磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年03月24日掲載文

フィールドアドバイザー大木朗氏のレポート

釣行レポート

3月21日(土)、所属クラブのメンバーと共に
伊豆七島の一角である新島に行ってきました。
渡船は下田フィッシングの「七島丸」。
片道約2時間弱の航程で、当初予定していた「鵜渡根島」に近づくにつれ、
ウネリ・風ともに感じるようになってきました。
先客も多く、船を着けるにもひと苦労の状態の中、
数名を鵜渡根島のハナレ磯に渡した後、
船長と相談をし、以前にYAIBA-X TV Vol.5
関東地区フィールドスタッフ実釣会で紹介されたことのある
新島の「長根」に3名で渡礁することにしました 。
大型尾長の実績もある場所と言うことは十分承知のうえ
あえて竿は1.5号。ウルフ道糸2号&ウルフハリス2号でチャレンジです。
左からの強いサラシを考慮し、サイト尾長・ヘビーの6号からスターしました。
サラシの先端へ投入すると仕掛が馴染む前に道糸が勢いよく出ていきます。
一投目から40cm弱の尾長が、2投目で40cmを超える尾長が続きます。
サラシに揉まれ潜り込んで行く時は張って待ち、海面が落ち着き
ゆっくりとウキが入って行く場合はそのまま送り込むといったパターンで、
ほぼ一投一尾にかなりの確率で良型尾長がヒットするが、
合わせと同時にハリスを簡単に喰いちぎっていく大型のバラシも多数です。
遠目はその殆どが尾長だったので磯際に狙いを変え、渋グレヘビー 6号にはクチブトがヒットします。
こちらでも時折強烈な引き込みでのバラシが数回あるものの、あえてハリスを変更することなく
一尾一尾を丁寧に楽しみながらの釣に徹しました。
開始から14時の納竿まで絶える事なくアタリは続き、
結果、30cm後半から45cmまで31枚を。
魚影の濃さと良型の引き込みを堪能した釣行であった。

  • DSCF1164

  • DSCF1166

  • DSCF1170

  • jb003.jpg

page top