磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2016年01月19日掲載文

フィールドモニター山崎義定氏のレポート

五島列島での初釣りレポート

1月9日、10日五島列島の下五島へ初釣りに行ってきました。1日目は富江の大クジラへ瀬上がりです。竿出し時間が2時間程しかありませんが、まずは今年の安全釣行、大漁祈願のお神酒を上げ釣り開始です。

 仕掛けは7mのハリスに0号のウキを通した仕掛けとし、ハリは閃烈グレミドルの5号をセットしています。潮は左から右に流れており、まずは潮の中を釣ってみるとアタリがないままエサが取られていました。数投しても同じなので、ウキ止めを付けてタナを調整しながら釣っていくと誘導幅半ピロでアタリがあり、今年1匹目のクロをゲット。サイズは32、3センチ程ですが初ヒットがクロだったのでピース。すぐに2匹目も釣れましたが、2匹ともハリを飲んでいたので少しずつウキ止めを動かしてタナを微調整。すると、しっかりと上唇をハリが捕らえるようになり、数匹追加したところで1日目は終了となった。

 2日目は大瀬崎の下のオゴ瀬に瀬上がりです。前日同様の仕掛けで釣り始めてみるとさっそくアタリがあり、さっそく来たか!と、合わせを入れますが竿に乗りません。昨日より喰いが渋い?と考え、ハリをヤイバ口太グレリズムの5号へ変更です。合わせもウキが入ったらすう~っと竿で聞いてみてみるとゴン!と竿に乗ってくるようになり、このパターンで35㎝前後をポツポツとキープ。

潮が下げに変わると左へ潮が流れるようになり、魚の食い気も上がったため、ハリを閃烈グレミドルの6号へ、ウキも00のウキを潮の中に入れ込みながら釣っていくパターンへ変更。するとバチバチ!と糸走りのアタリが連発。ハリもしっかりとジゴクや上唇を捕らえています。後はサイズアップ!と、仕掛けの投入位置やタイミングをずらしたりしてみますが同じサイズばかりで、納竿時間まで1時間を切りました。

すると干潮までまだ時間があるのにいままで左に流れていた潮が右へと流れ始めエサが残ってきました。時間的にもこの1投がラストチャンスと集中して流していくと今日一のアタリが来ました。合わせるとグーン竿に乗り、竿を絞り込んできます。慎重に浮かしタモに収まったのは42cmのオナガでヨッシャー!とガッツポーズ。その後、また35㎝程が当たってきたため納竿とした。

今回、魚の活性に合わせてハリの変更をできた事が釣果へと繋がり、初釣り大成功となりました。

page top