磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年04月01日掲載文

フィールドモニター井上賢一氏のレポート

春の陽気にビックチヌ到来!

桜の開花宣言、春到来の3月26日に那智勝浦・清丸渡船さんに釣行してきました。

この日は1Dayトーナメントをしようと企画、18名が集まりワイワイと交流してきました。

  渡礁したのは伝五郎高場、湾内でチヌが有名な磯で、過去にも年無しサイズを捕獲した経験があります。

と、言っても今日はグレ釣りの集いなので、グレを釣ろうと【閃烈グレミドル4号】をチョイス。

遠近両方を攻め、貴重なアタリを確実にフッキング、信頼する針のチョイスに食い渋るグレを掛けていきます。

潮が止まり、グレの気配が遠のいたタイミングで、チヌを狙おうかとタックルチェンジ(笑)

絶対的信頼の【遠投モード】に針を替え、シモリの際にポイントを作るべくコマセを大量投入し、サシエを底付近までゆっくりと沈下させること集中します。

生のオキアミに何らかの反応があり、食い込みが浅いのを期に、サシエを剥き身にチェンジ。

一投目からチヌ独特のじわっとウキが馴染む、生命反応のシグナルが。

道糸を張り、聞きアワセをした瞬間、底モノと思わせるような重量級の魚信!!

ハリスが1.2号なのでテンションを最小限に、魚を沖に誘導し、格闘すること約5分、タモ枠を大きく越える年無しにビックリでした。

お隣磯の釣友からも年ナシと解かる大きさだったようで、歓声をいただきました(笑)

その後、釣り座を移動。

2匹目のドウジョウならず、チヌを求めて同様に探ると、またもドスン!!

重量感抜群の魚信をたっぷりと堪能した、価値ある釣行となりました。

アタリを確実にモノにする、遠投モードの強さ・針掛かりの素晴らしさを再認識、これからも信頼する針として愛着がわいた釣行となりました。

page top