磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年05月17日掲載文

フィールドアドバイザー宇留野達幸氏のレポート

下流のクラブ例会で優勝しました!!

5月度の月例会も4月と同じ下流(したる)になりました。

西の強風+波高3mの予報だったのですが西風に強い下流なら何とかなるだろうとやって来たものです。

沖の磯には渡礁不可能なので、私は西風に強い「岡トーリツのハナレ」を選びました。潮回りは長若後の中潮で、朝の9時半過ぎが干潮です。

6.3mの磯竿に道糸2号、ハリスは2.25号を使用。ウキはF-LOGIC製のバーテックス(Mサイズ、0負荷)を選んで、針はいつも通り最初はヤイバヒネリグレの6号で様子見です。

 

左後方からの強風で仕掛けは右沖に流されていきますが、沖からのウネリに押されて左に戻され、潮の方向が良くわかりません。また海上には白い泡が帯状に流れていて逆光線と相まってウキが非常に見えにくい状況です。

それでもポツポツとメジナが掛かってきました。30cm前後のリリースサイズばかりですが魚の活性は良いようです。針が飲まれていることが多かったので、ヤイバグレの7号に換えました。

 

根の際を中心に攻めていると釣れるメジナの型が少し良くなりましたが、風とウネリで仕掛けが安定しません。

ウキを2B負荷のものに変更してガン玉を打ち、ハリスの真ん中にもジンタンを追加して、針も自重のある閃烈グレ(ヘビー)の8号に変更しました。

暫くするとやっと38cmぐらいのメジナが釣れ、これでボーズを逃れてホッと一息です。

メジナに混じって釣れてくるのはウミタナゴやフグ、ベラにアイゴなど。魚の活性が良いのは有難いですが、エサ盗りも活発でした。

 

9時頃になると随分と潮が下げましたが、若干風が緩んで釣りがし易くなりました。沖の根際に仕掛けを遠投し、その少し手前にコマセを撒いて暫くするとウキがスーッと入りました。アワセを入れるとかなりの手応えです。最初はあまり大きな抵抗もなかったのですが、途中から急に重たくなったのでこれは大きな魚だと判断し、右のハエ根に行かれないように磯の左端に移動してやり取りを開始しました。かなりの重量感があり、竿は満月状にしなっています。

竿さばきで魚の走りをいなしながら少しずつ浮かせようとするのですが、なかなか浮いてきてくれません。漸く足元近くに寄ってきた奴はまだその姿を見せませんが、かなりの良型には間違いありません。ブダイか何かでなければ良いのですが…。

更に暫くやり取りを続けてやっとの思いで浮いてきたのはクロダイでしたが、黒とかいぶし銀と言うよりは茶色っぽい魚体をしていました。

磯の上に引き上げた玉網に収まっている魚の唇には閃烈グレの8号がガッチリと掛かっていました。

 

その後だんだんと風が強くなり、やがてゴーゴーと唸りをあげて吹き付けるようになってきました。油断していると身体が動きます。気が付くと隣の「中トーリツ」にいた佐藤氏が撤収しています。私は暫く釣りを続けましたが、風はどんどん強くなってきて、ロッドケースが飛ばされて足元に転がってきました。

ここで私も諦め、まだお昼前でしたが船長を呼んで撤収しました。

港に戻ると他にも早上がりした仲間がいて、いつものように馬鹿話をしながら残りの皆が上がってくるのを待ちました。

検寸の結果、私のクロダイは51cmあり、今年度に入って2度目の例会優勝を果たすことができました。

 

 

釣行データ 5月7日(日)

場 所:南伊豆 下流(岡トーリツのハナレ)

天 候:曇り

渡 船:坂下丸

潮回り:中潮(干潮:午前9時半過ぎ頃)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

page top