磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年07月29日掲載文

宇留野達幸氏のレポート

平根へ釣行

久々に凪も良さそうな7月21日(日)、平根へ釣行を試みました。
下田の沖根と言うと石取根、横根、沖横根、トイ根など、潮通しも良く、年間を通して多様な魚種が狙えますが、その中でも特に平根は渡礁率が低く、よほどの凪に恵まれないと乗れない、名礁中の名礁です。
喜一丸に乗り込み、田牛の港を出ると少しウネリがあり、平根に近寄って見てみると時折潮が被っていましたが、この日は大潮で、干潮が午前10時過ぎと、釣りをする時間帯に比較的潮位が低くなっていると言うことで、何とか渡礁できました。
メンバーは友志会の仲間10人です。先に数人が磯に降りると、全員のチャランボを打ち込み、荷物を受け取ってそれに引っかけて流されないようにしました。
それぞれに釣り座を決めてから、チャランボにかかっている自分の荷物を探して持ってくるようにしました。
ゆっくりと仕掛けを作り、流れの中に投入すると1投目からイサキが喰ってきました。この日は、青物や真鯛などが来ても対処できるように、磯竿の2号(6.3m)に道糸とハリスは4号通し、針はヤイバグレの9号を結んで釣りを開始しました。
下りの速い潮が走っていますが、潮下になる先端には他船のお客さんがいるので、目の前で仕掛けを馴染ませるような釣りです。しかし、とにかく仕掛けが馴染んだらすぐに喰ってくるような状況でした。
2投目も3投目も、仕掛けを入れる度に魚が喰ってきます。さすがに平根です。5投目も10投目も…、クーラーは見る見る内に一杯になって行きます。
そのうちに潮が下げてきたので、朝の間は我慢していた先端付近に移動してみることにしました。他船のお客さんたちが既にそこで釣りをしていたので、声をかけて、邪魔にならないように潮を流させてもらいました。
ここでは喰ったり喰わなかったりでしたが、イサキやメジナを追釣できました。尾長は35~6cmまでしか掛かりませんでしたが、口太の最大はこの時期としては納得の41.5cmありました。
本流の中を流すと、比較的近いポイントでイサキやメジナが入れ食いになっていましたが、このポイントを避けて沖で何かデカいのがかからないかと、何度か潮の先の方まで流してみました。しかし、何度やっても潮の中では何もかからないので諦めて、ケンミになっている横根向きを釣りました。ここでもメジナとイサキを追加。とにかくどこにでも魚がいる感じです。
途中で弁当を食べながら、反対側(石取根向き)の方に入っている仲間の様子を見に行くと、そちらでも皆、たくさんの魚をキープしています。最大は47~8cmの口太でしたが、残念ながら尾長はやはり40cmに足りません。
海の状況なども判断しながら、12時半には少し早めに撤収しましたが、皆がそれぞれにクーラーを満タンにし、十分に楽しんだ一日でした。
帰りの道すがら、「偶に他のところで大釣りをすると、何だか釣りが上手くなったような錯覚を起こすことがあるけど、ここ(平根)で大釣りをしてもそういう勘違いはしないよねえ。」などと言いながらも、皆嬉しそうな笑顔でした。
釣行データ 7月21日(日)
場 所:下田沖 平根
天 気:曇り
渡 船:喜一丸
潮回り:大潮(干潮は午前10時過ぎ)

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年07月23日掲載文

上野真実氏のレポート

宍喰磯で真実の真実!

ささめご愛用のみなさんこんにちは(´・ω・)ノ
最近はめっちゃ暑いのでバスや筏でのカカリ釣りに行っていましたが
雑誌の取材も入り、半夜ならと徳島のホーム!宍喰磯(浜部渡船)に徳島スタッフの近藤さん、芦尾さんら10人で☆
昼過ぎから服を交換しながら撮影をし、
午後4時から「鈴バエ」に上がり、
始めの2時間ほどはロッド1.2号でライン1.5号ハリス1.2号でいつものグレ狙い☆
針はわたしの勝負針!ヒネリグレ☆
薄暗くなってきた7時頃からは、ロッド2.25号、ライン3号、ハリス3.5号でシブダイ狙い(・ω・´)/
針は男女群島で昼間使用し、かなり実績のあった渋グレヘビー! 
短ジグで耐久性抜群!!(`Д´)/

結果
グレ27~35センチ 8匹
イサギ30~35センチ 7匹
コロダイ33、40センチ
シブダイ49、52センチ
でした!
●使用針
ヒネリグレ4~5号
渋グレ ヘビー6号

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

  • 007

  • 008

  • 009

  • 010

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年07月19日掲載文

ササメ土屋氏のレポート

三重県尾鷲のグレ釣り

釣行日:平成25年7月17日(水)
釣行場所:三重県尾鷲
対象魚:グレ
同行者:フィールドスタッフ竹田学氏、峯祥久氏、焼谷昌和氏
報告者:ササメ土屋
暑い日が続いておりますが、尾鷲では尾長グレがよく釣れているとの事でしたので、奈良支部スタッフの竹田氏、峯氏、三重支部の焼谷氏と暑さに負けない様に飲み物をたくさんクーラーに詰め込み、釣りに行って来ました。
私は尾鷲でのグレ釣りが初めてでしたので、非常に楽しみにしており、釣り開始までの間、ずっとワクワクしていました。
今回は川端渡船さんにお世話になり、朝4時出船です。
常連のスタッフ3名にエサを聞くと、竹田氏と焼谷氏が生オキアミと配合エサを使用、一方峯氏はボイルを使用との事で、私はボイルを使ってみようと思い準備をしてきました。
4人が上った磯は「沖の寺島」。大きな磯なので、4人が広く並んで、ゆったりと釣りが出来ました。
40cmオーバーの尾長も釣れるらしく、タックルは竿1.5号、ウルフライン道糸2.5号、ウルフラインハリス2.5号、鈎はヤイバ遠投モードの3号(グレ7号相当)を使用しました。
ボイル使用の峯氏と私は並んで釣りをしましたが、強烈なアタリを何度か味わいながら、バラシも何回かあり、30~35cmクラスの尾長を二人とも釣ることが出来ました。 少し離れて釣っていた竹田氏、焼谷氏も良型の尾長や口太を釣っていました。
夏場の磯釣りと言う事もあり、今回は12時30分に納竿としましたが、ここ尾鷲では空きない程度に、尾長が釣れ続け、楽しい一日となりました。
暑さに負けなければ、これからも尾長の強烈なアタリを味わえるかも知れませんよ! ぜひ皆さんもチャレンジしてみて下さい!

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年07月19日掲載文

田島司氏のレポート

タマン釣りレポート

梅雨もあけ本格的な暑さがすごく昼間の釣りは、さすがに大変なので最近は、夜釣りの投げ釣りで、タマン(フエフキダイ)を狙ってます。

家から車で5分くらいの近場のポイント

息子と二人で夕涼みをしながらねらうことがおおく潮周りでポイントをかえてタマンを釣ってます。

台風7号の影響で東風が強く波もすこしあり釣れそうなふいんきです

ポイントにつくと早速仕掛けをつくり針は、タマン太軸20号でのスタート

竿3本を打ち込み30分間隔で餌の確認をします。

釣り開始から1時間で待望のタマンのあたり、フッキングをいれて息子に竿をわたしやり取り開始何時かいいつっこみをしたタマンでしたが、無事ゲットして喜ぶ息子。50cmくらいのタマンです。

その後も30cmクラスを4枚に60cmを1枚追加し潮がさがりはじめたので納竿となりました。

  • 001

  • 002

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年07月18日掲載文

李毅志氏のレポート

南伊豆妻良(沖堤)釣行

時間:2013/7/13
場所:南伊豆妻良(沖堤)
天気:晴、26°~36°
風:西南西6~10m
潮:中潮
水温:23.5°
竿:1.25-53
ライン:ナイロン1.6号(比重1.14)
ハリス:フロロカーポン1.5号2.5メータ
針: 閃烈グレライト6号、ヤイバグレ5号
ウキ:J3
ウネリが高いので、沖堤しか出れません。湾内での潮があまり動いてません。エサ取りも大変でした。
仕掛けの設定は、最初半遊動で、針は閃烈グレライト6号を使い、タナは5メータ、オモリはラインとハリスの直結の処G3一個、ハリスの真ん中にG4一個、ウキが海面下5センチぐらいギリギリ浮きました。
エサ取りが多かった為、付き餌は設定する棚まで届けませんでした。。。。かけた魚は子サバ、バリ(アイコ)、イスズミ、子葉尾長だけでした。
仕掛けを調整し、ウキはBにして、オモリはラインとハリスの直結の処B一個、ハリスの真ん中にG3一個、針はヤイバグレ5号に変更した結果、付き餌の沈むスピードがアップしました。
そして、本命のメジナが30~38センチボチボチ釣れました。でも、暑かった。。。。。。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年07月09日掲載文

ササメ土屋氏のレポート

沖縄 慶良間釣行

釣行日:平成25年7月6日(土)
釣行場所:沖縄県慶良間
使用渡船:セイブ丸(糸満市)
釣行者:フィールドスタッフ田島司、名嘉山悟、米原直樹、渡嘉敷正輝
報告者:ササメ土屋
今回は南国沖縄へ来ております! 沖縄では7月5日から7月7日までの3日間でチームヤイバ沖縄支部 懇親釣り大会が開催されており、私と沖縄フィールドスタッフの方4名も参加しました。
私たちは沖縄でも大物がよく釣れることで有名な慶良間へ行って来ました。
沖縄はもう真夏日和で、磯の上はかなり厳しい状況になる事が予想されるので、飲料水を4リットル、バナナにトマト、菓子パンに・・・と少し買いすぎた感もありますが、磯の上で脱水症状や飢え死にをしてはいけないので、十分すぎる程、食料を買い込み、準備万端です。
私たちは糸満市から出港するセイブ丸に夜12時に乗り込み出発し、約1時間30分で慶良間に到着。 私とフィールドスタッフの米原氏、渡嘉敷氏は「ハナレ」に渡礁しました。 一方田島氏と名嘉山氏は「べーべー」という昨年私が釣らせて頂いた磯に渡礁。 辺りは真っ暗闇で、夜空には満天の星が輝きとても綺麗でした。 そして早速、皆さん夜釣りの準備を開始します。
米原氏は電気ウキを付けてフカセ釣り。エサはキビナゴ、鈎は「ヤイバ喰わせ真鯛ケイムラ」です。 一方渡嘉敷氏は「タマン太軸」の鈎を使用し、エサをサンマの切り身でブッコミ釣りです。 釣り始めて、1時間も立っていない矢先に渡嘉敷氏が大きく竿を曲げています。 釣り上げてみると色鮮やかな朱色をした「ミミジャー」。沖縄では高級魚でとても美味しいとの事です。 その後私は深い眠りに落ち込みました。 そして空が白みかけた頃目を覚まして見ると、米原氏も50cm級のカマスを釣り上げておりました。
それから3人は早朝よりフカセ釣りにスイッチを切り替え、釣り開始です。私は第一投目から40cmクラスで引きも強烈なイスズミをゲット。その後は米原氏、渡嘉敷氏も竿曲がりを連発させ、次々に色々な魚を釣り上げて行きます。「イスズミ」「ツムブリ」「グルクン」「ヒレーカー」「トカジャー」「ミミジャー」など本土では聞き慣れない名前の魚がたくさん釣れました。 極めつけはカツオ。米原氏はオキアミで、渡嘉敷氏はキビナゴで50cmクラスのカツオを釣り、竿を大きく曲げていました。 私もカツオを狙って頑張りましたが、残念ながら釣る事は出来ませんでした。 そしてお昼の1時半頃に納竿とし、慶良間釣行は終了しました。 今回は慶良間でも珍しい程に魚が良く釣れたそうで、早朝からのお昼までホントにコンスタントに三人とも竿を曲げ、楽しい釣りが出来ました。
その後、田島氏、名嘉山氏との釣果も合わせて、記念撮影しました。
そして、明日7月7日(日)はチームヤイバ沖縄支部懇親釣り大会の検量&表彰式が行われます。 大会参加者は30名程ですが、楽しいお楽しみ抽選会等で、皆さんと盛り上がりたいと思います。
大会の模様はまた後日報告しますので、お楽しみに!

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  • 10

  • 11

  • 12

  • 13

  • 14

  • 15

  • 16

  • 17

  • 18

  • 19

  • 20

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年07月04日掲載文

上野真実氏のレポート

取材レポートin 宍喰磯

ヤイバご愛用の皆さん、こんにちわ(・ω・´)
今回、地元の徳島県最南端にある宍喰磯(浜部渡船)へ前回に引き続きチームアシオの
女子メンバーと一緒にタウン誌実釣取材へと行ってきました☆
ここは船長と仲が良く私達のホームであり、編集部の安くん(写真)ともエギングの釣
友でもあるので全てがやりやすかった1日でした(^-^*)
さて釣りの方は、どうだったかというと!(´ω`)
上がった磯は「中マメ」
以前、ヤイバの徳島スタッフ近藤顧問や八郎さんが爆釣したところです!
今時期は当たり前のごとく、木っ端グレパラダイスですが尾長も混じるので針は尾長
対応ヒネリグレ(・ω・´)
しかしこの日はウネリ&豪雨・・・
天候も次第に悪上し朝11時前には撤収(T^T)
釣果は尾長混じりの33センチまでを40匹☆
グレの型は小さいですが、他に35センチ前後のニザダイ、イスズミやタカベなどを釣
りみんな楽しみました☆
ヒネリグレはすべての魚種の口にガッチリ刺さりますよ~☆超オススメ(^O^)/

◎使用針
ヤイバヒネリグレ4号

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年07月01日掲載文

李毅志氏のレポート

南伊豆釣行レポート

初日目
時間:2013/6/24
場所:南伊豆妻良(平根)
天気:曇りのうち晴れ、21°~26°
風:北東3~6m
潮:大潮
水温:19

竿:1.25-53
ライン:ナイロン1.6号(比重1.14)
ハリス:フロロカーポン1.5号2.5メータ
針: フカセ遠投3号(グレ針7号相当)
ウキ:上段B+下段-B(二段ウキ)
仕掛け設定
半遊動沈め、タナは5メータ処固定、オモリはラインとハリスの直結の処G4一個、ハリスの真ん中にG5一個、ウキがゆっくり沈んでいきました。
50Mの本流に流し、棚は10Mほどにイサキ35センチぐらいを10枚、メジナ37センチ頭3枚釣れました。
エサ取りが(子葉尾長、コサバ。。。。)大変でした。
二日目
時間:2013/6/24
場所:南伊豆石廊崎(大根)
天気:晴れのうち曇り、23°~28°
風:北東3~7m
潮:大潮
水温:18

竿:1.25-53
ライン:ナイロン1.6号(比重1.14)
ハリス:フロロカーポン1.5号2.5メータ
針: フカセ遠投3号(グレ針7号相当)
ウキ:上段2B+下段-2B(二段ウキ)
仕掛け設定
半遊動沈め、タナは6メータ処固定、オモリはラインとハリスの直結の処G3一個、ハリスの真ん中にG4一個、ウキがゆっくり沈んでいきました。
足元から20Mまでの処にウネリ(サラシ)が大き過ぎて、ポイントは全部30M処まで遠投し、80Mに流して、棚は15Mほどにメジナ38cmを釣れました。
今日もエサ取りが(子葉尾長、コサバ。。。。)大変でした。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

1 / 11
page top