磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年03月07日掲載文

フィールドアドバイザー齊藤利之氏のレポート

南伊豆大瀬釣行

南伊豆大瀬の沖磯へ行って来ました。

 

   西風が強いのかと思われたが、風もさほど強くならずに一日釣りやすい状況でした。

   大瀬沖磯の中では大きく牛ヶ瀬先端部の石廊崎向きで釣りを始めました。

   前日まで水温が下がったと聞き、状況は渋めなのかと判断し釣り始めの

   セッティングは、ハリス1.5号に針は、ヤイバプロフェッショナルグレ(ライト)   4号をセットし釣り始めました。

エサも取られず一時間ほど経過しやがて潮が満ちてきて足元を波が洗いはじめたので釣り座を少し移動しました。

今度の釣り座は、右からのサラシが強い為、針をプロフェッショナルグレ(ミドル)5号に変更して仕切り直しです。しかし一向にエサも取られない状況が続きました。

10時を過ぎた頃に潮が引き始め沖のシモリがうっすらと確認出来たのでシモリ周りを探るとようやくアタリです。取り込み終えたメジナは38cmで青く綺麗な魚体です。再度同じ場所を流すとウキがじわじわと沈んでいき目視が出来なくなった所で合わせると、重量感たっぷりの引きで慎重に寄せて幾度かの足元への突っ込みを耐え取り込んだメジナは46.9cmとでっぷり太ったとても嬉しい1匹でした。

   その後納竿まで、35cm~39cmのメジナを3枚追加して終了しました。   今回使用した針はプロフェッショナル2号~5号までをチョイスしました。

そして釣り上げたメジナの中には上唇1枚に掛かる魚もいて、まだまだ水温が安定しない渋い時期です、魚との接点が一番近いハリは重要だと思います。      その時こそササメ針が威力を発揮しますよ~

page top