磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年01月27日掲載文

吉満誠氏のレポート

愛釣海釣り大会

釣行日:1月3日
吉満誠

1月3日、私の所属する愛釣海の新年釣り大会が、南さつま市の坊の津久志にて開催されました。
生憎朝から雨模様でしたが、実施される事となり、12名の参加者は7時発の一番船での出港となりました。船は松風で、瀬に押し付けでの瀬渡しをしてくれる、信頼のおける面倒見の良い時任船頭です。

船は港の左側へと走り、双子瀬の周辺から瀬付けを始め、私と柳田君は3番目に、双子近くの地磯へ降りました。右側からの強風とウネリが心配されますが、早速準備を進めながら港で混ぜておいた、マキエを少しずつ入れておきます。ここは、上げ潮で右側の沖目で大型が出るとの船頭情報でしたので、釣り座は柳田君は前側の船着きの所を奨めて私は右側の奥まったワンドを攻めてみます。

今日の仕掛けは、尾長を考慮して竿が1.7号、道糸2.5号、ハリスは2.5号、針はヤイバ尾長グレリズムの6号とします。この尾長グレリズムは発売以来愛用していますが、自重もあり、私の全層釣法には最適で、仕掛けの張りも作りやすく、いまだ一回の曲がりや折れのトラブルもなくて満足のアイテムです。

仕掛けを作り終えて、1投目、仕掛けが馴染んだと思ったらウキがスルスルと入り始めて、道糸が張りました。慎重にやり取りしてタモに入れたのは、45㎝弱位のまずまずの口太。今日の大会は2匹の長寸となっていますので、ライブキーパーに入れておきます。潮の流れは足元から沖目へきれいに流れていますので、この流れを重点的に攻めてみます。暫らくして、沖目まで流したウキが入り、道糸を持って行く当たりが出ました。良型のようで、重量感があります。左側の根を交わしながら、取り込んでみますと、47㎝前後の満足出来るサイズでした。2枚取り込みましたので、強風とウネリに苦戦している柳田君と交代し、流し方と仕掛けをアドバイス。暫くして1枚をゲットしましたが、風、ウネリが強まり、釣りにならなくなってきた所で、松風が回収に来ました。

瀬替わり後、色々と試しながら探ってみましたが、当たりも無く納竿しました。帰港後、早速検量に入りましたが、さすがに良型が持ち込まれています。

検量の結果、私が47.6㎝と43.2㎝で計90.8㎝で優勝となりました。2位が89.5㎝、3位が89.2㎝でしたが、やはり47~48㎝を釣っており、久志の魚影の濃さが結果に表れたようでした。今回は残念ながら数は伸びませんでしたが、またリベンジすべく計画をしていきたいと思います。

  • 001

  • 002

page top