磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年03月14日掲載文

近藤龍氏のレポート

九十九島の乗っ込みチヌ

私のホームグランドの1つである九十九島では乗っこみチヌが釣れ始めたようで、さっそく釣行してみました。
3月7日朝6時半に港を出て最初に上がった場所は水子島のハナレ。ここは目の前に真珠イカダが設置してあり、いかにもチヌが好みそうなポイントだ。しかし釣り始めに多めのマキエを入れ、チヌを集めようとマキエを入れ続けながら釣りをしているとエサ盗りが出現。浅いタナでマキエを拾っていて確認すると、なんとこの時期に九十九島の湾内ではめずらしいコッパグロの群れ。底付近をいい感じで流れていたウキが消し込むも手のひらから30cmまでのクロ。ツケエサを練りエサやコーンなどに変えるてみたが反応はなく瀬替わりしました。
次に上がった場所は過去に数回上がったことのある上キナギ島。ポイントはだいたい分かっていたので集中してそこにマキエを入れる。アラカブ、メバルとアタリが続きその後沈黙。そして2時間後ようやく本命のアタリ。ほとんど流れていなかった潮がゆっくりと左沖に流れだした。合わせも決まりやりとりを楽しんでタモに収めたのは45cmオーバーのチヌ。立て続けにアタリ。ゆっくり待って竿先までアタリが伝わったところで合わせを入れたのだが空振り。その後、本命からのアタリは遠ざかり夕まずめ。期待していたがアジの群れが入ってきてどうすることもできず納竿としました。

  • 001

  • 002

  • 003

page top