磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年03月24日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

二日連荘の南九十九島釣行!

3月の中旬に2日連荘でチヌ釣りに行ってきました。

 

初日は長崎県佐世保市の南九十九島のオジカ瀬というところに瀬上がりしました。最近の南九十九島はあまり釣れていないらしく、当日も朝から冷え込んでおり、寒チヌ特有の厳しい釣りになる事が予想されました。

 

頼もしい相棒の「遠投フカセモードオキアミカラー」の2号をセットし、最初にオキアミを付け仕掛けを入れます。足元の撒き餌には動きの鈍いスズメダイと型のいいメバルが反応しています。

 

アタリがなく仕掛けを回収してみると、オキアミがありません。2投目、またアタリが無く回収すると、オキアミはなく針の塗装部分に魚の噛み跡がついていました。エサ取りとは思いますが、思ったより魚の反応は良さそうであることを、針が教えてくれました。

 

足元の撒き餌には、深いところでコッパグロが反応しているのが見えました。相変わらずオキアミは残らない、コッパグロも参戦しているのでしょう。そこで練り餌に替えて3投目でアタリが、35cm程のメイタが釣れました。充分に食わせたつもりでしたが、くち

 

びるの皮一枚に針がかりしていました。ヤイバの針の鋭さに助けられました。さらに一時間後に30cm程のメイタが釣れましたが、これまた皮一枚でした。それから2時間後に今までとは違う引きがきました。なかなか浮いてこず手前にあるオーバーハングの下に入

 

ろうとします。なんとか浮かせて取り込んだのは45cm程のチヌ、サイズに似合わずよく引きました。その後、35cm程のメイタを追加し、初日を終えました。

 

二日目は佐世保市の北九十九島に行きました。港から20分ほどの足場のよい磯でした。今日も「遠投フカセモードオキアミカラー」の2号をセット、練り餌をつけ仕掛けを投入。一投目でアタリ、上がってきたのはマダイのこどもでした。その後30分ほどしてアタリ

 

今度は中々の引きで上がってきたのは40cmオーバーのチヌでした。早々の釣果に今日はいけそうな予感がします。すると一時間後にまたアタリ、今度は重量感たっぷりの引きで、上がってきたのは丸々と太った年無しチヌです。その後、40cmオーバーを3枚追加し納竿、久しぶりの釣果に大満足です。

 

今回、食いが渋いにも関わらず針外れは一度もありませんでした。改めてヤイバの針に感謝する釣りとなりました。

初日 2日目

page top