磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年07月31日掲載文

深江進太朗氏のレポート

釣行記7月21日

7月21日に、所属している釣りクラブの田中会長と久田さんと私の三人で、夏チヌ釣りに行ってきました。場所は大村湾、長崎県東彼杵郡川棚町の「丸波止」を選択、ここ数日は、日中の暑さも激しくなってきているので、早朝から昼前(10時前後)までと事前に決めて集合場所に向かいました。

エサは撒き餌としてオキアミ3kgに3.5kgの集魚材を1.5袋混ぜ込み、付け餌はオキアミ生、ハード系加工オキアミのLサイズ、練り餌の三種類を用意しました。
二人と待ち合わせ、釣り場に付くと先行者は誰も居ません。海の状況は大村湾らしくベタ凪で、時折涼しい風が吹きベストコンディションです。満潮は午前6時、釣り座から右に向かって流れています。沖に向かって左から、久田さん、田中会長、一番の潮下に私が入りました。

水面には所々でバシャバシャと魚が跳ねており、魚の活性は高そうです。手前に撒き餌を撒くと、コノシロの群れが確認でき、あとは小さなイワシがチラホラ見える程度でした。遠投時に重宝しているダブルエックスチヌ2号をセットし、手前にエサ取り用の撒き餌を撒きながら、30m先に狙いを定め釣り開始です。

ファーストヒットは、流石は田中会長、2投目で25cmのチヌをゲット、続いて久田さんも同サイズのチヌをゲットされました。 遅れをとり焦っている私を尻目に、田中会長は25cm~45cmを連発させ、久田さんも40cmオーバーをヒットさせておられました。 私の方もアタリはあるのですがアワセる事ができずにいましたが針のサイズを1号に替えた直後にヒット、その後は20cm~30cmのサイズのチヌをコンスタントに釣ることができましたが、時間が経つにつれボラが大量に寄りはじめ、時折針がかりもするようになってきました。

撒き餌ワークと付けエサを練り餌中心に変更し、何とかチヌの層に付けエサを届けさせることで釣果を挙げることができました。 そのうち、ジリジリと日差しが強くなり始め、時間も10時になり納竿としました。終わってみれば、4時間程の釣行で3人で24枚のチヌを釣り上げ40cmクラスも混じり、非常に楽しい釣りとなりました。

磯の清掃時には足元に50cmクラスの魚影も確認でき、次回の釣行も非常に楽しみです。 皆さんも、熱中症にはくれぐれも注意しながら、夏チヌ釣りを楽しまれてはいかがでしょうか。

  • 001

  • 002

  • 003

page top