磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
1 / 212

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月30日掲載文

上野真実氏のレポート

徳島県鳴門市にある大浦漁港への釣行

ヤイバファンのみなさんこんにちは☆(o゜▽゜)o
地元 徳島県鳴門市にある大浦漁港にメンバーらと大会練習に2時間半ほど行ってきま
した☆(´ω`)
この場所はコッパちゃんがメインですが地元名手も時期に入れば手返しの練習によく
来ています☆
私もここでトーナメンターとして鍛えています(`Д´)
今回使用する針は「閃烈グレ ライト」2~4号!
口太グレには十分の強度があるのでライトでも大丈夫!過去に4号で47センチを釣った実績あり☆(>_<。)
さて、この日も練習で
グレ25~32センチ15匹
チヌ44センチ
*魚はすべて生きたままリリースしています☆
(´ω`)
ちなみにオマケのツーショットは
愛猫の「ささめ」と口太グレの「レグ」です☆(^з^)-☆

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月24日掲載文

浅野茂樹氏のレポート

愛媛県今治沖の磯へチヌ釣りに

5月19日(日)、愛媛県今治沖の磯へチヌ釣りに行ってきました。
潮は本命とは真逆の朝満潮で、ほぼずっと引き潮を釣らないといけない厳しい潮周り。
私は『戸代の水道』へ降りました。
すでに引き潮がガンガン流れているなか、まずはマキエを打っておいて道具をセット。
水深はあまりないのでウキはB、ハリスは1.2号を1ヒロ半ほどとり、『閃刀チヌホワイトセミコート』の3号でスタート。
わずか2投目で型は小さいものの本命ゲット。その後コンスタントに数が出るものの型が30~35cmほどとイマイチ… しかも浅瀬ということもありイソベラがかかってくるようになりました。
釣り座を少し移動し、引かれ潮側から本流までの間をやってみますがイソベラ、グレのみでチヌは不在!?のよう。
早々に見切りをつけ、場所探検すると30mほど離れた所に、釣り座左右はガラ藻がビッシリですが正面はガラ藻がキツくない所を発見!
まずはマキエをたっぷり入れて仕切り直し。中間距離ではスズメダイ、グレ、フグなどエサ盗りがたくさんいたので更に沖を攻めるべく、フル遠投を繰り返しました。
ほどなくして30cmチョイのチヌが釣れましたがリリース。今日はこんなサイズで終わるのか!?
この頃から天気予報通り雨がパラついてきました。
この雨がチヌの活性をあげたのかわかりませんがサシエが残り、ボラもチラホラ。チヌが寄ったか!?
フワッとサシエを落とすため、ハリスのガン玉は上にずらし、ハリは『閃刀チヌミドル』の1号にかえてみるとウキ下2ヒロ半で満足サイズの45cmをゲット!
連チャンとはいかないまでもチヌが浮いてくるタイミングがあえばアタルかんじでまたまた45cmチョイが釣れ、次に来たのがビッグサイズでした。アワセた瞬間、デカイのがわかる重々しい引き!! ガラ藻に巻かれながらもなんとか取り込んだチヌは50cmオーバー!
この1匹に気をよくして釣り続けるも型がまた小さくなってしまいました。
昼前、雨がかなりひどくなりマキエはユルユル… 何度も配合をたしながらやって納竿前に49cmを釣って竿を置きました。
帰港後、ビッグワンを検寸すると53.8cmで私の今治チヌ記録を少し更新することが出来ましたヾ(^▽^)ノ

  • 001

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月24日掲載文

芦尾知哉氏のレポート

地元新聞のネタにと近場の沼島(淡路島)へ☆

沼島は紀伊水道を流れる潮が鳴門海峡と紀淡海峡に分かれる場所に位置するので潮通しは良く、乗っ込み時期には爆釣し、良型マダイも釣れ大人気です☆
5月下旬に入り、産卵も終わり喰いも悪くなったもののチヌはまだまだ釣れるだろ~と川口渡船に!
何やら天候が悪くなるからと言われたのですが少しでもできればと☆
上がった磯は「黒崎2番」本当は裏周りに行きたかったのですが、すでにウネリ・・・
しかし次第に天候が悪くなり豪雨とウネリで朝11時に撤収・・・
釣果はチヌ42、43、51センチ
グレ33センチ
使用針はオキアミ遠投チヌ1~3号
雨でツケエサのコシがなくなりビチャビャになっても、
この針はケンが2本あり、シャキッと付けれ、エサトリがツケエサをなかなか盗めない&滑り止め効果抜群なので超おすすめ!!

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月24日掲載文

川崎健雄氏のレポート

旬なイサキ・・・今でしょ!

5月22日、宮崎県串間市、市木のホームへチームヤイバ宮崎支部スタッフの川越くんと行ってきました。
朝ゆっくり家を出て9時過ぎ港へ到着し、10時頃から釣り開始。
潮は下り、潮に任せて仕掛けを流してるとまずは35センチくらいのイサキチをゲットです!
今日は頭からイサキ狙いです。
メジナは頭にありません(笑)
仕掛けはハリス2ヒロ半、誘導1ヒロのとこにウキ止めで~す。
ジワジワ入れてガッツーン作戦です。

そして、しばらくたってウキがス~っと消えたんですかさずあわせると竿がギュイーンと満月を描いてますが・・・・・
姿が見えると・・・・・

イエローサブマリン (ブダイ、ハチ・・呼び名はさまざまです)
軽く50オーバーです !

よく1.2号のハリスと閃烈ミドル3号ハリで上がったもんです
この魚・・・食べると凄く美味しいらしいんですが見た目がねぇ・・・
リリースしました(笑)
メジナのデカバンはよくバラスけど、こんな魚は必ず釣ります。
まっこんなもんです(笑)

同行した川越君の釣果はメジナの40弱1枚とトビウオ2匹ゲット、それもデカイ、良型のトビウオ(爆)
トビウオ掛けててそのやり取り見てたら普通、魚は海底に突っ込むのに空高く舞い上がりジャンプしてましたわ さすがトビウオ・・・刺身は最高に美味いですね !
うらやましいwww

結局、暑さに負け、早めの3時には撤収したんですが、私の釣果は35~40のイサキが7枚でした
やった~。満足満足!

今夜の食卓が楽しみです。
来月から鮎釣りに入りますので仲間から強制連行が無い限り磯はしばらくお休
みです(笑)

  • 001

  • 002

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月23日掲載文

清水氏のレポート

三重県志摩(小崎渡船)に釣行

5月19日に、三重県志摩(小崎渡船)に釣行しました。
今回は、刃釣会(小島氏)との急な釣りで私は12時までの釣行です。
当日は、早めに釣り場に着きゆっくり仮眠を取り備えました。
朝5時起床、暫く小島氏と談議していると、小崎渡船の大将がやって来ました…受付を済まし、暫く3人で釣り談議し5時45分頃に出船しました。
5分位で今回乗る千鳥のイカダに到着し小島氏は枯れ島イカダに…
先ずは、タックル準備に取り掛かりました。
竿1.65ライン2号(サンライン、トルネード)針 ヤイバダブルエックス4号…
用意したサシエ、ボケ.オキアミ.丸貝.サナギ.コーン
1投目はオモリ0.8でサシエ(ボケ)での落とし込みワクワクドキドキ着底と同時に当たり、大きく合わせるとフッキングするもチヌではなくキスでした。
その後も、キスキスキスばかり。~
でも、チヌは居た…
開始8時半頃、チヌはやって来ました。広角でサオ2本前方にサシエはコーンでした。着底し暫くじっと待ってると前アタリがあり、その後モゾモゾアタリの大きな所で合わせるとフッキングしました。
姿を見せたのは34センチの本命チヌでした。
その後、チヌはまだ居た…
一枚目をスカリに入れ、また同じ所に落とし込みすると着底と同時モゾモゾアタリ。すかさず合わせるとフッキング、少しやり取りを楽しみ顔を見せたのはサイズ40センチジャストでした。
ヨシヨシと思い、少し落とし込みポイントを変え落とし込みましたが、チヌは居ませんでした。
その後、魚の気配が無くなりダンゴの用意をし、ダンゴに激荒サナギとコーンをアンコに5個ポイント入れ魚の活性を上げようとしましたが、逆に活性が落ちてしまい万事休す…
その後、広角中心攻めましたが、12時の納竿を向かえました。
これからの小崎渡船は…
徐々にチヌの活性が上がり、夏から秋口にかけ最盛期になります。

  • 001

  • 002

  • 003

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月21日掲載文

近藤龍氏のレポート

九十九島クロ狙い釣行

私のホームグラウンド北九十九島では乗っ込みのチヌはほぼ終息を迎えたようで、少しずつクロの釣果が聞こえ始めてきた。先月末に行われた第1回長崎支部懇親釣り大会でもクロの釣果が上がっており、同じエリアにクロ狙いで釣行してみた。
5月8日午前11時石井釣りセンターの船に乗り込み出船。船長に状況をうかがうとコッパグロが多いらしく、その中から足裏サイズを釣らないといけないそうだ。それと粘りも必要とのこと。最近の状況を踏まえると足裏サイズ3匹を釣れば良い方らしい。港から約10分高島にある西泊の磯に上げてもらうことにした。まずは海の様子を観察。するとマキエを撒く前からスズメダイがチラホラ泳いでいる。そこでマキエは遠投が効くように仕上げ次に仕掛けを作る。この一帯はクチブトがメインのためハリはグレリズムもしくはグレスリムの4号をメインに使用する。九十九島ではよく30cmオーバーのクロを釣れば沖磯で釣れる40cmオーバーのクロに匹敵すると言われているため、船長は足裏サイズと言われていたが30cmオーバーのクロを求めて釣り開始。足下にマキエを入れるとやはりスズメダイが群がってきた。しかし、その中にコッパグロも混ざっている。手前に多めのエサ盗り用マキエを入れ沖に仕掛けを遠投して分離して狙ってみる。するとすぐに反応があらわれ足裏サイズのクロをゲット。続けて同じ所でアタリがあったがこれは手のひらサイズ。時間の経過とともにクロの活性が上がってきたようで釣れてくる魚体はきれいなブルー色をしている。しかも浅い層まで食い上がってきているようで水面に波紋ができている。そこでウキ下を浅くして仕掛けを張って待っていると道糸がビューンと走った。この釣り方で手のひらから足裏サイズのクロが釣れ足裏サイズのみキープしていく。夕まずめ待望のそして本日最大の30cmジャストのクロをゲットし19時納竿とした。
九十九島の磯ですが昨年の梅雨時期は40cmオーバーのクロが釣れたと聞いてます。
たまにこういうサイズも飛び出しますし、波も穏やかで足場も比較的良いので足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • 001

  • 002

  • 003

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月21日掲載文

保木弘志氏のレポート

行ってきました 男女群島

釣行日   平成25年5月15日~17日
釣行場所  男女群島
同行者   全磯連  YAIBA-Xファンクラブ
報告者   保木弘志
出船場所は新長崎漁港から出船し、約4時間半で男女群島につきます
出船前、船長に最近のグレの釣果を聞いてみたところ、あまりよくなかったそうです
初日、私たちの磯はホタテ岩という超1級磯らしく、50~60cmの尾長グレが釣れるそうです
その場所は上り潮がいいらしいのですが、私たちが行ったときは下り潮でした
12:00
いざ釣りを開始してみると、下り潮の影響でホタテ岩の裏側に仕掛けが流れてしまい
取り込みが難しく
やむなく、手前の磯際を狙うことしてみたところ
35~45cmの口太、尾長グレが6枚上がり(相方の梅木さんは4枚上げていました)
そこそこの釣果に
18:00
渡船の方が迎えに来て磯代わり
ガメ瀬(?)という場所にうつり、夜用の仕掛けに変えて釣り開始!
一投目から口太、尾長グレの入れ食いでした。
サイズは40~45cmを13枚、梅木さんの方も11枚という二人とも良い釣果!
次の日のためにその日は、22時に就寝
16日の朝、磯代わりで女島のスベリという磯へ
ここらで一発、大物を狙い撃ちと頑張ったのですが、なかなか45cm以上が上がりません
梅木さんと二人苦戦中、そこに同クラブ土佐磯友会会長!保木憲三氏が!(YAIBAフィールドスタッフ)
経験の多い保木憲三氏にお手本を見せていただこうとお願いしたところ
3投目にガツン!とウキが消しこみ、沖のほうにすごいスピードで走っていく!
これは青物だなと確信し、25分もの間バトルを続けた結果
ヤイト(カツオ)を釣り上げた!(6kgクラスでした)
それを見ていた、私たち二人は負けていられないなと頑張ったのですが、45cm以上は上がらず惨敗・・・
夜にまた仕掛けを変更し、1投目
アタリが来た瞬間、これは60以上かと思い意気込んでバトル
上がってくる魚影が、どう見てもグレじゃなく
アオチビキの78cmでした。これにはがっかり
その日は釣果も微妙で、疲れもあり
22時には就寝
最終日AM6:00からスタート
磯は変更なしで女島のスベリ
AM9:00まで粘るが、45以上は結局上がらず断念
3日間でグレが計48枚(35~45cm)という結果に
次こそは45以上を釣るぞ!と今から意気込んでます。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月19日掲載文

芦尾知哉氏のレポート

プチフカセ☆

これからの時期のグレ釣り大会は餌取が多くコッパが主体となるので
トーナメンターの方もよく練習に来られる地元の波止(鳴門市・大浦漁港)へ☆
コッパだからとバカにはできないのが現実!
その1匹が勝敗を決める可能性も高い!
活性があってもエサトリが多く小さな口はなかなか手強いので何の針が良いか状況
チューニングも必要!!
手始めに6月の小豆島大会を想定して対岸でもある大浦漁港はうってつけ!
その釣りにくい状況は全く同じでマキエワークと針が大きく釣果に左右します!
この日は朝10時~2時間半の練習☆
グレは25センチ主体の21~28センチを12匹!
エサトリはオセン、ベラ、クサフグ多数。
コッパグレで針を試すのも勉強になりますよ☆

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月16日掲載文

ササメ土屋氏のレポート

紀東の錦への釣行レポート

釣 行 日:平成25年5月14日(火)
釣行場所:三重県錦
使用渡船:坂口渡船(Tel 0598-73-2654)
対 象 魚:口太グレ、尾長グレ、イサキ
同 行 者:フィールドアドバイザー長谷川英人
報 告 者:ササメ土屋
今回は紀東の錦へ行って来ました。 このエリアでは、冬から現在まで安定して口太グレの40cm~50cm、尾長グレの40cm前後が釣れており、イサキも大型だと40cmクラスが釣れているとの事で、この錦の常連でもあるフィールドアドバイザー長谷川氏と一緒に行って来ました。
大阪から約2時間で行けますし、大型グレも釣れるので、なかなか良いフィールドだと思います。
午前5時に港を出船し、私たちが乗った磯は「双子の西」。良い磯らしいのですが、釣り始めてみると、潮が当て潮で左右にふらついており、魚がなかなか当たって来ません。 そうこうしていると、長谷川氏は1枚、2枚と30cm半ばの口太グレを釣り上げています。
私は、潮が満ち潮から引き潮に変わり、手前のサラシが取れた頃から、やっとポツリポツリと35cmから40cmの口太グレが釣れました。
当日は夕方5時までの釣りで、ラスト2時間くらいが面白い釣りが出来ると言うことでしたので、夕方3時頃から気持ちを入れ直し集中をして釣りをしました。
長谷川氏はこの時間帯から尾長グレのアタリをキャッチし、やり取りをしていましたが、結構型が良さそうなグレの勢いを止める事が出来ず、道糸から切られていましたが、次のアタリで取り込んだのは尾長グレの30cm後半のサイズでした。 その後口太グレの46cmも釣り上げていました。
私もその後、イズスミやサンノジに苦戦をしながらも、大きなアタリでラインブレイクもありましたが、何とかグレを釣ることが出来ました。 トータル二人で15~6尾でしたが、尾長グレが当たる釣り場と言う事で、気の抜けないスリリングな釣りを楽しむことが出来ました。
こちら紀東方面はまだまだグレが釣れるシーズンが続きますので、皆さんもデカバンを狙っていかれてはいかがでしょうか?

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年05月10日掲載文

ササメ土屋氏のレポート

ヤイバ磯祭りin家島 大会下見釣行

釣行日時:平成25年5月7日
釣行場所:兵庫県家島諸島
対 象 魚:チヌ
利用渡船:飾磨渡船(Tel 079-235-0324)
同 行 者:フィールドモニター岡田浩治氏
報 告 者:ササメ土屋
好天に恵まれたゴールデンウィークも終わり、少し落ち着きムードのレジャーフィッシングですが、ささめ針ヤイバ製品愛好家の方々で結成されたチームヤイバ関西では「ヤイバ磯祭りin家島」がいよいよ開催されます。日時は5月12日(日)です。
そこで、今回はその家島諸島に最近のチヌの状況はどんなものなのだろうか!?と気掛かりとなり、フィールドモニター岡田氏と下見釣行をしてきました。
今回の大会でお世話になる飾磨渡船で打合せを行い、午前5時に出船しました。
渡礁した磯は太島の「鷹の爪」。周囲にはシモリや藻が生えており、チヌがいそうな感じの良い磯です。
早速二人で竿を出しましたが、フグとサヨリのエサ取りに若干苦戦をしながら、時間だけが過ぎて行きます。
そして、午前10時すぎ潮が満ちから下げに変わって少し経ったころ、竿1本程の手前のシモリ周りで待望のチヌが私の竿を曲げてくれました。 やり取りを慎重に楽しんで玉網入れをしましたが、40cm位のチヌでした。
その後、すぐにもう一度アタリがあり、やった!と思った瞬間シモリ周りの磯にラインがあたり、痛恨のラインブレイク。
その後は私も岡田氏も頑張りましたがアタリはなく、納竿となりました。
なかなか厳しい釣果となりました。 水温もかなり冷たかったので、チヌの活性が低かったのかもしれません。
5月12日(日)のヤイバ磯祭りin家島に参加をされる皆さん・・・もしかすると厳しい釣りを強いられるかも知れませんが、辛抱強くマキエを撒いて、チヌの顔を見ましょうね! 頑張って下さいね!
そして楽しい表彰式をやりましょう!
それでは、大会当日は皆さんにお会い出来ることを楽しみにしております!
以上、大会下見釣行でした。

  • 001

1 / 212
page top