磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2015年01月15日掲載文

田代智之氏のレポート

YAIBA初釣り

【釣行日】平成27年1月5日
【場所】 大分県 鶴見半島
【仕掛け】針 釣闘競技グレ4号、5号
【状況】 新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。1月5日、クラブ員総勢12名で初釣りに行ってきました。出航は午前3時です。今回は早めに行って、磯で新年会をやります。海況は、さほど風もなく、釣りの条件としては最高!の条件です。大量の荷物を降ろして、早速磯新年会の準備です!いろんな食材が揃うのも、八女クロ釣行会です。みんなで祝う新年は、最高!です。今年一年、安全で大量を祈り乾杯です。東の空が明るくなってくるまで大盛り上がりでした。
さて、竿出しです。午前7時前、準備が出来たので、クロ釣りスタートです。各自思い思いの釣り座で竿を振ります。私の釣り座は強烈な上げ潮が沖に向かって走っています。仕掛けが浮かないようにガン玉を打って、ラインコントロールを意識して流します。100m程流して回収をしたら、ツケエは残ってました。数投しても同じ結果です。そこで、ハリスを竿1本から2ヒロに短くして、先ほどと同じガン玉を打って流してみました。すると、いきなりの竿引きの当たりが出ました。潮に逆らって寄せてくるので、結構な竿の曲がりです。無事たも網に入ったクロは、40㎝程の良型のクロでした。今日使っている針、釣闘競技グレは、返しがない。しかし、クロを掛けてからの針外れは未だにない。また、ウェアー等に刺さっても容易に取れるし、クロが針を飲んでいても、クロを痛めないで針が外せるお勧めの針である。
釣ったクロを締めて、神経締めをしクーラーに入れて釣り座に戻ったら、潮が緩み始めた。そこで、ハリスを元の竿1本に戻して、ガン玉の位置と重さを調整をした。10m位沖に仕掛けを入れて、馴染んだら、やや張り気味にして流した。と、同時に道糸が走った。型は35㎝程であるが、ポッチャリとした可愛いクロが釣れた。それからは、ほぼ入れ食い状態が続いた。ふと、先端に目をやると、強烈な締め込みに耐えている。「デカい!」と思って見ていると、何と、良型の石鯛であった。しかし、潮の動きは安定しない。急に当て潮になったりするが、クロの活性が高いのだろう!クロの食いは続いた。徐々にクーラーは埋まっていく。午後2時30分が納竿です。少々早いが磯をきれいに清掃をして、帰りの渡船を待った。
今年のクロは、少々遅れていた感はあるが、ここにきて一気に爆発?したようだ。これから寒が閉まってくると、今まで高かった活性が落ちて、食い渋りをみせてくる。この時こそ、持っている技量を発揮して、食い渋りのクロを仕留めて欲しい!

  • 001

  • 002

  • 003

page top