磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年09月19日掲載文

フィールドモニター矢野昌俊氏のレポート

ダブルエックスチヌに助けられたチヌ釣り

去る9月2日(土)。自宅から車で10分の位置にある、福岡県福津市の「津屋崎漁港」にチヌ釣りに出掛けてみた。「津屋崎漁港」は、チヌ、メイタ、キス、アジ、サヨリ、カレイ等が狙える人気の釣り場。季節を問わず、多くの釣り人が訪れている。ただし、ここは全般的に浅いので満潮前後が狙い目となる。

 

準備方々、水深を計ると5メートル。円錐ウキのB号の半遊動仕掛けを組み上げた。風を考慮して、湾内に釣り座を構えた。まず、海況を確認すべく足元にマキエを入れるとすぐに15センチ位の大群が出てきた。厳しい釣りになることを予想しつつ、マキエワークと針でフグを交わすことを考える。

 

針は、「YAIBA-Xダブルエックスチヌ3号」をチョイス。3号という大きな針を使用することによって、大きいオキアミを付けることができ、餌盗りを交わし、チヌに対して、強くエサのアピールをしたいと考えた。

 

エサ取り分断を開始して約30分。潮が良い感じで左に行っており、その流れに乗せて仕掛けを入れてみると、円錐ウキが心地よく海中へ。首を振るチヌ特有の引きを楽しみながらヤリトリし、海面を割ったのは43センチの本命・チヌであった。その後も25センチのメイタを釣り上げたところで、マキエもなくなり釣り終了。約4時間の短時間の釣りであったが、試行錯誤しながらも知恵を絞り、釣果を手にした時の喜びは、チヌ釣りの醍醐味。「YAIBA-Xダブルエックスチヌ3号」に助けられた近場でのチヌ釣りであった。

 

「津屋崎漁港」は、福岡市中心街からも車で60分。チヌ釣りファンには必見の近場の釣り場である。ヤイバファンの皆様もぜひ一度、行かれてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

*本日のタックル

 

ハ リ:YAIBA-Xダブルエックスチヌ3号

サ オ:磯竿06-53

リール:2500番

ウキ :円錐ウキ B号

ライン:1.5号

ハリス:1.5号

 

*取材協力

つり天狗ヤナイ 0940-42-3245

IMG_2803 IMG_2799 IMG_2783

page top