磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2017年03月22日掲載文

フィールドモニター岡崎真也氏のレポート

寒グレ終盤戦

3月中旬、寒グレシーズンも終盤となり、食い渋りが続いている状況の中、ホームグラウンドの南紀地磯釣行となりました。天候は快晴、海況は穏やかで絶好の釣り日和です。

この時期は午後からの方が釣果に恵まれることが多いので、ゆっくり釣り場へ向かいました。釣り場に着くと、先行者がいたので手前のポイントで様子をみることにします。仕掛けは45cmオーバーを視野に入れ、道糸2.5号、ハリス2号でG2のウキをセット、ハリは閃列グレ6号、タナは4ヒロから始めます。ポイントは磯際中心に攻めていきますが、案の定、刺しエサが無傷で戻ってきます。タナを少しずつ深く探っていきますが、結果は同じ。すると、先行者が釣りを止めポイントが空いたので移動することにしました。潮はゆっくり当てながら右方向へ流れています。仕掛けの馴染みが悪いので、B仕掛けに変更し、針を新発売のヤイバグレ(ケイムラ)7号をセットします。潮が少し前に出たタイミングでウキがモゾ~と押さえた当たりがあり、一呼吸於いて合わせてやると久々の重量感が手に伝わってきます。上がってきたのは40cm弱のグレでした。次第に潮が速く流れ、食いそうなポイントから外れてしまうので、SウキB→Mウキ3Bに変更してタナを1本半→2本弱へ深くします。潮の壁に入り、仕掛けが馴染むとウキがモゾ~と入ります。すかさず合わせてやると、先程と同サイズですが、腹ボテの寒グレです。「旨そうだ!」言葉に出てしまうほどの魚体です。連発を狙いますが、結局2尾で納竿となりました。しかし、寒グレらしい魚が見えたので満足です。また、今回使用したヤイバグレ(ケイムラ)が強い味方になってくれたことは言うまでもありません。皆様も食い渋った時や目先を変えたい時に一度使ってみて下さい。良い釣果に繋がるかもしれません。

o0480062313892286293 o0480036013892288862 o0480026613887538576

page top