磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年06月01日掲載文

フィールドモニター近藤龍氏のレポート

五島列島白瀬灯台 釣行レポート

 久しぶりに五島列島に行ってきました。しかも大型のオナガが狙える白瀬灯台。

 

使用した渡船は平戸の浜本釣センター。夜中の1時に港を出た船は約1時間弱で目的地に到着。私が降ろしてもらったのは小白瀬の西。足場が悪かったので夜釣りは断念。上の方に上がったところで朝まで仮眠しました。

 

 朝5時過ぎ釣り開始。朝まづめ大型のオナガを想定してハリはグレリズム尾長8号を結びました。まずは瀬際に仕掛けを入れて様子をみますが反応なし。徐々に沖を攻めていくと竿1本先でラインをひったくるアタリ。難なく取り込んだのは40cmオーバーのオナガ。立て続けにもう1匹同型のオナガを追加しましたが、白瀬灯台はこんなものじゃないと仕掛けの投入を繰り返します。すると先ほどのオナガより強くて重量感のあるアタリをとらえました。慎重にやり取りして姿を現したのは50cm級のサンノジでがっくり。

 

 この後、状況が変わりクチブトが釣れだしました。さらにツケエサだけ盗られるようになったのでハリを変更。今まで8号だったのを7号、6号とおとしていきました。尾長の可能性が残っていたのでグレリズム尾長はそのままとしました。マキエを撒くと水面まで食い上がってきて大きな波紋がでます。型はアベレージが33cmぐらいで最大40cmまで。最初は沖で食い上がってましたが、手前でも浮きだしたので手前を釣ることに。

 

 ウキ下も矢引きまで浅くして釣っているとラインがスッーと走ります。このパターンで手前に浮いクロを釣り昼前で35リットルのクーラー満タン。

 

 結局、オナガは朝2匹釣れただけで後はすべてクチブトとなりました。

 

 今回、大型のオナガは釣れませんでしたが、30cmオーバーのクチブトでも、しっかり唇に掛けることができました。

 

 大型のオナガが狙える五島、白瀬灯台。みなさんもぜひ一度釣行してみてはいかがでしょうか。釣果の一部 小白瀬と白瀬灯台

page top