磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年04月01日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

九十九島のチヌ釣り

3月26日、またまた長崎県佐世保市の九十九島にチヌ釣りに行ってきました。

 

先々週に引き続き竹内商店さんにお世話になり着いた磯は「梅ヶ瀬戸」、桂島の東にある磯

で、その名の通り100m先向かいに他の島があり、水道となっておりその中を釣ること

 

になります。チヌ竿1号、道糸1.75号、ハリス1.5号、浮き000号、に遠投フカセモードオキアミカラー2号をセットしました。

 

見た目から潮が速く走り、撒き餌を溜めるのが難しそうだなと思いながら7時に釣り開始

撒き餌を十分に先打ちした後に、練り餌を付け仕掛けを投入、撒き餌を追い打ちしアタリ

 

を待ちます。2,3投してもアタリはなく、同行している田中さんの方に目をやると、強い引きとやりとりされていましたが、間もなくハリス切れ、多分良型のマダイだろうとの

 

こと。また、幾度かチヌらしきアタリあったらしく、アタリがあったのはオキアミということだったので、私もオキアミを付け餌に仕掛けを投入。

 

すると、中層付近でラインに変化が、アタリと確信しアワセを入れるとズシリとした重量感が伝わってきます。たまらない瞬間ですね。その後も強い引きで楽しませてくれます。

 

取り込むと50cmを超える魚体で喜びもひとしおです。しかし、お腹はペチャンコでしたので、乗っ込み後だったかもしれません。

 

下げ潮に変わり当て潮となり更に風が正面から吹き付けます。この中で同行の田中さんは3枚のチヌを釣り上げておられました。

 

田中さんの潮下の釣り座に入らせてもらい釣り開始、相変わらず田中さんはコンスタントにチヌを釣られております。釣り方を聞くと付けエサはオキアミ、練り餌の両方で当たっ

 

ているが、アタリが出にくいので仕掛けを張り小さいアタリを竿先で取っているとの事、道糸に緩みを持たせラインでアタリを待っていた私は、当然のごとくアタリをとれていな

 

かったのでしょう。さっそくその通りにすると、来ました竿先を少し抑えるだけの小さなアタリが!少し竿を立て訊いてみるとグンと強いアタリ、40cm程のチヌをキャッチすることができました。その後4枚のチヌを追加し13時に納竿としました。

 

余談ではありますが、水道となっているこの釣り場は頻繁に船が通り、45分毎に観光船

の大きな船も通りました。

 

しかし不思議と船が通った後にアタリがあることが多く、撒き餌や付け餌に何らかの変化を与え、チヌの食い気を高めていたのでしょう。

 

何はともあれ、私の釣果6枚、田中さんの釣果8枚の計14枚のチヌが上がり、魚体には乗っ込みに入っている兆候も見られ、九十九島のチヌ釣りは乗っ込み本番突入といった感じです。

page top