磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年04月20日掲載文

南のYO-KO氏のレポート

嬉しい…自己記録更新

週間予報をみると週末は崩れるマークでいっぱいだった。明日だけは晴れマークが…今日は4月17日(火曜日)です。急に決めた釣行ですが渡船は出るのだろうか?午前中に予約連絡を入れると、夕方迄待って折り返し連絡しますとの事で電話を切る。17時30分頃船長からの電話で「明日(18日)は通常の出港でOKですよ」と、ならば即釣り具店に撒き餌解凍の連絡を…20時準備完了で早めに「羊が一匹・羊が二匹・ZZZ…」

4時30分渡船待合所に到着::本日は全員で9名です。もしかしたら、またラッキーディーの予感!船は沖に向かいポイント瀬に近くなるが、うねりが大きい…船長狙い目の瀬上がりはできない状態だった。ほとんどの瀬は波カブリで諦め、風裏/波裏の瀬上がりになりました。もちろん、私達も通常はメジナ狙いでは上がらない瀬に・・しかたない此処で頑張ろう。
仕掛けの準備をしながら際から撒き餌の投入を続ける。そして仕掛け1投::2投目::なんと2投目でウキが消えた。上がってきたのは40cm程のメジナでした。此処にもメジナいるんだ!とほっとした気持ちになった。2尾、3尾とゲットするが4尾目がこなかったのです。潮が止まったようだ。11時ちょっと前時間になっていた。目の前に船が来た…そして、船長の声が「何処か?気分転換に変わりますか?」此処を諦めていた私達は瀬替わりを希望して渡船に乗り込む。船長が波を気にしながら瀬着けしたのは、中島の坊主という処でした。しばらくは釣りができるでしょうと言って、安全を確かめて去って行きました。

船着けの場所が狙い目のようだったので、そこに私が釣り座をとり、専属カメラマンは右側に入った。コッパグレが2~3尾釣れ始めたが、やがて良型サイズに変わってきた。駈け上がる波を気にしながら忙しい釣りが始まったのは12時過ぎだった。専属カメラマンもシャッター切る時間を、忘れたかのように良型メジナを掛けていた。時には強烈な引きに対抗する間もなく、バラシを挟みながら時間を過ごした私達でした。

そして、私にビッグなメジナがヒットしたのは、疲れを感じ始めていた時だった。上げ下げする波の状態に気を使いながら取り込んだのは、52cmのメジナだった「自己記録更新サイズ」重量は2.2kg(後に船長検量)今日の釣果は二人で良型揃いの22尾で終了。前半の時間経過を考えると「すごく嬉しい後半になりました」今日の仕掛けは竿1.5号:道糸1.5号:ハリス1.5号:針ヤイバ遠投ふかせ1.5号:タナは1ヒロ半と、偶然にも同じ1.5の数字で釣り続けた一日でした。宮崎県北での釣行はラッキー釣果の継続中なので気にはなりますが、次回はそろそろ県南の磯を計画しょうかなと思っているYO-KOです。

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

page top