磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年02月02日掲載文

串本安指での磯釣り氏のレポート

串本安指での磯釣り

釣行日時:平成24年1月31日
釣行場所:和歌山県安指
釣行者 :フィールドテスター嶋田隆三氏、ササメ土屋
報告者 :土屋

先日に引き続き、南紀への釣行となりました。
今回は串本の安指です。
お世話になった渡船は初田渡船様(Tel 0735-67-0155)です。
同行のフィールドテスター嶋田氏が色々と情報を集めていましたので、今回も期待に胸を膨らませての釣行です。

朝6時40分に出船し、ものの10分ほどで「横島」という一級磯に上げて頂きました。
当日は若干ウネリと風が強くなっていましたが、まずは2ヒロ半からスタート!
釣り開始からすぐに嶋田氏が38cmの太った口太を釣りあげました。その後も立て続けに2枚追加し、私も早く竿を曲げたいと思いながら、手返しを繰り返します。そうこうしているうちに、竿1本ほどの距離にあるシモリ際でウキがスーッと入って行きました。ラインを少し貼ってやると、道糸が勢いよく出ていき、やり取り開始!! 元気なグレとのやり取りでしたがサイズは30cm前半といったところ。その後も磯際から竿2本位までの近い範囲で同サイズのグレが喰い出し、嶋田氏と交互に竿を曲げることが出来ました。
しかし、午前11時から14時までの時間帯はアタリが遠のき、辛い時間でしたが、15時近くになると再びアタリが出始めました!

16時30分が回収時間でしたので、ここから夕まずめのゴールデンタイムに気持ちが高ぶります。
サイズは朝方よりも一回り大きく、30cm半ばから後半のグレが釣れ出しました。
タナは朝と一緒で2ヒロ前後。エサは生エサが良かったです。ポイントは朝よりも若干遠投気味でしたが、それでも20m~30mといったところでした。

コンスタントにアタリが続き、気が付けば回収船がこちらに近づいて来ておりました。
釣果は嶋田氏が20枚程、私が11枚でした。サイズは30cm前後から30cm後半まで。同船者の方の中には40cmオーバーも何枚か出ていました。
鈎はプロフェッショナルグレ・ライトの5~6号、閃烈グレ・ライト5~6号でローテーションしました。
まだまだこの調子は続いてくれそうな気配でしたので、南紀は楽しいと思いますよ!

  • 001

page top