磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年05月28日掲載文

岸本悟氏のレポート

2012年5月26日ヤイバフィールドスタッフ実釣会

2012年5月26日ささめ針のヤイバフィールドスタッフ23名による実釣会が福井県若狭大島の磯で開催されました。
対象魚はグレの1匹長寸かチヌの1匹長寸のどちらかを選択して検寸します。
私の選んだ磯は地元であるので、一番得意な場所でモトドリの2番を選択しスタッフの坂本勝一さんと一緒に上がる事なりました。当日は波も0.5mで風もなく天候も晴れで良い状態です。
港を4時出船で磯に4:30分着、薄暗い中準備をして海の状況を詳しく観察し本日の仕掛けを考えた。今までのデーターでは5月末のモトドリ島は非常にグレの活性が低く今回は特に原発の温排水も出ていないので水温が低い状態です。
当日の撒きエサはオキアミ3kgを6枚と配合材9袋で10時間の釣り時間です。こんな長い時間する事があまりないので少し体力的に心配しました。5時ごろ釣り開始で海の状況はオセンがいますが動きが悪く、ほかにはフグもいますがグレの姿が見えません。暫くマキエサを入れて状況を見ているとやっとグレがタナ4ヒロぐらいの所にチラチラ見えて来ました。
見えたらこっちの物です!あとはタイミング良くグレが上まで上がって来る所へ仕掛けを入れれば食って来ると思われましたが、色々仕掛けを変えてもグレが釣れません。最終的に落ち着いた仕掛けはハリス1.2号で針はプロフェショナルグレライト2号でした。
なぜ小針にしたかは食いが悪くグレの動きが立て方向では無く横の動きだったため、少しでもグレの吸い込み負荷を軽くするため、小針と小エサがもっとも有効と考えました。それが良かったため次々と良型グレが釣れ始め、最終的に30匹ほど釣れました。同磯での坂本選手はチヌ狙いに撤していて良型のチヌを3匹ゲットしていました。
午後2時でマキエサも無くなり3時の迎えの渡船に乗り港に帰り検寸しましたがみなさんの釣果が悪く私のグレ31.7cmが最長寸となり優勝する事が出来ました。
明日の“ヤイバ磯祭りin若狭”の大会のためスタッフ一同でテントとか看板の設置の用意をしてファングループの皆さんが来て頂く準備も出来、あとは明日のマキエサを買いにエサ屋に向かいました。今日の感じだとオキアミをもう少し少なく配合材の割合を多くした方が良いと判断して、オキアミ3kg 4枚と配合材7袋で7時間の釣り時間で良いと思いました。
日曜日当日、若狭大島に近畿各地より総勢83名の参加があり「第1回ヤイバ磯祭in若狭」の開催です!4時に受け付けを済ませ、くじ番号は13番です。ひょっとすると沖の奥ソエ当たりかと思い出船。5船で各磯へみなさん意気揚々で楽しみです。約30分で奥ソエに到着。私は奥ソエ8番に和歌山の伏見スタッフと上がりました。
磯は低いのですが今日は波も0.5mで、快晴で暑くないです。磯の場所を決め、沖に向かって左側を伏見さんが決め、私は残りの右側場所で用意をした。潮は左側より緩やかに右側に流れているいい感じだ。早速マキエサ撒き状況を見ると全然グレの姿が見えない。オセンとフグのみです。30分ほどマキエサが入っているのですがグレが見えないのでチヌ狙いに変更、仕掛けはガイヤーのハリス1.2号で針はプロフェッショナルグレライト2号です、
ハリス2ヒロで直結してウキゴム付け、ウキはソルブレPFグランS0/uです。仕掛けが馴染めばサシエの重さで入っていきます。おそらく5月末のこの時期はチヌのタナも浅く1ヒロ~3ヒロぐらいで食って来ます、釣り初めて沖でチヌ1匹42cmを仕留め、1時間30分で3匹ゲットサイズは42cm~46cmでした。このサイズでは優勝は出来ないと思っていると、スタッフの伏見さんがコッパグレを釣ったので、早々とグレの気配を感じグレ狙いをする事にした。
仕掛けは先ほどと同じでマキエサの撒き方が違うだけだ。パラパラと撒き餌をしたらタナ4ヒロ前後でチラチラとグレが見えているので磯際にオセンとフグを集め、少し沖にマキエを入れ、サシエを見ながら状況を見ていると微妙にウキゴムだけがスーと入っていたのですぐさま合わせると重量感を感じた、手ごたえがありタモに入ったグレは30cmある。状況をみながらマキエサを入れグレが上がって来るタイミングを見て仕掛けを入れ次々とグレを仕留めていった。
この奥ソエ8番は沖まで全体に浅いので日本海特有の遠投釣りが有利と知っているので磯際より沖50mまでの範囲で正面と右側を色々攻めてグレの良型30cmを5匹確保し、23cm~29cmまでは20匹ほど釣れた。マキエサも無くなり午後1時に終了あと1時間あるがマキエが無い状態では釣りが出来ないので終了とした。スタッフの伏見さんも同じくらい釣っていたが4匹は30cmあるが1匹だけ少し小さいとの事でした。私は確実に30cm5匹いたので釣果は良いと思う。
港に帰れば私たちが最後の船なので急いで5匹を選んで検量所に行き、測れば2560gでトップだと聞いた。準優勝は同じ磯に上がったスタッフの伏見さんでした。今日の釣り方では色んな状況判断が適切と確認した。
使用ハリ:プロフェショナルグレライト2号
マキエサ:オキアミ生(M)3kg×4枚
配合材:マルキューV9(1.7kg)×2袋、TR2kg×2袋、グレベスト2kg×3袋
道糸:東レブラックマスター1.5号
ハリス:東レガイヤー1.2号
ウキ:ソルブレPFグランS0/u

  • 001

  • 002

  • 003

  • 004

  • 005

  • 006

page top