磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年12月25日掲載文

フィールドモニター塩地利郎氏のレポート

2015 FRIEND CUP 決勝レポート

2015 FRIENDS CUP 決勝が12月20日に石廊崎で行われました。

フレンズカップは関東地区、東海地区から日本一のトーナメンターを合言葉に、釣り技術の向上と釣り人相互の親睦を図る事を目的としています。決勝大会への出場者は8名で、マンツーマン対戦で1回戦、2回戦、決勝共に45分ハーフで行われます。海の状況が悪く規定寸は20㎝以上のグレの総重量で争われ、20㎝以上のグレが釣れない場合、先掛けルールが採用されました。

私も選手として出場し抽選番号は3番、1回戦の対戦選手は嶋田選手となりました、釣り場は大根でタックルは竿06号、道糸1.2号、ハリス1.5号、ウキはトーナメントv1の00-3、針は闘釣競技の5号使用、午前7時に試合開始、磯際を攻めるとすぐに当たるも3連続ベラで、少し際から離すと一気にウキが消し込まれ25㎝クラスのグレを釣り先行します前半は3匹のグレをキープして釣り場交代です、すると1投目からウキが消し込まれ25㎝クラスをキープすると3連続ヒットするも、エサ取りの活性も高く苦戦します。1回戦目は10匹のグレ(1905g)対0匹で勝利し、2回戦目の船に乗り込む、勝ち上がって来たのは柳生選手、嶽本選手、遊作選手で、全員が私の作っている海希ウキの愛用者(お客様)で、1回戦勝利を称えあい2回戦目の磯に向かいます、セバマに私と柳生選手と対戦になります。

2人とも初めて乗る磯で高いところから磯の周りを見ると多くの沈み根が点在して期待できそうな釣り場で、柳生は右側、私は左側に釣り座を取り10時に試合開始3投目で15㎝のグレを釣り先掛けを宣言する、後半戦も合わせ、この1匹で終り私の勝利が決まる、決勝戦の対戦相手は嶽本選手でどの試合でも爆発的に釣果を伸ばしている強敵です。大会本部で用意いて頂いた、オキアミ3㎏、配合餌2袋、ハードの付け餌を頂き、混ぜ合わせる、じゃんけんで負けて沖向きに釣り座を取る、1回戦と同じ仕掛け全遊動で挑むことにするが横殴りの風が気になる、開始2投目位で嶽本選手の先掛けを宣言される、私も4投目にキーパーを取り追いつき、磯際をメインに攻め10匹のメジナをキープ、嶽本選手は3匹をキープし、釣り座交代し風裏の船付けに釣り座を取るがスズメダイのエサ取りが多く、3投で断念、風向かいの移るとすぐに当たるがカワハギ、風に苦戦しながら5匹のメジナを追加して試合終了、嶽本2匹のメジナを追加して、私は15匹で3770g嶽本選手は5匹で1320gで私のうれしい優勝が決まり、第1回大会の優勝者の生田選手と来年の名人戦対決が確定した。

ヤイバさん協賛各社様ありがとうございました、この場をお借りしてお礼申し上げます。

役員様、選手の皆様お疲れ様でした。

page top