磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年03月31日掲載文

宇留野達幸氏のレポート

神子元島釣行レポート

メジナ釣りのシーズンなのに悪天候や家の行事などが続いて1カ月以上釣りに行くことができず、イライラが募っていたところ、クラブの仲間の土井氏から連絡があり、3月22日(土)に久々に釣りに行くことができました。
風は治まってきたもののウネリが残って少々荒れ気味の中、行く先には神子元島を選びました。
連休なのに客が少ない神子元丸は、少々揺れながら神子元島に到着すると、「アンドロ」、「江の口の奥」、「塀下」に順次釣り人を降ろし、残る5人ほどが本場の1号と2号に散らばりました。土井氏と私は1号のワンドまで歩き、ワンドの出口付近にチャランボを打ち込みました。昨年春のクラブの例会で土井氏と2人で、まさにこの場所で良い釣りをした時のことなどを話しながら釣り支度をしました。
今日のタックルは、磯竿1.5号(6.3m)に道糸2.5号、ハリスは2.5~2.75号を使用。ウキはF-LOGIC製フォースの5B負荷のものを選んで、針はヤイバグレの7号で始めました。
海が荒れているのでチャランボは波を被っています。こんな日はワンドの奥も面白そうなのですが、8時を過ぎて潮が下げ始める頃には段々と波も静まってきて、10時過ぎには前に出られるのではないかと想定し、磯際より少し下がった場所から釣りを開始しました。
下りの潮を予想していたのですが、ほとんど潮は動かず、左右からのサラシで仕掛けはもみくちゃにされるだけ。道糸もウキも目で確認することが難しい状態です。
そうこうする内に重々しい手応えがありましたが、上がってきたのは良型(?)のタカノハダイ。最初の魚がコイツだと、潮が悪いんだなあと、釣り人のテンションは下がります。が、そうこうしている内に30cm前後の口太が掛かり始めました。小さい割には良く引いてくれます。前に出てタモを出すのも煩わしいので、全部引き抜きます。
その内にやっと40cmをわずかに超える程度のメジナが釣れました。これも寄せてくるウネリに合わせて引き抜きましたが、上げてみると尾長です。良く引いてくれました。
満潮の時間帯を過ぎてもウネリは一向に治まらず、それどころか南っ気の風が出てきて更にウネリは強くなってくる感じです。外向きの釣り座に見切りをつけてワンドの奥に入ることにしました。
しかし、エサはとられるもののアタリは出ず、今日は不発に終わりました。
12時頃からやっと潮が動きだし、ワンドの外では魚が釣れ出したようですが、私はおびただしい数のカモメをワンドに呼び寄せてしまい、何とか鳥を釣らないようにビクビクしながら、結局魚も釣れませんでした。
久々の魚釣り。大漁とはいきませんでしたが、なんとか食べる分の魚を持って帰ることができました。
もう3月も終わり。河津桜は既に終わっていますが、今は大寒桜がほぼ満開。もうすぐソメイヨシノが咲きはじめそうです。
メジナは産卵シーズンで食いが悪かったのでしょうか。もうすぐ、イサキやタカベが釣れ始めます。
釣行データ 3月22日(土)
場 所:神子元島(本場1号)
天 候:晴れ
渡 船:神子元丸
潮回り:小潮(満潮:午前8時頃)

  • 001

  • 002

  • 003

page top