磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年11月18日掲載文

坂東英之氏のレポート

ちょっと早い牟岐大島・釣行レポート

平成26年11月3日(月曜日)、徳島巧手会のクラブ員の足立氏と多田氏と私の3人で好釣?の牟岐大島へ胸を弾ませながら出かけた。
自宅に午前3時30分に待ち合わせをした。約1時間の道中は釣り談話で盛り上がり、あっと言う間に牟岐に到着した。実釣が楽しいのは当然であるが、この道中も欠かせない楽しみの一つである。

準備万端!いざ出陣、徳島のグレの聖地牟岐大島へ!
船中は私たち3人のみだったので,私が磯クジ(牟岐方式)を引いて来ることとなった。自分で言うのもなんですがクジ運はまーまー強い。
 当日は北西から北の風が強く4、5、7、9、10番エリアが風の影響を受けにくく釣果も伴うと予想した。

見事!4番クジを引き当てた。このエリアで3人は贅沢、私は馬の背、足立氏はタワラ、多田氏はホリモンにと一級磯に別々に渡磯した。
 実釣開始一投目から竿が大きく弧を画いた。軽快に竿をさばくが、上がってきたのは30㌢弱のイスズミであった。

 その後、わんさかわんさか出てくる60㎝級のイスズミモンスターに遊ばれ、あえなく馬の背を10時過に撤退、足立氏のいるタワラにお邪魔させて頂く事にした。
この時点で足立氏は良型のグレを2匹釣っていた。
 2ラウンド目開始!またまたイスズミの猛攻に合うがポイントを少しずつ変更し数投目に良型のイサギがヒット!しかしタモ入れ失敗によるリリース。(あー悔しい)

 この状況で、沖はイスズミの猛攻でやられてしまうと判断し、少し太い仕掛けで磯際を狙うことにした。これが、見事大正解?38センチの丸々肥えた口太グレを連続で2匹仕留めることができ、その後も納竿までポツポツと磯際でグレとイサギを追加することができた。
 結果、25㎝~38㎝のグレ6匹、31㎝~34㎝イサギ2匹をお土産として持ち帰ることができ、全員釣果に恵まれ楽しい釣行となりました。
この磯際の猛攻での釣果を助けてくれた本日のタックルは、
道糸「銀鱗 スーパーストロング NEO 1.75号」ゴールドカラーで視認性や操作性も優れている上に強い。
ハリスは、極限の結束強力と根ずれをびくともしない「トヨフロン ハイパーガイアXX 1.5号」を中心に、1.2号と1.7号を使用した。
針はシンプルで刺さりが良く最も針先の強度がある、ヤイバX「閃列グレ・ミドル」の4号~6号を使用した。
ウキは、自重があり塗装の強度も抜群で確実にアタリを捕らえる!グレックスプラスの「トーナメント・プロ観(KAN)」のS~Lの0~00を使用した。
使用タックル
 道 糸  「東レ 銀鱗 スーパーストロング NEO 1.75号」、
 ハリス  「東レ トヨフロン ハイパーガイアXX 1.2~1.7号」
 ハ リ  「ヤイバX  閃列グレ・ミドル 4~6号」
ウ キ  「GREX+ トーナメント・プロ観(KAN)0~00 S~L」

  • PB034045

page top