磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年04月11日掲載文

フィールドモニター山崎義定氏のレポート

南九十九島へチヌ釣り釣行

4月初旬、乗っ込みチヌを求めて南九十九島にチヌ釣りへ行ってきました。

瀬上がりした場所は中蛇島。目の前には幼少期より釣りに通っていた大崎の防波堤があります。船長の話ではあまり釣れていないらしく、厳しいとの事。目の前のイカダ付近をポイントとして、しばらくマキエを撒いてから釣り開始です。

 1投目、2投目とアタリはなく、オキアミもそのまま帰ってきました。そこでツケエのローテーションで狙いを変えていくと練りエサで初めてのアタリがあり、40cm程のチヌが釣れました。それからはマキエが効いてきたのか、アタリがありますがなかなか食い込みません。そこで、練り餌を平らにつけ、ヒラヒラと落としてみると、道糸が走り49cmのチヌをゲット。この時のハリは、閃刀チヌ・ミドル・2号で、このパターンで40弱のチヌをもう一尾追加しました。

 その後、満潮を迎えるとまた、アタリが出始めました。しかし、朝同様なかなか食い込まずかなり渋いようです。そこで、ハリを細軸の軽量チヌ2号へ変更し、もっとゆっくりとヒラヒラと落ちるよう演出してみると、今日一のアタリが来ました。しかし、デカバンのチヌは逃げ場を知っている様で、浅瀬の方に向かって一直線。どうにか走りを止めようと応戦しましたが、瀬に当って痛恨のバラシ。今日一のアタリだっただけにガッカリです。しかし、このヒラヒラ作戦が正解だったのか、その後42cmのチヌを追加して納竿としました。

 

使用鈎:閃刀チヌ ミドル 2号・軽量チヌ 2号

IMG_2797 IMG_2798 IMG_2800

page top