磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年02月18日掲載文

フィールドモニター樫原勝由氏のレポート

2016年度 第一回男女群島釣行記

徳島の樫原です、こんにちは。

 

1月30日出しの、備前鳥島便が悪天候で半日ずらし

31日午前5時出し4万5千円コースです

谷町九丁目だと、かなり良いコースです。

 

2月19日から八釣会での、釣行がありますので

何時もの如く気持ちが楽です。

 

朝から竿を出せるので、昼釣りモードからです。

今回は、4人での予定でしたが、3人での釣行となりました。

メンバーの池田君が、男女デビューです。

男女群島の楽しみ方は、一ヶ月程前から始まり

道具のチェックなどをしているだけで、

脈拍数が、確実に少し上がっています。

 

で、昨年一緒に釣行したT氏と3人での、スタート

です、ハイエースの後ろで、ごろ寝が出来るので

次の運転の為、仮眠を取ろうと、うたた寝してた頃

前が騒がしく、耳に詰めていたテッシュを抜きとりますと、燃料Eベタです、山口後半、夜中で小さい宇佐美は、閉まっています。

 

九州に入る前に、高速を降りて、三件目でエネオスが明いていて、ギリギリセーフでした。

 

池やんと、T氏は初対面で、釣り話、又道具の自慢話に、ついついT氏の太短い右足にも、力が入り

燃料計を見落としていたのです。

 

今回は、7百キロの道のりを、余裕をもって8時間とっていたので、午前3時すぎに、無事

あじか磯釣りセンターに着きました。

 

雨の中、4時から荷物の積み込み、今回は少なく

17名でブラックヘラクレス前田船長での釣行です

身体に響き渡る、どすこいエキゾーストノートと

平戸の風裏で心地好い振動、やがては爆睡に。

 

コマツV12爆音エンジンが、スローになり

 男島、真浦立神3番の前で、池やんとツーショット、やはり西磯は無理でした。

中之島  吉田の4番に3人で上がりましたが、         夜釣りは、少し窮屈なので、T氏は、一人は

 恐ろしいと言いますので、それでは私が残りましょうになりました。                                                                                  この磯では、朝から夕方まで口太が、ボチボチ釣れました。

 

昼、竿マスターモデルMH、ライン2、5号

ハリス2、5~4号、針、ササメサイト尾長ヘビー6号~8号

夜、竿インターライン3号、ライン6号

ハリス6号から、たまにメタル3号30センチ

針、ササメナイトライダー10号~11号

 

私一人になり夕マズメは、尾長のゴールデンタイム

になり、しりもちを着くアタリがありましたが、バラシました、直結下の鉛の所でぷっつりです

ゴムコーティングに変えました。

その後、アタリは単発になり晩酌タイムは簡単なものにしました、明日の夜は、池やんたちに、豚バラキムチ風鍋をご馳走するからです。

 

ここの磯はホタテの水道になり、一人で巨尾長の

タモ入れ中、転落したら確実に、あの世行きです。

 

娘の顔が浮かび、危険を避ける為、焼酎の湯割りの濃いやつを飲み

ふらふらで、寝袋に入り意識不明になっていたところ、右胸を二回叩かれました。

 

私一人のはずなのに?気がつけば雨が降ってます

ある意味、お化けが助けてくれた様なものです

そのまま寝ていれば、低体温症になったかも。

 

午前2時、風もひどくなりカッパは荷物積み込み後

船内に残しましたので、安物のコウモリ傘を出しますが、突風で壊れ使い物になりません、午前5時の

見回りまで過酷な時間を過ごしました

おまけに銀マットも飛んでしまい、明日の夜は安眠不確定となりました。

男女群島では、このくらいの事、へでもありません

 

朝マズメに、照準を合わせていて、体調万全でないので夜釣りは、ひかえました。

 

夕方のじゃんけんで、私に優先権があり3人全体の

釣り体制を考えると、両潮釣りにくいので、一晩だけ    分かれる判断をしました。

ええかっこう言いますが、この磯はナナマルが出る  確率があります、私もスケベ心がありました。

 

初めて池やんとの、男女夜釣りは明日にしました

夕方磯変わりの時、T氏に段取り教えて貰いよと

声をかけますが、返事が暗かった様です。

 

しかし、クロキ島シケシラズのハナレで雨の中、池やんに夜グロ入れ食いタイムがあり、結果的に良かった様です。

 

1日の昼、合流後、ご機嫌な池やんを見て安心しました、又私がロクマル不発で余計に笑顔でした。

 

そして女島、地の平瀬に3人上がり広く釣り座を構え夕マズメにかけ、池やんと私は沖の平瀬よりの

ポイントを探しコンスタントに釣りました。

夜中はアタリなくデナータイム後、たまに竿を出しますが、なかなかアタリません、

 

そんな夜中フェラーリホーンが聞こえて来ます、

ここは男女なのにと、磯上の方に上がって行くと

ミスターT氏が寝袋で爆睡中、途中暴れ馬の悲鳴の如くヘェラーリホーンとのコンビネーション

0、1トン以上軽くあるのでと、

ミスターT氏何時も、いらわせて頂き有り難う、

池やんと感心しつつ、朝マズメを迎えました。

 

朝マズメは尾長ボチボチに、大サバが回っていて

サメもついてしまい終了となりました。

T氏も尾長56センチが釣れて良かったです

帰りの道中、気が楽になりました。

 

写真左前の、沖の赤瀬は白波が上がっていました。

 

釣果は、池やんと口太尾長30センチ位の一夜干し級から50センチ オーバーまでと、53センチ位の

 大サバを7匹で共に大型クーラー満杯でした。

 

毎回ですが、夜中徳島に帰り朝迄に、魚の下処理

道具の洗濯を終わらせ、2時間睡眠を取り

宴会の仕込みをします。

これが、男の遊びと仕事と確信しています。

 

お陰様で、居酒屋春団治お得意様グレしゃぶコース

4日間満席で、次回の予約もして頂きました。

 

この度も、前田船長、安全な釣行お世話になりました。

あじかの奥さんお土産有り難う御座いました。

 

長々とお付き合い、有り難う御座いました。

page top