磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2012年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
1 / 11

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年04月25日掲載文

齊藤利之氏のレポート

4月21日に千葉県南房総の富浦沖磯に行ってきました。

4月21日に千葉県南房総の富浦沖磯に行ってきました。
釣行当日は、北風が吹きこの時期にしては少々肌寒い日でした。
午前5時過ぎに共栄渡船にて富浦新港を出港し私が降りた釣り場は、大房岬の南側に位置するブダイ島です。
この島の周囲は、カジメ林やゴロタ石で形成され、点々と有る砂地周辺が
ポイントになり水深も満潮で5m前後と浅い場所ですが、魚影は濃く特に冬~春に
大型のメジナ・クロダイが仕留められています。
釣り開始早々、手のひらサイズのメジナやフグ・ベラ等が釣れてきます。
足元や近距離の根周りあちらこちらと攻めましたが、エサ取りが多く思うような釣果
が出ません。
しからば遠投で勝負と思い、針を閃烈グレライト5号からチヌ・グレ対応で投入時のエサのズレ防止を考慮したフカセ遠投mode2号に結び替え投入です。
1投目から30cm弱のメジナが釣れ型も少々良くなり期待していた数投後です。
強い引きで何度か根に張り付かれ道糸のテンションを緩めたり少々強引なやり取りをしたりしてユラユラとヒラを打って上がってきたのは綺麗なクロダイです。
その後は、メジナの30cmに満たない小型の数釣りでした。今回の釣行では、遠投しても付け餌が取れにくく、メジナ・クロダイ両魚を意識した釣りにはフカセ遠投modeは心強いアイテムだと感じました。
港に戻りクロダイを計測してもらうと43cm、あとメバルと数匹のメジナを食卓用に キープし、港で船長と記念撮影をして帰路に着きました。

  • 001

  • 002

  • 003

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年04月25日掲載文

清水初一氏のレポート

ヤイバダブルエックスチヌのテスト釣行

4月14日に5月に新発売されるヤイバダブルエックスチヌのテスト釣行を、三重県阿児神明の(小崎渡船)でテストしました。当日は、あいにく朝から雨模様です。一番船で、予約をしていたビラ前イカダに3分程で到着しました。当日のタックルは、サオ1・85-小型両軸リールライン3号-ハリダブルエックスチヌ4~5号-オモリ ナシ~5Bでスタートしました。第一投目は、得意の両貝を落とし込んで行くが反応無し、エサを変えボケを落とし込んだが反応無し、暫く当たりの無い時間が過ぎて行き午前中は、フグ一匹を釣り終了しました。昼飯を食べ終わり枯島イカダに乗る小島氏に状況を聞くがサッパリとの事で、午後の部スタートしました。スタート直後当たりがあり合わせを入れるとフグでした。でも、フグの口にはしっかりとハリが、このハリは行けると思いました。その後フグ一匹追加しましたが、これもしっかりとハリ掛かりしていました。それから、イカダの周りを探るが反応すらありません。釣り座に戻り、ダンゴに沖アミを抱き合わせ、ポイントに着底しダンゴが割れ暫くすると、前当たりが出た瞬間にゆっくりと押さえ込みがありました。
合わせを入れるとバッチリ針掛かりし、なかなかの重量感だが一気に巻き上げ、水面に姿を現したのは、完璧な年無し、一発でタモ入れも完了しました。上げたチヌの口にはダブルエックスチヌがバッチリ掛かっていました。その後、ストリンガーにチヌを掛け次を狙いましたが、その後は当たりが出ず。午後5時半に納竿時間を迎えました。
船着場に戻り大将がサイズを計ると56センチ(拓寸56.7)重量は3キロオーバーありました。
今回は、ダブルエックスチヌのテスト釣行でしたが、思わぬ良型で満足し小崎渡船さんを後にしました。次回釣行予定は、4月29日、三重県あご湾の登茂山フィッシングパークさんで行われる刃釣会の例会での釣行です。
次回は例会の報告をします。

  • 001

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年04月24日掲載文

福島義則氏のレポート

『カレイ釣り大会 優勝』

4月22日に復興釣り大会として行われた、G社主催のカレイ船釣り大会 仙台湾大型魚礁会場にて優勝しちゃいました!(嬉しい)

当日は雪シロ水が入り底水温でカレイの喰いが渋く、丁寧な竿操作が要求された。
通常のコズキではなかなか喰って来ず、オモリをゆっくり寝起きさせてやるとアタリが連発したのだった。

優勝インタビューで「使用したハリは?」と聞かれ主催者に気を使って言えませんでしたが、『デルタカレイのS』を使用しました!!

今シーズン初のカレイ釣りで優勝できて超ラッキーな一日でした!

釣果は52匹でした。

  • Image2991

  • Image3001

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年04月23日掲載文

ササメ土屋氏のレポート

淡路島の沼島でのチヌ釣り

釣行日:平成24年4月21日
釣行場所:淡路島 沼島
対象魚:チヌ
渡船:とらや渡船(第七栄光丸)Tel 0799-57-0034
http://www.torayatosen.ecnet.jp
釣行者:フィールドスタッフ山崎憲一、岡田浩治、ささめ針土屋
報告者:土屋

チヌが乗っ込みに入り、よく釣れているとの情報が入ってきましたので、私たちは淡路島の沼島へ行ってきました!

午前5時半に第七栄光丸さんに乗り、ヤカタバエという磯に3人一緒に上げて頂きました。このヤカタバエはチヌはもちろんのこと、真鯛や40cmクラスのグレも釣れるとの事で、なかなかスリリングな磯で期待できそうです。

早速準備をし、6時半ごろから釣り開始。

心配していた雨も1日ずれて、曇りのち晴れ、微風。とても気持ちの良い天気の中での釣りです(^-^)

釣り開始早々、10分も経たないうちに岡田さんが40cmクラスのチヌをいきなりゲット!その後岡田さんは立て続けに3尾釣り上げ、山崎さんも私も少し焦ります(;^_^A

潮が徐々に変わり、次は山崎さんの竿が気持ち良く曲がりチヌを抜きあげました。

羨ましく思いながら私も自分のリズムで釣っていると、私の棒ウキがスーッと海中に引き込まれて行きます。軽く合わせを入れると、いきなり竿先が海中に突っ込む様な走りをみせる魚!!0.8号のチヌ竿で精一杯ためて耐えていましたが、根に入られてビクともしません。ハリスがズリズリ擦られる感触が手に伝わり、the end… 痛恨のバラシです。

山崎さんはその後もチヌを追加して、順調の様です。
気を取り直して、釣りをスタートさせた私に、またしてもド迫力のアタリが…重量感タップリの引きはチヌに間違いありません。しかし、これも竿をタメきれず、2度目のバラシ。

やり取りに自信を失くしそうになった私ですが、ここで諦める訳にはいきません。やり取りの良い練習だと、思い直し果敢に次のアタリを待ちます。

するとまたしても先程と同じような、重量感タップリのアタリが私にやってきました。ここは3度目の正直だ!とばかりに慎重にレバーブレーキを駆使し、体制を立て直し、強気でやり取りをします。そして、多少時間が掛かりましたが、浮いてきたのはグッドサイズのチヌです。何とか玉網に収まり、メジャーをあてると49cm。とてもパワフルでした!

その後は少し気もラクになり、楽しくチヌとやり取りをして2尾追加し、瀬替わりです。
しかし、風が出てきて乗船場所に近い波止で釣りをすることに。
波止とは言え、こちらも真鯛の実績が高いそうで、気が抜けません。
釣りを始めてすぐに山崎さんが竿を大きく曲げています。パワフルな引きで懸命のやり取りをして上がってきたのは40cmクラスのチヌ。サイズの割にはとても元気が良いの沼島のチヌなのか!?
山崎さんは同じポイントでもう1尾追加。

私も00のウキで底を狙っていると、ラインをゆっくり引っ張るアタリ。合わせを入れると、チヌ特有の引きで楽しませてくれました!サイズはこれまた49cm。

今回は50cmオーバーのチヌは見れませんでしたが、3人ともコンスタントにチヌを釣り、14時に納竿としました。

チヌはこれから最盛期を迎えるでしょう。
皆さんのお近くの海でチヌ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

  • 007

  • 008

  • 009

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年04月20日掲載文

南のYO-KO氏のレポート

嬉しい…自己記録更新

週間予報をみると週末は崩れるマークでいっぱいだった。明日だけは晴れマークが…今日は4月17日(火曜日)です。急に決めた釣行ですが渡船は出るのだろうか?午前中に予約連絡を入れると、夕方迄待って折り返し連絡しますとの事で電話を切る。17時30分頃船長からの電話で「明日(18日)は通常の出港でOKですよ」と、ならば即釣り具店に撒き餌解凍の連絡を…20時準備完了で早めに「羊が一匹・羊が二匹・ZZZ…」

4時30分渡船待合所に到着::本日は全員で9名です。もしかしたら、またラッキーディーの予感!船は沖に向かいポイント瀬に近くなるが、うねりが大きい…船長狙い目の瀬上がりはできない状態だった。ほとんどの瀬は波カブリで諦め、風裏/波裏の瀬上がりになりました。もちろん、私達も通常はメジナ狙いでは上がらない瀬に・・しかたない此処で頑張ろう。
仕掛けの準備をしながら際から撒き餌の投入を続ける。そして仕掛け1投::2投目::なんと2投目でウキが消えた。上がってきたのは40cm程のメジナでした。此処にもメジナいるんだ!とほっとした気持ちになった。2尾、3尾とゲットするが4尾目がこなかったのです。潮が止まったようだ。11時ちょっと前時間になっていた。目の前に船が来た…そして、船長の声が「何処か?気分転換に変わりますか?」此処を諦めていた私達は瀬替わりを希望して渡船に乗り込む。船長が波を気にしながら瀬着けしたのは、中島の坊主という処でした。しばらくは釣りができるでしょうと言って、安全を確かめて去って行きました。

船着けの場所が狙い目のようだったので、そこに私が釣り座をとり、専属カメラマンは右側に入った。コッパグレが2~3尾釣れ始めたが、やがて良型サイズに変わってきた。駈け上がる波を気にしながら忙しい釣りが始まったのは12時過ぎだった。専属カメラマンもシャッター切る時間を、忘れたかのように良型メジナを掛けていた。時には強烈な引きに対抗する間もなく、バラシを挟みながら時間を過ごした私達でした。

そして、私にビッグなメジナがヒットしたのは、疲れを感じ始めていた時だった。上げ下げする波の状態に気を使いながら取り込んだのは、52cmのメジナだった「自己記録更新サイズ」重量は2.2kg(後に船長検量)今日の釣果は二人で良型揃いの22尾で終了。前半の時間経過を考えると「すごく嬉しい後半になりました」今日の仕掛けは竿1.5号:道糸1.5号:ハリス1.5号:針ヤイバ遠投ふかせ1.5号:タナは1ヒロ半と、偶然にも同じ1.5の数字で釣り続けた一日でした。宮崎県北での釣行はラッキー釣果の継続中なので気にはなりますが、次回はそろそろ県南の磯を計画しょうかなと思っているYO-KOです。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年04月19日掲載文

永原 清一郎氏のレポート

長崎県上五島白瀬灯台 四畳半

4月14日(土)、釣友の山下さんに誘われ、長崎県県上五島白瀬灯台に釣行する事になった。午前中に準備をすませ、待ち合わせ場所の浦川さんの家に向い荷物を積み込み釣具店まるきん唐津バイパス店に向かった。現地に着き餌さを購入する。今回のマキエはクロがまだ食っていると言う情報だけで、食ってくるタナとかが、まったくわからないので、浅タナから深タナを狙える事を考え、生オキアミ(ツケエ用)3角・ボイル1角・マルキューのグレパワーV9を2袋・遠投ふかせTRを2袋用意する。ツケエは生オキアミ・くわせオキアミ半ボイルM・剥き身・サシアミを用意した。今回の釣行メンバー9人そろったので、今回お世話になる丸宮釣センターに向かう。車で走ること2時間、ようやく到着し荷物を船に載せPM6:00出港し上五島白瀬灯台に向かう。薄暗くなった頃、ようやく白瀬灯台に到着した。

山下さんの指示にしたがい、瀬上がりペアーを決め、私は1人で四畳半に瀬上がりする事になった。瀬に上がりし早速夜釣りの仕掛けを作りマキエを練り、釣り始める。潮が手前にあたり、右や左にダラダラ流れる潮で良くない状況だ。

タナを色々と替えてみるがアタリがない。釣り始めて2時間、ようやく餌さ取りが1匹釣れた。少し潮も変わり右沖に行きだしたので、チャンスと思い集中して狙ってみる。すると、ゆっくりとウキが沈んで行き合わせてみると、竿が弓なりに曲がり、かなりの大物だ。根に入られないように、慎重にやりとりしタモにおさめる事が出来た。51cmの腹パンパン口太グレだった。それから、11時半近くまで、ねばってみたけど眠さに負け安全第一を考え、睡眠をとることにした。
2日目、AM5時に起き、アルポットでお湯を沸かし、カップラーメンとおにぎりを食べ、仕掛けを作り直す。ようやく薄明るくなり、釣りを再開する。釣り始めて3投目、仕掛けがなじんだウキが沈み始めた時、ウキが勢いよく沈んだ。合わせを入れると、半端じゃない手ごたえ。バラさないようにやり取りし、ようやく姿が見えた。50cmはゆうに超えている茶グレ尾長だ。タモを取りすくうタイミングを狙っていると、一気に沈み根に突っ込もうとしたとたん痛恨のバラシ、ちもとで切れていた。それから気を取り直し狙ってみるが、ツケエも取られない状況が続いた。

干潮を向かえ、本命の上げ潮を狙うため、仕掛けを変える。上げ潮に変わり、ようやく潮が沖に緩やかだけど流れ始めた。マキエを打ち状況を確かめると、下の方でようやくグレらしい魚影が確認できた。仕掛けを入れ狙ってみるが、ツケエが取られない。タナを徐々に浅くし攻めてみると、やっと40cm近い口太グレを取ることが出来た。それから6匹ぐらい追加し大物を狙うため、遠投し沖の潮を攻めてみると、狙い的中、1投目で強烈なアタリ。バラさないように注意しタモに収める。

立派な49cmの尾長グレだ。それから近いサイズを1匹追加し(大物を2回バラシ)潮が変わり、イサキモードに変わってしまった。でも型の良いサイズなので、満足できた。PM2時半、納竿の時間を迎えた。今回の反省は、朝マズメにバラしてしまった茶グレ尾長だ。悔しいので近々リベンジに行きたいと思う。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年04月18日掲載文

峯祥久氏のレポート

八丈島遠征釣行記

今シーズン3回目の八丈遠征は総勢7名と大世帯。磯釣りは危険と隣り合わせの遊びなので初心者にはマナーの指導と安全に対する注意や怖かった体験談を話すようにしている。今回の遠征は転勤者の送別会を兼ねての実施で、初八丈が4名もおりトラブル発生など、心配していたが無事何事もなく終える事ができ、正直ホッとしています。

私の八丈での釣りは現地釣り宿のもろこやさんの完璧なサポートによって成り立っている。宿泊は勿論、渡船、餌、島での移動に使う車に弁当、ちょっとした道具のメンテ、それから重要なのが情報収集、最近ではマッサージの手配まで御願いしています。商売とはいえ、きめ細かで親切な対応には、いつも脱帽させられます。ありがとうございました。

八丈でのタックルは尾長60cmオーバーを想定し、竿はG社アテンダーⅡ2.25-50、リールはD社3000LBD、仕掛けは道糸サスペンドタイプの4号、5号、ハリスは4号、5号、ウキはグレックスプラスのトーナメント・プロ観LL 00号,藤原ウキ離島スペシャル0号、針はささめ針のヤイバ尾長グレリズム(オキアミ)8号、9号、10号です。それから重要なのは撒き餌と撒餌杓です。八丈では沖の潮目やガンガン流れる潮の中で良型尾長が喰ってきます。私は八丈では仕掛けも撒き餌もポイントにダイレクトに投入するのが釣果UPにつながると考えます。撒き餌は固めに練り上げることに、遠投の効く杓を使用することです。私は我らの親分(渡辺名人)が自作しグレックスプラスから販売されている武士(もののふ)杓を使用しております。この杓の飛距離は凄いです。向かい風が釣り座となる場所の多い八丈小島では必需品となっております。また撒き餌は抜群の集魚力と遠投性を持ち備えたツリマンのスーパー遠投グレ、スーパー全層グレをその日の状況に合わせてブレンドしております。

最近の私の八丈小島での尾長の釣りでの留意点は①安全な釣り場の選択②バランスの良いタックル③.基本は遠投釣り④ポイントを見つけダイレクト投入⑤仕掛けを張ってアタリをとる⑥ウキは基本0ウキ⑦激流釣り以外では鉛は打たない⑧掛けた魚はソフトなやり取りで怒らせない⑨時合を逃がさない早い手返し⑩釣り場は上がった時よりも綺麗にして帰る
そんなことを実践して(やれてない項目もありますが!!)、今回の釣果は以下の通りです。
初日(13日)の釣りは、朝1便で八丈入りしたため2番船(10時出船)で小島へ、平日とあって1級ポイントもガラ空き状態、色々と検討した結果、みんなで上がれる中根に決めたものの、ウネリが大きく渡礁を断念しセオズコウに上がりました。釣果は小型のグレが数枚の貧果+大型外道のバラシ数発のみでした。

2日目(14日)は時化予報で小島を断念し本島のヨコツカ、コカンヌシでの釣りとなる。釣果は35~45cmの尾長が爆釣し2時間程でアイスボックスが満杯、以後は全てリリース私の釣果はコカンヌシで同サイズの尾長を10枚程と連続2回のバラシの後に仕留めた4キロのヤイト鰹、午後から波が高くなりヨコツカに磯代わりして今回の遠征で最大の尾長グレ54cmと45cm以下の尾長や外道がヤイト鰹で痛めた右腕を更に虐めてくれました。

3日目(15日)は同行者の願いを聞き入れ、柳の下のドジョウ狙いでヨコツカに再度渡礁、40cm前後の口太数枚と多数のイズスミと残念な貧果に終わりました。八丈での釣りは潮、天候で喰いが大きく変わります。経験豊富なもろこやさんのアドバイスを貰って決めるべきだったと反省しております。
以上今回の八丈遠征でしたが、私以外の6名には大満足して貰ったので80点かな・・・?

今回お世話になったお店の紹介
八丈島でNO.1の釣り宿 もろこや
住所 〒100-1511東京都八丈島八丈町三根1167-13
TEL 04996-2-5230

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年04月12日掲載文

南のYO-KO氏のレポート

初めての磯:宮崎県南 鳥島

4月6日:急に決めた釣行でした。行ったのは「初めての磯・鳥島」TEAM
YAIBA 宮崎の川崎会員と一緒に竿を並べる予定でしたが、上がり瀬が小さいので2組に分かれての瀬上がりになりました。

此処「鳥島」は、食べ物を海水で洗って食べる事で有名な野生猿が沢山いる島(幸島)の隣島になります。暖かくなると陸続きの瀬に時折お猿さんが現れる事も多いそうです。

川崎会員の予約で上がった瀬は「横瀬」という足場の良い処でした。2便で現れた川崎会員が私達の瀬に寄り、釣り座と仕掛けを流すポイントを教えて、自分の上がり瀬に向かいました。私達も準備を済ませ7時30分頃から釣り開始です。

う~んアタリが無い、エサも取られない、おまけに強風の中であて汐です。間は過ぎ去り9時を回った時、かすかなウキの変化に合わせた竿は小さな円を描いた。あしの裏サイズの口太グレが釣れた。それからが長い沈黙の時間だった。今ですか…15時を回りましたね。エサは時々無くなりますが、アタリが解りません::困った時の棒ウキに変えました。針も小さめの遠投フカセ1号に、結果はすぐに!

小さなアタリを大きな動きで教えてくれた棒ウキ00号は、1ヒロ半の針に移動間隔50cmの半誘導仕掛けです。撒き餌を打ち少し遅れ気味に、ノーガンの仕掛けを投入::ウキは消えた。
やりとりの結果で勝利したのは42cmの良型だった。それから40・足の裏サイズを数尾を揃えました。釣り開始からの時間の経過は、本日は「マルガリータ」を覚悟していましたからね。後半の時あいに釣れたことで嬉しかったです。

「マルガリータ=坊主(悲)」

専属カメラマンも800~足の裏サイズを数尾釣っていました。強い風の一日でしたが、天候は快晴::アングルを考えてその瞬間をカメラに納めていました。
今日は釣れ始めた時間に3種の針を使ってみました。遠投フカセ・閃烈ミドル・ヒネリの緑色、サイズはいずれも小さめを::結果は画像でバッチリ。すっぽ抜けも無く見事にグレの口元を貫いていました。

初めて磯でしたが終わり良ければ、本日も楽しい一日になりました。今日の納竿が18時だった事に救われたようです。いつもの納竿時間だったら、時あいは過ごせなかったのですからね。帰りに山頂が「此処は釣れ始めるのが遅いからね。。と、解っている釣り人はお昼近くから来る人も多いとの事」なるほどね?とわかったような…気持ちになりながら港を後にしました。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

1 / 11
page top