磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年12月25日掲載文

フィールドモニター田代智之氏のレポート

鶴見釣行

そろそろ寒グロの声が聞こえてきてもおかしくはない状況なんですが、今年はかなり遅れているようです。しかし、ここにきて、瀬ムラはあるようですが、あちらこちらでクロの便りが聞こえてきました。そこで、クラブ員12名で大分県南の鶴見大島へ磯宴会を兼ねて寒グロ狙いに行ってきました。今回は場所取りを兼ねて、出航は午前0時です。渡船はいつもの「海翔丸」です。昨日まではかなりうねりがあって、沖磯は渡せなかった場所が多かったようですが、今日は幾分か収まったようで、みんな沖磯へ展開出来ました。

磯上がり後、二人で磯宴会!寒い体を暖めたら睡魔に襲われた。午前3時に寝袋の中に。ふと目が覚めたら午前6時前。先程まで付いてなかったうねりが沖から押し寄せてきている。満潮まで3時間近くあるので、「危ない!」と判断をして、船長に電話をして緊急回収をしていただき、湾内に行くことにした。週末の磯、空いている磯はない。切れ波止に上がろうか?と思っていたら、船長が夜釣りのポイントなら空いているかも!と連れて行ってくれた磯は、地磯から30m程離れた足場の悪い磯でした。波止よりは良いかも!とここで竿を振ることにしました。水深はかなり浅いようで、内側は、砂地になっている。ここ、クロいると?

まずは突端の沖向きに吉澤君が入った。私は地磯向きに釣り座を構えた。マキエを打ったら地磯方向へ流れて行く。数回流したがツケエはなくならない。オマケに根掛かりをしてしまった。そこで、このポイントを諦めて内側に移動をした。沖目にマキエを打つたら、瀬に当たってきた。完全な当たり潮だ!狙うならこの潮しかない!そこで、大量のマキエを打ち、仕掛けを入れ、同調を心掛けて流してみた。瀬際で道糸を張って待っていたら、第一投目で、穂先を抑え込む当たりが出た。軽く合わせを入れたら、完全に竿に乗った。瀬に突っ込もうとするのを竿で交わして海面に浮かせたクロは、35㎝程のレギュラーサイズのクロであった。次の一投も同じやり方で仕掛けを入れた。沖から瀬に当たってくる潮に、良い感じで仕掛けが馴染んでいる。道糸を上手く調整しながら瀬際まで持ってきた。すると、先程と同じように穂先に当たりが出た。今度のは先程のクロより良い引きである。数回の締め込みに耐えて海面に姿を現したクロは40㎝オーバーの良型であった。

どうも瀬際にクロが潜んでいるようだ!この潮で釣るしかあるまい!と、仕掛けの打ち返しをした。当たりは全て瀬際で張って待っている時である。私は、この当たり潮は好きである。エサ取りが多い時期には通用しないが、エサ取りが少なくなるこの時期からは、好んでこの潮を探して竿を振っている。30分程竿を振ったろうか!気が付けば当たり潮は無くなっていて、横流れになっていた。不思議なもので、この潮に仕掛けをいても、クロの姿を見ることはなかった。クロが好んで捕食をするポイントを見つけることも好釣果に繋がっていくのではないか!これから益々水温が低下をしてくる。クロの食い気を出させて、価値ある一匹を引き出していきたい!

page top