磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年02月27日掲載文

フィールドモニター深江進太朗氏のレポート

寒チヌ釣り

まだまだ、寒い日が続いておりますが、釣り好きのみなさんは寒さにもめげず釣りに行かれていることでしょう。
さて、わたしは今年初のチヌ釣りにいってきました。この時期の釣りは天気の影響で磯釣りを断念しなければならない日が多いですが、釣りを予定している長崎県の北九十九島は湾内にたくさんの島があり少々の風でも乗れる磯はたくさんあります。船長に電話を入れ明日の釣行に問題はなさそうなので、さっそくエサを購入しに釣具店に行きます。オキアミ一角と3kgの集魚剤4袋、麦1kgを購入した後、店の道具を借りて撒きエサ作り、明日は少々風がありそうなので、風に負けず遠投ができるように練りこみます。チヌ釣りに使う集魚剤はグレ釣りの集魚剤より一般的に比重が重く、よく水を吸収するため練りこむためには時間がかかり結構な体力を使います。私の場合は当日の撒き餌作りで釣りをする前に疲れてしまいますので、なるべく前日から練りこんで用意しておくようにしています。また、練りこんでから時間が経つことで全体が馴染んでまとまりがよくなり、さらに熟成され集魚力UP?定かではありませんがそんな気がします。
翌日、結構な重量の撒き餌入りバッカン等を車に詰め込み、釣り場に向かいます。着いたのは北九十九島一帯の瀬渡しをしてくれる、佐世保市小佐々町臼ノ浦にある「石井釣センター」さん。
船長さんに最近の状況を聞いてみると、最近あまり釣れていないとのこと、しかし、かんばしくない情報を聞いてもやる気満々、なんてたって今年の初チヌ釣りですから、しかもこの時期は低水温でも動ける体力のあるデカバンに巡り合える確率が高いのです。高ぶる気持ちの中着いた磯は「オオグロ」という磯、目の前に真珠養殖場があり、いかにもチヌがいそうなシチュエーションです。

001

 

 

 

まずは、真珠養殖場に向かって釣り開始、少々の風が正面から吹いておりますが、撒き餌の練りこみは完璧で風をものともせず、狙ったポイントに届きます。三十杯ほど撒いた後に釣り開始、当日の仕掛けは次の通り。
竿:チヌ竿1号 リール:2500番 道糸:1.5号 ハリス;1.5号
針:フカセ遠投モードオキアミカラー3号
ウキ:00号  ガン玉:4号(針上15cmにセット)
針は遠投しても安心の遠投フカセモードオキアミカラー3号に、付け餌はホワイト系の練り餌さをセット、3投してアタリがないので次はむき身をセット、その後数投し反応がなければ、ホワイト系練り餌→むき身→茶色系練り餌→黄色系練り餌とローテーションしていきます。そして、むき身の仕掛けを回収したところ、ムムッ針がない。どうやらフグさんのお出まし、魚の活性は悪くなさそうです。フグはチヌの気配を教えてくれます。フグの反応がなくなった途端、チヌが釣れるという話をよく聞きますし、実際にその経験を何度もしております。そして・・・・仕掛けを回収すると付け餌が残ってきました。どうやらチャンス到来です。数投目、たるんだラインがスルスルと真っ直ぐになりバシッとアワセ、今までにない重量感と竿先をコクコクッと叩く引きは、多分間違いない。サイズはどうあれ初チヌなので慎重にやり取りすると、キラッと白い魚体。白い?そうです正体はキビレ(キチヌ)でした。なんの、必ず本命も寄ってきているはずと数投目、またもやラインに反応が、今度こそとアワセをいれ近くまで寄せるとまたもや白い魚体のキビレ。だいぶ本命には近づいてきていると頑張るものの、釣り座交代の時間。その釣り座に入られた田中さんは見事に本命をゲット、流石です。まだ本命に出会っていない私は、新しい釣り座で一心不乱に撒き餌を撒き続けます。そして一時間程経った頃、携帯に着信があり応対しながら釣りをしていたところ、ラインがスルスルッ、電話相手に「ゴメン、後でかける」と断りアワセを入れました。今までで一番の引き、近くにロープがあるので少々強引なやり取りで上がってきたのは、綺麗な魚体の45cm程のチヌでした。その後電話相手に事の次第を説明し、「よかったね」との言葉をかけてもらい、さらなる釣果を目指して数投目、ラインに反応。小さいアタリだったので少し待つことに、すると突然竿をひったくるアタリ、あわててアワセると先程の魚以上の重量感、しかし数秒後ラインブレイク。先手を取られロープにラインがあたっていたのでしょう。ハリスがザラザラでした。チヌ釣りの難しさと同時に楽しさを体験させてくれました。
今回、アタリ(チヌ、キビレ)があった付け餌はすべてむき身でした。これからのチヌ釣りシーズンは、デカバンに巡り合うためヤイバの針でガンガン釣りに行きたいと思います。皆さんもデカバン目指してヤイバの針でガンガン釣りに行きましょう。

page top