磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年10月24日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

平戸、宮之浦 クロ狙い

 秋磯シーズン到来。ということで10月11日クロ狙いに平戸、宮ノ浦に行ってきました。朝5時半、丸宮釣りセンターから出船。当日は北東の風が強く波の高さ2.5メートル。運よく尾上の西側が空いていたので船をつけてもらいました。1級ポイントの南西のカドは波がはい上がっているので、できるだけ風裏となる南側に釣り座を構えました。

 

 朝まづめ、針は尾長も想定して閃烈グレ6号を結び釣り開始。足下にマキエを入れて海の中を観察するとスズメダイが見える。少し沖に仕掛けを投入して様子を見てみるとツケエサがなくなっていた。そこでさらに沖を狙ってみる。すると仕掛けがなじんですぐに、ウキが勢いよく消し込んだ。上がってきたのは30cm級の尾長。同じパターンで足裏サイズもゲット。しかし、長くは続かずツケエサだけ盗られるようになった。足下に入れ続けているマキエに目をやると、ものすごい数のアジ子。沖に撒いたマキエにもピチャピチャと小魚が海面でザワついていた。もしかしてと思いウキにアタリがあっても合わせを入れずゆっくり回収してみるとアジ子が針掛かり。沖にもアジ子がいるようだ。

 

 そこで、まずはツケエサをボイル、むき身と変更した。次に仕掛けの投入点を潮下、潮上、沖、手前といろいろ試しながら30cmオーバーを数尾キープ。

 

 しかし、サラシと風に道糸をとられなかなか思うように仕掛けを投入、操作することができず14時納竿としました。

 

 10月に入り宮ノ浦一帯では40cmオーバーの尾長、クチブト、良型のイサキも釣れていて釣果も上向いてきているようです。しかし、まだまだエサ盗りが活発なのでエサ盗り対策も忘れず釣行してみてはいかがでしょうか。

DSCN4440 DSCN4442 DSCN4444 DSCN4447

page top