磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年04月09日掲載文

八次秀樹氏のレポート

長崎の大角力への釣行レポート

平成26年も4月に入りフェイスブックやブログなど良型チヌの釣果でにぎわっている中、長崎の大角力に出かけてみた。
親切船長のアドバイスを聞いて、渡してもらったのは、「ベチャ」というポイント、高場から瀬廻りを見渡してみると、目の前に大きく広がったハエ根が気になるが、立ち位置の調整でなんとか、かわせそうである、脚元にまきえさをまいて観察してみると、すぐに、餌捕りが集まりだした、しかし何やら黒い大きな魚影が数匹見える、クロやチヌではなさそうだが、なんだろう?
気にはなるが、本命とは違うと判断し、やや潮下に仕掛けを流してみる、-000浮力のウキでゆっくり沈めていくが、付け餌が残ったままだ、数投ごとに、沖や手前を流してみるものの本命らしきアタリはないまま、数時間が経過、得た情報と言えば、沖には沈みがあるのか?中層でべらが喰ってくる、手前は深くて、付け餌が残る確率が多いという事、潮が変化すれば、沖で喰ってきそうな気配である、その後下げ潮が強まり、はっきりとした流れが出てきた!
そこで、ハリスにガンだまを追加し、針をケイムラチヌに変更したところ、今日初めてのアタリがキタ!!やったと思い、瀬の間でやりとりを開始したが、すんなり浮き、まるまるイサキで、拍子抜け、しかし針と潮がもたらした結果に今後期待が持てる。ふたたびイサキと40センチ超えのウマズラハギとおいしい魚が続き、やや棚を変えるべく、ウキの浮力を00号に交換し、流してみると、手前の方で、今日一番のアタリがキタ!脚元のハエ根の際であったため、強引にうかせようとするが、なかなか浮いてこない、このずっしり感は、チヌに違いないく、慎重かつ、強気で竿をさばき、タモに納める事が出来た!満足の一尾であった、潮どきとはよく言ったもので今がチャンスの時、再び同ポイントを攻めて、さらに一尾追加することができた、やがていい潮も止まり、あらかぶやべらと遊んでもらい、夕方5:00に納竿とし、写真撮影後チヌをリリースして迎えの船に乗り込んだのであった。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

page top