磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月14日掲載文

フィールドアドバイザー大西与志夫氏のレポート

和歌山県由良町三尾川 山口渡船

産卵期も終盤を迎えた6月11日、和歌山県の三尾川へ釣行しました。

朝の1番船で向かったのは沖の筏群。早速釣り始めて状況を確認してみると、エサ取りが活発で、オキアミがかすめ取られていきます。

サシエサをローテーションしながら打ち返しを続け、竿下のポイントにダンゴを入れていくこと約2時間。サナギのサシエサで穂先が押さえ込むアタリがでて35cmをタモ入れ。

それからはチヌの気配が濃くなってきますが、依然エサ取りが元気で、なかなかチヌの口までサシエサが届かきません。それでも釣り方を変化させながら立体的にダンゴポイントと、その周囲を釣り分けているとチヌアタリが出ます。

潮が飛ぶ場面もあり苦戦を強いられましたが、納竿までにチヌ35cm~46cmまでを3尾の釣果。サシエサはサナギとオキアミでした。

今後、三尾川では産後のチヌが釣れだしてきて、エサ取りも更に活発になってくると思われ、面白い釣りが出来そうな感じです。

三尾川02 三尾川03 三尾川01

page top