磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2014年12月10日掲載文

大西与志夫氏のレポート

和歌山県由良町 衣奈 中長渡船

秋チヌの数釣りも終盤を迎え、そろそろ大型チヌが恋しくなってくる初冬。毎年11月頃から良型狙いが面白くなってくる、和歌山県由良町の衣奈へと釣行してきました。
ここは中紀を代表する釣り場の一つで、その中でもポイント数や収容人数などの点においては最大規模を誇ります。
年間通して衣奈で釣れるアベレージサイズは35㌢前後の中型チヌで、30㌢以下のチヌはあまり姿を見せません。逆に40㌢オーバーの良型チヌはよく混じるので、納得がいくチヌとのやり取りを楽しむことができる所です。
 私が衣奈でお世話になっている「中長渡船」のポイントは、港寄りにマリーナ、波止前、水谷、そして沖にある黒島周辺に観音前、コイヅキがあり合計5ヵ所で、それぞれに特徴があって釣り人の好みでポイントを選択できます。
 水深は全体的に約12~17㍍で、釣座はすべてトイレが付いていて安定感のある筏ばかり。4~5人は楽に乗ることができます。
 これからの時期のポイントは、北西風の風裏となる(黒島が風を遮ってくれる)観音前とコイヅキ。当日も北西風が強かったので、私は観音前の筏へと上がりました。
 朝からダンゴ釣りでポイントを作っていくと、魚の活性は上々。柔らかいエサはほとんど取られてしまいます。コーンやサナギ、丸貝といったエサ持ちの良いサシエサをローテーションに組み込みながら様子を伺っていると幸先よく37㌢のチヌがヒット。
 時計を見るとまだ8時前。今日はいい感じになりそうかなと思いましたが、実際はそんなに甘くはありませんでした。ここからエサ取り地獄が始まり、なかなかチヌにサシエサを食わすことができない時間が続き、太陽はどんどん西へと傾いていきます。
 14時を過ぎてから、もう一度ポイントを作り直して夕方の時合に備えます。すると今までおとなしくしていたボラの活性が上昇。雰囲気が一変し、ダンゴアタリにもチヌらしい反応が出始めました。
 潮流にやや勢いがあったので、オモリを使い分けながら仕掛けの流れるスピードを変化させていく釣りをしていると、段階的に押さえ込んでいくアタリで45㌢のチヌが釣れ、そこから納竿まで良型のチヌばかりが連発。
終わってみれば37~48㌢までを合計7尾の釣果。アワセどころが難しく、面白い釣りができました。
今後も大型チヌが高確率で期待できる釣り場なので、夕方までじっくりと粘って年無しサイズと出会いたいものです。

  • 001

  • 002

  • 003

page top