磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年06月06日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

九十九島のチヌ狙い

 6月2日、朝からかなりの強風で外海でのクロ釣りを断念。こんな時は九十九島の湾内に行けばどこかしら竿を出せるので昼前からの釣行を決定。クロを狙うか、チヌを狙うかで迷っていたが真鯛も釣れるかもということでチヌ釣りに。鹿町町にある梅田釣りセンターに電話を入れて状況を聞くと、今年はサバ子がどこにでもいて難しいかもとのこと。練餌ならなんとかなるかもしれないと思い多めに練餌を持って行くことにした。

 

 11時港を出て風裏となる藤葛根島に上げてもらった。ここは今年、真鯛の大型がよく釣れているところらしくバラしも度々あるそうです。まずは仕掛けを作る前にマキエを多めに入れて、それから仕掛け作りにとりかかる。ハリはヤイバダンゴチヌ2号を結ぶ。

 

 1投目。ツケエサはオキアミ。すると浅いタナで反応があり、ハリ掛かりしてきたのはやっぱりサバ子。すぐに練餌に切り替える。しかしマキエの中に仕掛けを投入するとサバ子にやられるので、マキエとずらしてやると仕掛けがなじんだぐらいでラインが走るアタリ。合わせを入れるとチヌ特有のコクコクという引き。タモに収めたのは45cmのチヌ。同じやり方で狙っていくとまたしてもアタリをとらえた。今度はさらに強い引きをみせるので時間をかけてやりとりをする。上がってきたのは53cmのチヌ。さらにアタリをとらえた。なんとこれで3連チャン。計測すると51cm。欲をだして4連チャンを狙ったがさすがにそう甘くなかった。時計を見ると釣り始めてから1時間。なかなか味わうことができない体験をさせてくれた。

 

 その後、真鯛の40cm弱を2匹とチヌの40cmオーバーを1匹追加して18時納竿とした。

 

 今回釣行した九十九島の鹿町エリアは船長の話通りサバ子の猛攻がすごかった。釣行する際には練餌を忘れずに。そして練餌を使用する際は、ぜひ1度ヤイバダンゴチヌを使ってみてはいかがでしょうか。

DSC_1862 DSC_1868 DSC_1872

page top