磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年12月21日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

寒グロ間近の大分県南釣行

大分県南の磯(米水津)の瀬渡し船「政進丸」の船長から「寒グロがボチボチ食い始めましたよ!」との嬉しいお言葉が… 行くしかあるまい!と、クラブ員4名(福盛・馬場・梅崎君)で気合い100%で行ってきました。

 当日は、北西風が爆風となって吹き荒れていましたが、来たからには気合いしかないな!と、夜が明けるまで、みんなで磯宴会をして冷えた身体を暖めた。夜が明け始めた6時30分頃から、各自マキエ、仕掛け作りをした。6時頃から竿出しをした。朝一のクロの活性に来たい十分である。今回使用する針は、YAIBAの釣闘競技の6号です。返しが付いて無くて強風下等で、針が衣服等に刺さっても容易に外すことが出来るのが、私的には嬉しいですし、釣ったクロを外すのも素早く出来ます。また、返しは無いのですが、クロを掛けてからの途中の針外れは、今までありません。

 竿出ししてしばらくは、ツケエも無くならない状況でした。試行錯誤の連続で、潜っていく潮に追い打ちマキエを合わせて、途中で張って当たりを待つ釣りをやっていたら、いきなり強烈な竿引きの当たりがでました。ふとしたタイミングで食ってくるのでしょう?!40㎝ほどの地グロ、尾長グロが続けて食ってきました。これだ!と、同様の攻め方をしますが、後が続かずツケエが残ってきました。「釣りって難しいなぁー!」と常々思います。だからこそ、クロ釣りに夢中にさせられるのでしょう!

 これから水温低下でクロも脂が乗ってきます。難しい時期に入ります。美味しい寒グロを捕るために、これからも試行錯誤の日々を過ごしたいと思います。

page top