入後すぐにウキに変化があらわれ道糸がスーッと走ったので合わせをいれました。夏チヌの強い引きを楽しみながら浮かせたのは、これまた50cm弱の良型チヌでした。17時30分迎えの船に乗り込みました。
船長の話によるとチヌの他、マダイも少し釣れているようです。サイズは2キロぐらいまでだそうですが大型のアタリもあるようです。
釣行日 8月18日
使用ハリ 閃刀チヌ(ミドル) チヌ短軸呑ませ 1~2号

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年08月11日掲載文

齊藤利之氏のレポート

伊豆半島下田沖「神子元島」釣行

8月3日(土曜)に伊豆下田沖にある神子元島に行ってきました。
今回は、クラブの例会での釣行です。参加者は20名で磯決めの順番はくじ引きでの順番です。
私が上がった磯は、神子元島・エビ根へ仲間5名で乗りました。
私の釣り座は、船着き場で当て潮での釣り開始です。この時期は美味しいイサキがメインの釣りになるのかな?と思い針はアピール力絶大な「喰わせチヌ(ケイムラ)」を使用し  仕掛けを組み立てました。
潮の流れが速く遠投しても直ぐに足元へ仕掛けが寄ってしまい釣りづらい状況でしたが、他の釣り座の仲間は、開始早々からイサキ・メジナが釣れ始め、頻繁に竿を曲げています。私にも待望のイサキが釣れますが単発で家族分のイサキをキープです。
少し潮の流れが緩んできた所で、仕掛けの手直しをして針をふかせ遠投モード2号に変更しました。遠投をしてゆっくりと手前に流れる潮に仕掛けを潜り込ませながら探ると、釣果を伸ばすことが出来43cmを頭に数枚のメジナとイサキを釣ることができました。
今年前半は、週末になると天候の良い日が少なくて釣行になかなか行けませんでしたが、今回はとても良い天候に恵まれ楽しい一日を過ごしました。

  • 001

  • 002

  • 003

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年08月08日掲載文

大森氏のレポート

能登での夏のチヌ釣りと言えばスイカ釣りが定番であるが

能登での夏のチヌ釣りと言えばスイカ釣りが定番であるが、生活習慣からくる体力不足に加え過酷な暑さのため、今年はまだ待機状態ってところ。そこで車のそばで、いすに腰掛けてでもでき、大物のチヌが釣ることができるエサ、禁断のイカゴロ(いかのわた)を使うことにした。イカゴロ使用に当たって特に注意すべき点は、普段オキアミなど見向きもしない湾内の大型のチヌが簡単に口を使う事で中毒になることだ。先週と今週、仲間3人で50cmオーバーが5枚、45cmオーバーが9枚の釣果を得た。また、エサ代も安く、写真の1ケースが数百円です。エサ取りの数にもよるが2人で半日は出来ます。また、特別な仕掛けは不要でウキが入る度にドキドキしながら討ち返すだけです。1つ良い点は大物とのやり取りでいろいろな事を試せることです。
竿    ダイワ   銀狼王牙メタルチューン0,6号―52
リール  ダイワ   銀狼
ウキ   キザクラ  SA-R 3B
ハリ   ササメ   遠投オキアミチヌ オキアミ4号
道糸   キザクラ  全層フリーダムセミフロート2号
ハリス  キザクラ  全層ハリスト1.5号

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

1 / 11
page top