磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年04月19日掲載文

永原 清一郎氏のレポート

長崎県上五島白瀬灯台 四畳半

4月14日(土)、釣友の山下さんに誘われ、長崎県県上五島白瀬灯台に釣行する事になった。午前中に準備をすませ、待ち合わせ場所の浦川さんの家に向い荷物を積み込み釣具店まるきん唐津バイパス店に向かった。現地に着き餌さを購入する。今回のマキエはクロがまだ食っていると言う情報だけで、食ってくるタナとかが、まったくわからないので、浅タナから深タナを狙える事を考え、生オキアミ(ツケエ用)3角・ボイル1角・マルキューのグレパワーV9を2袋・遠投ふかせTRを2袋用意する。ツケエは生オキアミ・くわせオキアミ半ボイルM・剥き身・サシアミを用意した。今回の釣行メンバー9人そろったので、今回お世話になる丸宮釣センターに向かう。車で走ること2時間、ようやく到着し荷物を船に載せPM6:00出港し上五島白瀬灯台に向かう。薄暗くなった頃、ようやく白瀬灯台に到着した。

山下さんの指示にしたがい、瀬上がりペアーを決め、私は1人で四畳半に瀬上がりする事になった。瀬に上がりし早速夜釣りの仕掛けを作りマキエを練り、釣り始める。潮が手前にあたり、右や左にダラダラ流れる潮で良くない状況だ。

タナを色々と替えてみるがアタリがない。釣り始めて2時間、ようやく餌さ取りが1匹釣れた。少し潮も変わり右沖に行きだしたので、チャンスと思い集中して狙ってみる。すると、ゆっくりとウキが沈んで行き合わせてみると、竿が弓なりに曲がり、かなりの大物だ。根に入られないように、慎重にやりとりしタモにおさめる事が出来た。51cmの腹パンパン口太グレだった。それから、11時半近くまで、ねばってみたけど眠さに負け安全第一を考え、睡眠をとることにした。
2日目、AM5時に起き、アルポットでお湯を沸かし、カップラーメンとおにぎりを食べ、仕掛けを作り直す。ようやく薄明るくなり、釣りを再開する。釣り始めて3投目、仕掛けがなじんだウキが沈み始めた時、ウキが勢いよく沈んだ。合わせを入れると、半端じゃない手ごたえ。バラさないようにやり取りし、ようやく姿が見えた。50cmはゆうに超えている茶グレ尾長だ。タモを取りすくうタイミングを狙っていると、一気に沈み根に突っ込もうとしたとたん痛恨のバラシ、ちもとで切れていた。それから気を取り直し狙ってみるが、ツケエも取られない状況が続いた。

干潮を向かえ、本命の上げ潮を狙うため、仕掛けを変える。上げ潮に変わり、ようやく潮が沖に緩やかだけど流れ始めた。マキエを打ち状況を確かめると、下の方でようやくグレらしい魚影が確認できた。仕掛けを入れ狙ってみるが、ツケエが取られない。タナを徐々に浅くし攻めてみると、やっと40cm近い口太グレを取ることが出来た。それから6匹ぐらい追加し大物を狙うため、遠投し沖の潮を攻めてみると、狙い的中、1投目で強烈なアタリ。バラさないように注意しタモに収める。

立派な49cmの尾長グレだ。それから近いサイズを1匹追加し(大物を2回バラシ)潮が変わり、イサキモードに変わってしまった。でも型の良いサイズなので、満足できた。PM2時半、納竿の時間を迎えた。今回の反省は、朝マズメにバラしてしまった茶グレ尾長だ。悔しいので近々リベンジに行きたいと思う。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

page top