磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年01月25日掲載文

フィールドアドバイザー大木朗氏のレポート

TEAM YAIBAメンバー達と!

チームヤイバ静岡支部および神奈川支部のメンバー7名にて

1月23日(土)南伊豆:大瀬に行ってきました。

少々遅れたがこの日が2016年の初釣りとなりました。

この時期の伊豆半島全般は西の季節風に悩まされるが、

大瀬の磯では多少の西風でもどこかで竿を出すことが出来ます。

ところが当日は予想に反して北東の風6m~8m。

さらに数十年に一度という大寒波の予報となっていました。

出船直後、船内の水温系は14.1°。

静岡支部の石綿さん、神奈川支部の足立さんとで

「カンムリ」という細長い磯に渡礁となりました。

隣にある「平島」と「マタカネ」によって構成されている水道を釣ることになり、

船長によれば南側の船付で良型が出ると言うことなので

石綿さんと足立さんは並んで船付で、わたしは先端部に釣座を構えました。

曇り空により光量の少なさが気になり〔喰わせグレ/ケイムラ:4号〕にて釣りを開始。

2投目で30cmほどの口太メジナを掛けたがその後はエサ捕りのフグによる猛攻。

強さを増してきた東の風。風とは反対方向に流れる早い潮になったところで〔渋グレ:3号〕に。

軽い仕掛けでは入っていかないので3Bウキに替えると微かなアタリを捉えるが

違和感なのか喰い込まずフグとは明らかに違く残った刺しエサが帰ってきた。

そこで登場させたのは超小粒4Bウキ。ハリス1.5号に〔グレ小鈎・送り呑ませ:3号〕。

先端部から7m~8m沖にある沈み根の脇でウキが勢い良く消し込まれ、

慎重に引き寄せたのは41.5cmの口太。同様に30cm後半が連続でヒット。

ここで足立さんに釣座を譲り最も丘寄りで竿を出すが

ポツリポツリと木っ端メジナで終わってしまった。

港に戻れば「牛が瀬」に渡っていた静岡支部の藤田将之さんは

43cmを手にニッコニコの笑顔であった。

page top