磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年05月29日掲載文

フィールドアドバイザー新谷一二氏のレポート

ヤイバ磯祭りin紀伊長島で優勝しました!

平成29年5月21日(日)、三重県大紀町紀伊長島の磯一帯で「ヤイバ磯祭りin紀伊長島」に参加してきました。

今回担当が三重と奈良支部でスタッフの方に挨拶を済ませ、私は受付けの手伝いをさせていただきました。

ヤイバ関西が何かイベントをすると晴天が続きます。今回も日中は真夏のような天気でした。

朝3時30分から受付スタートです。今日の参加者は77名で審査対象は規定寸法無しののグレ5匹の総重量です。

一般の方がクジを引き残りをスタッフが引き、私は28番で、「ポーター」とのことで「一栄丸渡船」のB船に奈良支部の古澤君とポーターを担当しました。

お世話になる渡船は「石倉渡船」「一栄丸渡船」と各2船づつで4船に選手を乗せて朝5時に港をいざ出発!

今回の撒き餌は、オキアミ3k1枚とアミエビ4k1袋に集魚剤は「つりまん」のピンポイントグレ1袋と遠投パン粉1袋を「エサ市場」さんにてブレンドしてきました。アミエビを入れると表層にエサ取りを集めてサシ餌を残すことができます。アミエビは解凍すると汁が出てほとんど水を入れなくても撒き餌が粘りが出てまとまります。一度試してください!

渡礁したのが5時30分、競技開始は6時からで納竿12時、6時間の勝負です。

今日上がった磯は「八瀬の5番」一人での渡礁で初めての磯でした。磯の周りはシモリだらけで棚が深いと良型が来たら取れない感じだと思いました。

 仕掛けは、朝一番は竿は「ヤイバ」のウルフKYOUGI1号5m、道糸1.5号ハリス1.2号を2ヒロ、ウキは「グレックス+」の観RのサイズSのG4、ウキゴムは、「グレックス+」のアポロの赤色、そのすぐ下にガン玉G4を1個打ち、針は「ヤイバ」のプロフェッショナルライトの4号です。10mぐらいのところに撒き餌を打ち一投目から釣れたのはオセンです。

少し遠投気味で20mぐらいのところに仕掛けを入れ撒き餌をウキから潮上に竿1本分ぐらいずらし流すといきなり40cmぐらいのグレが釣れ、また同じところを攻めると強烈な奴がきました。あえなくチモトで切られてバラシです。またまた同じところで今度は高切れ(涙) 1号竿では歯が立たなくその後は竿「ヤイバ」のウルフTYPEⅠ1.25号5m、道糸1.75号ハリス1.75号を1.7~1.5ヒロ、針は「ヤイバ」プロフェッショナル6号に変え再チャレンジ! 基本私はハリスにはガン玉は打ちません。 (たまには打つ場合もありますが)

その後は、30mぐらいの遠投に変えますが、またもシモリに入りぶち切ってきます。今度は撒き餌をウキと合わせすぎるとアイゴが食ってきます。やっぱりウキから撒き餌を3~5mずらせ何とか23cm~40cmを4枚を追加をし規定の5枚を揃えましたが、イマイチサイズが小さいので10時を回ったぐらいからサシ餌が残りだし食いが渋くなり針を「ヤイバ」のケイムラ6号に変えると再び食いが蘇り28cm~35cmを3枚追加し、結果8枚を釣ることができ、競技終了時間の12時が来て小さいサイズの2枚をリリースし6枚をキーパーに入れて帰港しました。

帰港後グレ5枚を検量に出すと3,520gで優勝することができファイナルへの参加権利をいただきました。

担当スタッフの方々本当にご苦労様でした。

やっぱりヤイバ関西は盛り上がってますね~楽しい一日でした。ありがとうございました。

フィールドアドバイザー 新谷一二

page top