磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年06月28日掲載文

宇留野達幸氏のレポート

神津島での例会

今年は釣りに行けない週末が続きます。この週末も台風の影響で無理かと諦めていたのですが、熱帯低気圧に変わり意外にも早く東に抜けてくれたので、6月23日(日)に、神津島での例会が開催できました。
下田の港から長左丸に乗り込み、港の外に出ると若干のウネリを感じますが、意外に良い凪です…と思った瞬間に眠ってしまい、気が付くと神津島の東側の多幸湾にいました。他船は5隻出ていましたが、どの船もあまり釣り人が乗っておらず、このところ神津島があまり釣れていないことを物語っています。
それでも例会恒例の朝のくじ引きで何と1番くじを引いた私はタダナエのオネエモに乗ることができました。
2番くじの久米氏、3番くじの梅木氏と共に渡礁するといい感じの潮が新島方向に走っています。
ナダラ向かいの磯際にチャランボを打ち込み、朝食を採りながら仕掛けを作りました。
今日の道具仕立ては3号(6.3m)の磯竿を使用し、リールには5号の道糸を200m巻いてあります。ウキはYOU-SHIのバイソン(負荷は00)。まずは6号のハリスに針はヤイバグレの10号を結んで開始です。
コマセを撒きながら仕掛けを足元に入れて様子を見るとすぐにエサが盗られました。
少し沖に投げてみると仕掛けが馴染んで暫くシモっていったところでアタリがあり、良型のイサキが釣れました。そうする間も潮の流れの中にコマセが効いてくれるように、少しずつ足元にコマセを撒き続けます。
3投目は、潮の中に仕掛けを入れてみました。すぐにエサを盗られたので、次は潮の流れのもう少し先に仕掛けを投入。仕掛けが馴染みきったところで少しハリ気味に流していると仕掛けをひったくるアタリで元気な尾長が釣れました。しかし大きさは35cmほど。離島例会での規定サイズは40cmなので、それ以下の魚はリリースです。
その後もイサキやメジナが釣れましたが、尾長も口太も中々40cmを超えるものが喰ってきません。イズスミやサンノジは40cm超が簡単に釣れるのですが…。
そうこうしている内に潮が緩み、一旦止まったかと思うと今度は逆に神津島本島向きに潮が走り出しました。この潮の中では魚は釣れませんでした。
足元のサラシの中で仕掛けを止めて待っていると、仕掛けをひったくるアタリが出て、良型の魚が掛かりましたが、針ハズレのバラシ。
そうこうしていると、潮が止まって、また逆向きに走り出しました。今日は変な潮です。朝と同じように足元から少しずつコマセを効かせながら、潮の中に入れていくと、待望の尾長が釣れました。46cmあります。同じように流していくと、尾長の45cm前後とイサキが交互に釣れてきました。
ここで一休みして、コマセを作り足し、昼食。
食事の後で釣りを再開するとまた潮が変わっています。サラシの先で待っていると、良型の尾長らしき魚が掛かりましたが、やり取りの最中に6号のハリスを切られてまたバラシです。尾長にハリを飲まれたものです。残念。でもこれがあるから尾長釣りは面白い。
その後、納竿時間までに数匹の尾長(46cmまで)とイサキ(45cmまで)を追釣し、おまけに30cm近い丸々と太ったタカベのお土産も確保して、まあまあの釣りになりました。やっぱり1番くじは良いものです。
釣行データ 6月23日(日)
場 所:神津島 (オネエモ)
天 気:曇り
渡 船:長左丸
潮回り:大潮(干潮は午前11時過ぎ)

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年06月25日掲載文

芦尾知哉氏のレポート

日本グレトーナメント小豆島・家島大会

日本グレトーナメント小豆島・家島大会に徳島から9名で参加してきましたよ☆
主催者の丸島会長とは仲良しで毎回参加してる大好きな大会の1つです!
上がった磯の名前は知りませんが
なんせ釣りを開始する前からエサトリのサヨリ、オセン、キュウセンベラなどが見え木っ端グレすら上層に現れず釣りにくい状況・・・みんな聞くと!どこも同じ状況らしい。
エサトリはキュウセンベラが手強いだけで後は活性の強弱が解るのでやりやすい。
最初は0のウキに1ヒロちょいにジンタンB~2Bを針上30センチのとこに付け、張り釣りで3ヒロ辺りで喰ったのでタナをチューニングしながら23~30センチぐらいまでを20匹以上は拾えました。
*大会は10匹の重量
その他、35センチのアイゴと31、38センチのチヌが釣れた。
しかし同じ船のメンバーらは3枚とか、スタッフの真実ちゃんも6枚とかで、
ほぼ全員数が揃うどころか釣れていない・・・
小豆島・家島は木っ端グレが主体なのに潮のせいだけじゃなく喰わない・・・
とゆ~のも!この一帯のグレはどこにでも生息しているのだが、数が多い場所と少ない場所では釣果に大きな差が出る。
その理由の1つは上層で見えなくとも、数が居る場所では深タナで連鎖反応が起こり警戒心なく喰うのだが、数が少ない場所ではそうはいかず、その動きが鈍くスレたように喰ってこない。
もう一つが前日、当日に雨が降るなどして地磯などでは上山から流れ落ちる水潮(雨潮)になり沖磯にくらべ喰いが悪いのだ。
そんな時に有効なのがファーストコンタクトの針!
鋭く刺さりが良ければあとは腕次第!!
針のおかげでいろんな魚がいっぱい釣れましたが・・・
結果わたしくは40グラム差で予選突破ならず腕がありませんでした(笑)
次回7月の日振島で真実ちゃんらとリベンジ!!
*グレの写真忘れました(笑)
●使用ライン1.5
●使用ハリス1~1.2号
●使用針
閃烈グレライト3~4号
渋グレ3~4号
ヒネリグレ3~4号

  • 001

  • 002

  • 003

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年06月20日掲載文

芦尾知哉氏のレポート

大浦漁港での釣行

今回も大会練習に朝9時から2時間半
地元の大浦漁港(徳島県鳴門市)に☆
ここは良型チヌも釣れ人気があり、すでに徳島の名人らが陣取りをしていてグレを数匹釣っていた!
わたくしも沖向きのテトラに釣り座をかまえる。
すると早速エサトリ軍団が準備をしている段階で集まって来ている・・・
オセン、クサフグ、ベラ、タナゴを手前に飼育し、30~40m沖の本命へ!
25センチを主体に21~31センチを14匹☆
使用針は「渋グレ」&「送り呑ませ」
なかなか呑み込まず吸う吐く吸う吐くするコッパちゃんにはやはり小さな針で触れたら刺さるのが1番☆
この他にも人気の「閃烈グレ ライト」などもおすすめ☆

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年06月11日掲載文

芦尾知哉氏のレポート

クラブ(八釣会)の大会

八郎さんのクラブ(八釣会)の大会が日振島であり67名が参加。
自分のチームからもヤイバスタッフの真実ちゃんを含め3名が参加。
今回はペアマッチでゼッケンクジを引いて前後の人で決まります。
わたくしは複雑な数字の42番で・・・
41番の前回大会も一緒だった兵庫支部のヤイバスタッフ小川さんで、少し気が楽になり2人で楽しく釣りをしました☆
上がった磯は「横島1番」で
尾長、口太30cm前後をお互い多数釣り、8匹×2の重量で10位入賞し、楽しい1日を過ごしました☆
ちなみに真実ちゃん組は40cmオーバーを釣っていたものの11位でした☆
*写真は小川さんです☆
使用針
ヤイバ閃烈グレライト・渋グレ

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年06月07日掲載文

清水氏のレポート

取材報告

つりニュース(中部版)取材に、
三重県鳥羽菅島(釣り物語)で取材してきました。
今回は、私が所属する倶楽部(刃釣会)のホープ田上君に同行してもらいました。
さ~取材結果の方は…
6月末の、つりニュース(中部版)裏表紙見て下さいね…田上君大活躍…
今回は、ちょっと早めの取材でした。
画像は、今回大活躍の田上君

  • Picture060113_172021

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年06月07日掲載文

近藤龍氏のレポート

平戸市阿値賀島釣行

梅雨グロシーズン到来ということで長崎県平戸市の浜本釣りセンターから阿値賀島に行ってきました。
6月3日、港に着くと前日からの風が収まらず強い北東の風が吹いていました。上がれる場所も限られた中、風裏となる上阿値賀島の西の地に船を着けてもらいました。まずは朝まづめ尾長も視野に入れてハリは尾長サイト(ホワイト)6号を結んで釣り開始。前日にも釣り人が上がっていたようで釣座にはマキエの後があり、足下にマキエを撒くとさっそくスズメダイの群れ。数十分後、スズメダイの下にコッパグロ数匹を発見。足下にエサ盗り用のマキエを多めに入れ少し沖を狙ってみると、その1投目で30cmの地グロをゲット。その後エサ盗りに苦しみながらも同型のクロを2匹追加して瀬がわりすることにしました。場所は西の地の右沖にあるハナレ磯、西の瀬に夜釣りの方と入れ替わりで上げてもらうことにしました。ここはマキエを撒くと足下から沖までエサ盗りだらけで2~3時間はエサ盗りの猛攻にあいどうすることもできませんでした。そして左に流れていた下げ潮が変わりかけたときチャンス到来。潮が沖にでていくようになりました。するとモゾモゾとウキに反応があり、いきおいよく海中に消えていきました。なかなかの重量感で手前まで寄せ姿を確認すると40cmオーバーのイサキ。しかしこの後の突っ込みでバラシてしまいました。そしてすぐに同じポイント流していくと再びアタリをとらえました。今度は先ほどのイサキよりもさらに重量感があり、なんとか手前まで寄せてきました。しかしなかなか浮かすことができず数分のやりとりの後、姿を確認できないまままたしてもバラシてしまいました。この後右流れの上げ潮に変わりイサキとクロ最大35cmを釣り悔しい思いのまま16時納竿としました。
今回は良型を掛けたものの2回のバラシと自分の腕の未熟さを痛感させられた釣行となりました。阿値賀島いつかリベンジしたいと思います。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年06月07日掲載文

李毅志氏のレポート

南伊豆妻良(平根)での釣行

時間:2013/6/3
場所:南伊豆妻良(平根)
天気:晴、18°~26°
風:北東3~7m
潮:長潮
水温:20.5°
竿:1.25-53
ライン:ナイロン1.6号(比重1.14)
ハリス:フロロカーポン1.5号2.5メータ
針: 釣闘競技6号
ウキ:J3
仕掛け設定
1.半遊動、タナは6メータ、オモリはラインとハリスの直結の処G3一個、ハリスの真ん中にG3一個、ウキが海面下5センチぐらいギリギリ浮く。本命のウキあたりは3回、ラインあたりは3回、全部28ぐらいの子葉尾長。サバ子のあたりは数えきれません。
2.ウキを沈ませて、本流にしてみしました。ラインとハリスの直結処を2B、ハリスの真ん中をJ2に変更したところ、ウキが水深15メータの処止まりました。50メータの処に流し、あたりが全部で12回、3回ハリスが切られて、バラシが3回、結果は32~38センチの口太6枚釣れました。
良い感じでした。

  • 001

  • 002

  • 003

1 / 11
page top