磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年04月25日掲載文

フィールドモニター大谷智代氏のレポート

沖ノ島でのグレ釣り☆

 2017年3月5日(日)

ご無沙汰しております。高知支部の大谷です。

さて、年が明けて1ヶ月が過ぎましたが、寒グレ狙いで、皆様、磯釣行に出られていることと思いますが、ワタクシは何かとゴタゴタ続きで、竿を持つ間がなかなかありませんでした((+_+))

 ※1月22日に中泊にて仲間内の大会には一応参加しましたが、全くのボウズだったので、 釣行に    は入れていませ~ん\(◎o◎)/!

  (大三角の奥の奥に4名で上げてもらいましたが、生体反応ゼロで終わりました)

・・・というわけで、仲間3名に飛び入り参加する形で、沖ノ島に行って参りました~(*^。^*)

いつもの島一渡船さんにお世話になり、この時期、口太が入れ食いになる確率が非常に高い「ムロバエ」廻りでの釣行です。

期待をして乗船するも、あいにくの大風((+_+))前途多難ムロバエが近くなり、船のスピードが落ちてくるとかなりのウネリを感じるように・・・((+_+)) 前途多難((+_+))

宿泊組が6名全員ムロバエに下りましたので、ワタクシを含め4名は大ナダレにそろって渡礁(#^.^#)

ゆっくり仕掛けと撒き餌を作っている頃に干潮(#^.^#)

4人がそれぞれわかれて竿を出します(#^.^#)ワタクシはといいますと、ウネリもあり、下に降りて行くのは危ないと感じ、西向きの高場から言い訳程度に糸を垂らしております(#^.^#)

すると、大ナダレの一番下に下りていた方の竿が曲がり、顔を現したのは50センチ越えのサンノジ~\(◎o◎)/!

しかし、潮が満ちてくると、4人での大ナダレは窮屈になり、お弁当船で2名が移動することとなりました。ここに粘っても、良い事はなさそうと思い、ワタクシは移動組に入りました~(#^.^#)

この移動が釣果的には成功となりました(#^.^#)

正面にムロバエが小さく見えるヨロイバエに同行者1名と共に上がりました(#^.^#)

ここは、ムロや大ナダレ程、風もウネリも気になりません。流れもあり釣りやすそうです。

初めての磯で、ポイントが分からないので、とりあえず手前から攻めてみます!(^^)!

すると~~~~3投目ほどで、ウキがゆっくり入り~~~軽く合わし~~~

一気に巻き上げると~~~上がってきたのは、30センチを少し超えたアカハタ~(*^。^*)

本日の本命ではないですし、大きさも微妙ですが、おいしいお魚だし、一匹目だし、もちろんキープ(*^。^*)

それからは、沖のシモリの手前から魚が出てくるポイントがあることが分かり、集中して攻めると、

小さめですが、本命のグレが釣れ出しました!(^^)!

 

投入場所さえ分かれば、簡単簡単~!(^^)!一投ごとにウキが入ります!(^^)!

フグやカワハギ、スズメダイなどのエサ取りが湧いているのか、空振りも多いですが、様々な魚たちに楽しませてもらいました!(^^)!

 

終わってみると、グレ3枚(~39cm)、イサギ2枚、アカハタ1枚という結果でした。同行者の方も同じぐらいの釣果です。大きさには少し不満かな~((+_+))

アイゴ、キツ、オジサン、サンノジ、小バンドウ、ベラ・・・・などはリリース!(^^)!

 

満潮前頃から、流れがゆるくなり、あたりが遠のきましたので、少し早いですが、満足して納竿と致しました~(#^.^#)

仕掛けは磯竿:1.5号、5.3m、リール:レバーブレーキ2500番、ウキ:2B、道糸:ヤイバウルフライン2.5号、ハリス:ヤイバウルフラインハリス2.5号、ハリ:ヤイバグレ(茶)7号で通しました。

 

これからは釣りの時間も取れそうですので、もっともっと頑張ります~(*^。^*)

DSC_0842 DSC_0839 DSC_0844

page top