磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年02月12日掲載文

ササメ土屋氏のレポート

五島列島釣行

釣 行 日:平成25年2月6日
釣行場所:五島列島 椛島
使用渡船:石井釣センター(佐世保)
対 象 魚:グレ
同 行 者:フィールドアドバイザー田中雅彦氏
報 告 者:土屋
久しぶりに五島列島へ行ってきました!
前日には雨が降っていて、少し心配でしたが、出船時間の4時には雨もやみ、寒さも気にする程ではなく、快適な釣りが出来そうな感じです。
1時間半ほど船で走り、椛島へ到着。
次々に釣り人が瀬に渡り、私と今回同行して頂いたアドバイザー田中氏が上った磯は「ガマ瀬」。とても足場の良い磯でした。
磯に渡り、小一時間談笑をしながら夜明けを待ち、うっすらと明るくなったころから、釣り準備に取り掛かります。
今回のタックルは1.5号の竿にウルフライン“道糸”2号、ウルフライン“ハリス”2号、ウキG2、鈎は「閃烈グレ・ミドル5号」を使用しました。
私は田中氏から「好きな所で釣って下さいね!」と言われ、お言葉に甘えて、釣れそうな釣座を選ばさせて頂きました(^-^)
準備も整い、7時頃から釣り開始です。
まずは足元から攻めていこうと、手前のシモリ奥に仕掛を入れていく作戦です。
そして早速の2投目、道糸がバチバチッと弾きだされました!
ドキドキする気持ちを落ち着かせ、竿をため、やり取りに移ろうとした瞬間、シモリに突っ込まれ、あえなく無念のラインブレイク(;´о`)
気を取り直し、足元から出ているシモリ奥を攻めていきます。
それから一時間程はあたりがなく、アジがエサを取り、いやぁ~な雰囲気でしたが、ウキを0号に変え、竿1本程入れ込んで行くと、ウキがす~っと海中に消えて行きました。 そこで合わせてみると、ずっしりとした重量感!
今度はシモリをかわして上ってきたのは40cm程の口太グレでした。
一方、田中氏は私に良く釣れるポイントを譲ってくれ、本人はあまり潮が通っていないところで釣っていて苦戦をされていましたが、それでも後半は40cm後半を頭に、数を稼いでいました。 その辺りの粘りと勝負強さは流石です!
私の方はこの瀬のポイントは遠投ではなく、手前のシモリ周りだと思い、集中してそのポイントを攻めていき、午前中で35cmから最大で46cmまで10匹程釣る事が出来ました。小アジのエサ取りも朝一だけで、後は姿が見えなかったので釣りやすかったです。 午後からは少しアタリが遠のき、5匹数を伸ばして、納竿時間を迎えました。
他の瀬では小アジに苦戦されていたところもあった様ですが、口太グレやたまに尾長グレも混ざって、釣っていた方もいましたので、椛島全体では場所ムラはあるものの、良い瀬に上がればたくさん釣る事が出来る、といったところでしょうか。
グレ釣りシーズンは終盤を迎えていますので、皆さん頑張ってラストスパートをしていきましょう!

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2013年02月12日掲載文

宇留野達幸氏のレポート

下田沖の石取根釣行

3連休中日の2月10日(日)、石取根に釣行しました。さすがに連休、田牛港には大勢の釣り人がいて、こんなに人が集まっている港を見るのも久しぶりです。伊豆半島の釣り場は主に西側にあるので、西風の予報に皆さんこっちに回ってきたのでしょう。
6時半に出港した喜一丸はほどなく石取根に到着し、他船が着くのを待って同時にチャカ付けです。大勢が乗れる大きな磯ですが、荷物を下ろすと同時に皆さんが場所取りに走るので、私はあまり好きな釣り場ではありません。適当に空いている場所に入れてもらうのですが、この日は釣り客が多く、ほとんど場所がありません。裏本場の端に何とか、佐藤氏・会田氏と3人で並んで入れてもらいました。右手には、ハナレに乗った仲間が見えています。風が強まるまでの数時間でも釣りができれば、と撤収覚悟で乗った3人です。
今日の道具仕立ては、1.5号(6.3m)の磯竿に、道糸は2.5号。ウキはF-LOGIC製バーテックスのMサイズ(G2負荷)、針はヤイバグレの7号を結んで始めました。
釣り始めの第一投、足元のハエ根の際に仕掛けを入れて、コマセをかぶせるとウキはゆっくりゆっくりと左に流れていきます。正面から朝陽が海面に照り返してほとんど何も見えません。少し視線をそらして、右から出ているサラシを背景に、道糸の動きを追うようにして仕掛けの場所を確認しながらの釣りです。
道糸とハリスの直結部分にG2を打ち、2ヒロ半のハリスの真ん中にG5を打ってあるので、仕掛けが馴染むとゆっくりとシモって行く仕掛けです。馴染んだ仕掛けを張り気味にしながら流していくと手元にコンコンと手応えがあるので、聞きアワセを入れてみました。
何といきなり魚の手応えです。
手前のハエ根に気をつけながら浮かせた口太メジナはまずまずの型(帰港後に測ると42cm、1.2Kg)。今日の好釣果を予感させるような第一投でした。
第二投も同じところに仕掛けを入れ、同じようにコマセをかぶせて、同じように流していくと、ほぼ同じところで同じようなアタリ。同じ程度の重量感はあったのですが、鋭い引きはなく、上がってきたのはタカノハダイ(><)
その後、しばらくはアタリが遠のき、予報通り風が出てきました。
右からのサラシも強くなり、仕掛けが安定しません。
沖に投げると風で道糸がふけてしまいます。人が多いので動くこともできません。
ハナレにいた3人の仲間も9時過ぎには撤収し、地方の磯に移動しました。
風は強く、サラシは大きくなって、色々いじってみるものの仕掛けは全く落ち着きません。アタリは全くなく、エサもほとんどもられない状態が続きました。
午後になると上りの潮が入り、どんどん速くなってきました。
押し付けてきた潮がそのまま右手のハナレを回り込んで後方へ行ってしまいます。ハナレから出ているサラシの力で何とか仕掛けを沖側にとどめながら釣りをしますが、潮は力強く後方に流れて行きます。水温が高い時期ならもう少し浅いタナで、サラシで一瞬留まるコマセに仕掛けを合わせて勝負できるかも知れないのですが…。
ついにアタリを出すこともできず納竿時間を迎えました。
このところ、そもそも釣りに行けていませんが、偶々行った日も強風や大雨にたたられてロクな釣りができていません。
あまり天候に気を使わずに一日のんびりと釣り糸を垂らしてみたいものです。
釣行データ 2月10日(日)
場 所:石取根 (裏本場)
天 気:晴れ西風強く
渡 船:喜一丸
潮回り:大潮(干潮は午前11時半頃)
水 温:13.5℃前後

  • 001

  • 002

1 / 11
page top