磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年03月16日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

九十九島チヌ釣り釣行

3月13日にチヌ釣りに行ってきました。

長崎県佐世保市鹿子前町の瀬渡し「竹内商店」から朝6時に出船し、南九十九島「おおぶか」という磯に渡りました。

30メートル先に養殖イカダがあり、磯名のとおり水深が竿三本ほどありそうな深場です。養殖イカダの手前5メートルほどに撒き餌を20杯ほど入れ最初はオキアミをエサに仕掛けを投入しました。

道糸1.5号、ハリス1.5号、針・遠投ふかせモードオキアミカラー2号、ウキ00号に板鉛を張ったものを使用し、ガン玉5号を3段打ちし、ベタ底狙いです。

海の状況は、左奥から右手前を抜ける潮が速く撒き餌と仕掛けの同調に苦労します。

時折、カサゴが食ってきて付け餌は底に届いてるのを確認できましたが、本命のアタリはありません。

釣り始めてから一時間半ほどして、同行していた田中さんにヒット、良型のようで慎重にやり取りをされ見事47センチ1.8kgのチヌを釣り上げられました。ハリス1号で練り餌で釣ったとの事、さすがです。

田中さんに場所を交代してもらい、ハリスを落とすことにしましたが1号は自信がないので1.25号に変更しました。

海の状況は先程の場所とは違い、潮は緩く時間をおいて右に左に変化します。ウキを00号の板鉛なしに交換し、仕掛けにもガン玉を打たず練り餌の重さだけで仕掛けを沈めました。

釣り座を交代して30分後、先程の私の釣り座でまたもや田中さんにヒット、1尾目よりもはるかに強い引き、良型のチヌを期待しましたが、50センチオーバーのマダイでした。

私の方も動きがありました。波とは違う道糸の微妙な張りが見られたので本アタリを待ちましたが、それ以上の張りがみられません。しびれを切らしアワセを入れると、何かが針がかりしました。竿を叩く引きにチヌと確信、上がってきたのは35センチほどで、型のわりには元気で良く引きました。

なんとかボウズを免れ安堵したものの、すぐに二枚目を釣るべく魚を散らさないように撒き餌を撒きました。

しばらくアタリはなく、足元に潮が上がってきていたため、高台に移動しました。その際、仕掛けは入れたままで道糸を緩めながら高台に上がったのですが、道糸を確認すると張りができています。もしかするとと思い、竿をゆっくりあげてみましたが、エサが外れているらしく軽かったので、仕掛けを回収してみると、なんと針から5センチほどのハリスがちぢれており、チヌが噛んだ後がついていました。

チヌがいることを確信し、仕掛けを投入、しばらくすると道糸が僅かに引っ張られました。

すこし間を置き合わせると針がかりし、1尾目と同型のチヌがつれました。

ハリスを噛んだチヌはこれよりも型が良いと思われたため、すぐさま撒き餌と仕掛けを投入し、しばらくしてまたもや渋いアタリがありアワセを入れると、今度は先程よりも重量感がある引き、上がってきたのは42センチ程のチヌでした。これから連発するかと思いきや、それ以降ばったりとアタリはなくなりそのまま納竿となりました。

 

今回釣行した長崎県南九十九島は、まだまだ乗っ込み本番とはなっていないようで、チヌの食い気が出たときにいかに釣るかが大切だと実感させられました。

page top