磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り|釣り針 仕掛の YAIBA-X
磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

磯釣り|チヌ釣り|グレ釣り 釣り針・仕掛の YAIBA-X|フィールドスタッフレポート

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

YAIBA-X フィールドスタッフレポート

2012年06月12日掲載文

ササメ土屋氏のレポート

日本海釣行レポート

釣 行 日:平成24年6月10日(日)
釣行場所:京都府宮津市島陰
渡 船:えんだ渡船(Tel 0772‐25‐0152)
対 象 魚:チヌ・グレ
報 告 者:土屋

梅雨入り間近の日本海へ行ってきました。
ターゲットはチヌ・グレの両方です。
今回同行させて頂いたのはフィールドスタッフ渡邊氏、中村氏、廣岡氏、水内氏、山崎氏とTFGのメンバー4名の合計10名での釣行です。

えんだ渡船様にて4時出船4時半から釣り開始で、納竿が16時までのロングラン釣行です。

事前情報ではチヌは40cmクラスがポツリポツリと釣れているのと、グレは20~30cmクラスが釣れているとの事です。
エサ取りはフグとアジが場所によっては群れているらしく、撒き餌ワークと根気が必要な釣行になりそうです。

今回のタックルは竿0.8号、道糸1.5号、ハリス1.2号、ウキは0号、鈎はヤイバふかせ遠投モード2号(グレ鈎6号相当)、タナは2ヒロにしました。
撒き餌はオキアミ4枚(12kg)、集魚剤グレ用4袋、チヌ用1袋で遠投が出来る様に作りました。

朝一の磯渡しでは一人一人が一つの磯に上がり、釣り開始。
撒き餌を撒きながら様子を見ていましたが、あまりエサ取りもいない様子。
まずはあまり遠投を意識せず、竿1本先から探っていきました。

すると25cmクラスのグレが3枚程釣れ、出だしは順調でした。
その後も20cmから25cmのグレが釣れてはいましたが、なかなかサイズアップが出来ません。
そうこうしている内に太陽が顔を覗かせてるとフグとアジが姿を見せ始めましたが、それ程気にならない状況。
一方グレも喰い気が止まったのか、時折アタリがあっても20cmに満たない小さなグレがエサを啄ばむ程度。

この状態が2時間ほど続き12時に瀬替わりをしました。

足場が低く、円錐ウキが見え辛いので、棒ウキにチェンジして釣り開始。
一投目を投入し、仕掛が馴染んで行くと、棒ウキが勢いよく海中に消し込みました!
ラインを張って合わせを入れると、元気なグレの反応が手元に伝わります!
やり取りを楽しんで浮かせてきたのは30cmクラスのグレ。

さい先良く後半戦がスタートし、30分程経つとまたまた棒ウキがジワジワっと海中に姿を消そうとしています。
少し待って、軽くアワセを入れると、重い反応が手元に伝わります。
今日一の重量感を手元に感じながら、浮かせたのは40cm弱のチヌでした!

その後は納竿までグレが釣れましたが、サイズアップは出来ず終了。

皆さんも同じようにグレ多数、チヌ40cmクラスが少々釣れた状況でした。
釣れた時間帯も朝一が皆さん調子良かったようです。

これからも梅雨グレシーズンで当分この様な釣果になると思いますので、お土産は高確率でキープできますよ!
皆さんも是非梅雨グレで楽しまれてはいかがでしょうか。

  • 001

  • 002

  • 003

page top