磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年05月12日掲載文

フィールドモニター山崎 義定氏のレポート

長崎県平戸市的山大島 天の原

 毎年ゴールデンウイークは、仲間と瀬泊まりでプチ遠征を行っており今年は、5月3日~4日に、フェリーに車を載せ的山大島に、チームヤイバ長崎支部員の磯本君、田浦君、深江君に釣友の松本君と出掛ける事にしました。

 的山大島は離島なので、車があれば地磯でも沖磯に匹敵するほどの好釣り場があります。西側の手軽な地磯、馬の頭や、歩行距離は長いですが北磯のシワエなど。そんな中、今回は車から徒歩5分程の北磯の天の原に決定。

 本日のメニューは、朝夕マヅメ狙いで、夜は釣りせず、宴会の予定なのでオキアミ2角に集魚剤2袋、パン粉2キロを準備してきた。タックルは7mのロングハリスに00浮力のウキを通した全層沈め仕掛けとし、針は閃烈グレミドルの5号から開始。

 板鉛でウキの浮力を調整しながら棚を探っていると、数投目でツケエがかじられた後があったので、針の大きさを嫌って喰い込まないのかもと思い、渋グレヘビーの4号に変更です。渋グレヘビーをチョイスした理由は、軸の短い針で呑ませたかったのと、針の形状やサイズの変更でも閃烈グレミドルとそこまで自重が変わらないのでそのままのイメージで釣る事ができると思うからです。

 この針チェンジが正解だったみたいで、ポツポツながら30㎝程のクロが釣れ始めました。時間も夕マヅメのゴールデンタイムに突入し、サイズアップを期待しながら仕掛けを打ち返していると、今日一のアタリが来ました。数度のシメ込みを交しタモに収まったのは40㎝のクチブトで、その後、同サイズのイサキも釣れたので今日は満足と1日目の釣りは納竿とした。

 翌日も、前日同様のパターンで朝マズメから35~40㎝弱程が釣れたが、マキエが底をついたので少し早めに納竿とした。

 今回、クロの喰いが渋かったので、呑ませて掛けるという狙いで、渋グレヘビーへの針変更が釣果に結びついた釣行となりました。

 

page top